人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 19:49
お久しぶりです(^^)/..
by levin-ae-111 at 11:53
鍵コメさま タイト..
by tukasa-gumi at 20:32
>エスミンさん 初めま..
by tukasa-gumi at 23:27








無料アクセス解析











                            
< >
                            
タグ:火星・宇宙 ( 108 ) タグの人気記事
Top↑
いつから火星に「雲」があることになったのかしらん?! / 画像
しかし、いつから火星は雲が平然とあることになったのだろう?!










NASAの火星探査装置インサイトが
2019年4月25日に撮影した火星の地表と空の画像
b0003330_15493525.jpg









スティーブン・ペトラネックさんが
TEDで「火星の大気は とても薄く 地球の100分の1しかなく
96%が二酸化炭素なので 呼吸はできません 」

と言ったのは2015年のことなんだけど。











ついでに・・・

この火星画像、
私が夢で見たのとソックリっ

b0003330_1552166.jpg





火星に巨大地下湖、欧州探査機が発見 水の存在「疑いない」
2018年7月26日














.
by tukasa-gumi | 2019-05-15 01:20 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『宇宙飛行士を5年以内に再び月に 米副大統領』/ NHKニュース
良いのかなァ????


それに副大統領が云うって・・・



やっぱり大統領にならないと、
伝わらないのでしょうか?!?





それとも牽制?!?










宇宙飛行士を5年以内に再び月に 米副大統領
2019年3月27日


アメリカのペンス副大統領は、アメリカの宇宙飛行士を再び月に送る計画について、中国などに遅れを取るわけにはいかないとして、時期を前倒しし、今後5年以内の実現を目指す方針を発表しました。

ペンス副大統領は26日、南部アラバマ州で開いた国家宇宙会議で演説し、「われわれは現在、宇宙開発競争の真っただ中だ」と強調しました。そのうえで「中国は月の裏側に無人探査機を着陸させた初めての国となり、月で戦略的優位に立とうとする野心を明らかにした」と述べ、中国への警戒感をあらわにしました。

そして「アメリカは20世紀だけでなく21世紀でも月に人類を送る最初の国になる」と述べ、今後5年以内にアメリカの宇宙飛行士を再び月に送る方針を発表しました。

NASA=アメリカ航空宇宙局は、これまでアメリカの宇宙飛行士を2028年に月に送る計画でしたが、トランプ政権の意向を受けて時期を前倒しして、今後、実現を目指すことになります。

ペンス副大統領は、「緊急性こそ、われわれの合言葉だ。5年以内にアメリカの宇宙飛行士が月に到達できないというのはわれわれの選択肢にない」と述べ、中国など他国に遅れを取るわけにはいかないとして、NASAに月への有人飛行の実現を急ぐよう促しました。







b0003330_145097.jpg















.
by tukasa-gumi | 2019-03-29 00:59 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『 「はやぶさ2」搭載小型モニタカメラ撮影映像』  /  動画
いや〜どう考えても、
はやぶさ2と地表の影が理解できないのですョ。

(地表の影も然りなのですが)



これJAXAのGC動画じゃないですよネっ?!
(CG動画もありますので)







まぁ、月面の画像も?!?でしたから、
何ら不思議もないのですけどネっ?!?





「はやぶさ2」搭載小型モニタカメラ撮影映像 / Hayabusa2 Touch down movie





『JAXA「かぐや」の全データ公開 / やっぱり不自然?! 』


















.
by tukasa-gumi | 2019-03-09 01:00 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『中国の月面着陸の様子は生中継されなかった』 / 考察?!
メモ方々。



まるでデジタル配信のラジオ放送のようです。







中国の無人探査機が見た「月の裏側」の現在:今週の宇宙ギャラリー
2019.01.05


・・・
嫦娥4号は着陸から約12時間後、中継衛星との通信状況と周辺環境を確認したのち、搭載していた月面車「玉兎2号」を月面に展開した。探査車はゆっくりと太陽光パネルを広げ、6つの車輪で月面を数メートル走行した。

1月4日現在、玉兎2号は動きを止めて「お昼休み」をとっている。この時期は月面の真昼に当たるため、高温下での稼働を避けるためだという。1月10日に再起動する予定だ。

今後、玉兎2号は搭載されたカメラや分析器を活用し、着陸地点周辺の地形や表層の鉱物資源の調査を行う。また、着陸船には低周波で天体を観測できる装置や、「ルナ・バイオスフィア」と呼ばれる小型の培養装置も搭載されている。

着陸の情報は公式発表前に出回っていた

2013年12月に行われた前回のミッション(嫦娥3号)の際は着陸の様子が世界に中継されていたが、今回は違った。着陸から数時間後の中国国営テレビ局「CCTV」による報道によって、初めて着陸が公式に確認されたのである。

なぜCNSAがリアルタイムで発表しなかったのか、理由は明らかにされていない。だが一部報道によると、「難易度が高いミッションのため、チームの科学者やエンジニア達にプレッシャーをかけないようにする」という理由もあったようだ。
・・・


























.
by tukasa-gumi | 2019-02-01 02:26 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『バズ・オルドリンがファボスのモノリスの存在を語る』/ 動画
火星好きなもので。








バズアルドリンは火星月のモノリスの存在を明らかにする
C-SPAN: Buzz Aldrin Reveals Existence of Monolith on Mars Moon








『バズは火星に戻りたい』/アポロ飛行士ユージン・サーナン インタビュー




発言『バズ・オルドリン氏「私達は月に行っていない」』/ 動画










ピラミッドはあるけど、モノリスは地球にあるのかしらん??!??
















.
by tukasa-gumi | 2019-01-31 00:46 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『アポロ14号の月面の石「実は地球由来」と研究者 』/ CNN
何だろ? 今頃。


中国やロシアのリーク前のエクスキューズかしらん?!?









アポロ14号が持ち帰った月面の岩石、「実は地球由来」と研究者
2019.01.26



b0003330_18174064.jpg






48年前にアポロ14号で月面に着陸した飛行士が持ち帰った岩石のサンプルが、実際には地球由来のものであったとする研究論文が、このほど科学誌に掲載された。彗星か小惑星が地球に衝突した衝撃で岩石が宇宙空間へと飛ばされ、偶然その先にあった月に激突したという。

当該の岩石には石英、長石、ジルコンといった鉱物が含まれている。これらは地球なら非常にありふれた鉱物だが、月の地質における含有量はあまり多くない。

また岩石が形成された温度や環境を分析したところ、月ではなく地球の特徴との関連を示す結果が得られた。岩石の結晶化は地球がまだ若かった40億~41億年前に、地表から約20キロの深さで起こったという。

当時の地球には小惑星が複数回衝突していたことから、岩石は1度もしくは数度の衝突で地表に露出し、別の衝突によって大気圏外に弾き飛ばされたと考えられる。その後、現在の3分の1の距離にあった月にぶつかったと研究者らはみている。

月に激突した岩石は一部を溶解させながら月面下にめり込んだが、2600万年前の小惑星の衝突で再び月面に姿を現した。

今回の研究を主導した月の専門家、デービッド・クリング氏は、地球の岩石が宇宙空間へ飛び出して月に激突したとする分析結果について、地質学者の中には異論を唱える向きもあるだろうと認めつつ、度重なる小惑星の衝突にさらされていた誕生直後の地球の状況を考慮すればそこまで驚くような話ではないとの見解を示した。








20世紀の嘘としてアポロ計画が教科書で教えられてい
という場面から始まる映画「インターステラ−」









「月の石」は地球最古の石だった、40億年前に形成
太古の地球に隕石が衝突し、月まで弾け飛んだ可能性
2019.01.29














.

More
by tukasa-gumi | 2019-01-26 18:11 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『火星探査機マーズ・エクスプレス活動15年』/ 動画
火星好きの私は見いってしまいました。


・・・んで、
火星の大気が乳白色の時と、
暗黒の時があります。


その割には地表の色調の変化が見られません。


デジタル処理でもしているのかしらん?







Fifteen years imaging the Red Planet















.

More
by tukasa-gumi | 2019-01-22 00:16 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『中国の探査機、世界初「月の裏側」着陸』/  動画
誰がこんな動画を信じるのでしょうか?!



それにこの画像。



b0003330_152248.jpg



アポロ時代より画像処理が進化して地表の色は変わったのですネっ?!




このライティング、  スンバラシイですっ!



月の裏側ですョ。


2019年 新月
1月6日(日)10:29

b0003330_22444139.jpg





ならばコレが正解?!
b0003330_22583122.jpg









China's Chang'e-4 probe soft-lands on moon's far side








ロシアが暴露するのも時間の問題ですネっ!?!








「月の裏側を調査するための中国の探査機「嫦娥4号」が3日、
月の裏側に無事着陸したと、中国中央テレビが伝えている」












おかしい(何かある?)『中国、40年ぶりの月面写真』/ 嫦娥3号・玉兎号



『中国 月面軟着陸成功・無人探査車 月面に降りる』/ 動画








EPIC View of Moon Transiting the Earth

















.
by tukasa-gumi | 2019-01-04 01:14 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
火星探査機インサイトの自撮り画像 / アームはどこ?
どなたかご教授下さい。








ロボット・アームで自撮りした火星探査機インサイトの画像です。





b0003330_1745911.jpg
















探査機のほぼ中心にあるアームで自撮りして、
画像を繋ぎ合わせたらしいのですが



b0003330_17584270.jpg




b0003330_1822599.jpg





b0003330_186489.jpg









人間の自撮りしみたいに、脇にある腕から
上半身などを写すのならアームは写らないと思うのですが、
探査機の中心にある棒が写らないのはナゼ? どういうこと?


そのアームがどこにも見当たらないのですョ。



b0003330_1745911.jpg

NASA/JPL-Caltech


b0003330_17544758.jpg







何か勘違いでもしているかしらん? 私。










画像はコチラから拝借いたしました














まぁ、
月面着陸船が月から飛び立つ動画があるくらいですから、
ビックリはいたしませんけど・・・。



アポロ17号の月着陸船の上昇段






この動画、いったい誰が撮ったんだろう???

リモコン操作 ?????


1972年のお話しです。














More
by tukasa-gumi | 2018-12-15 18:22 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『防衛省が「宇宙部隊」新設へ』 / 朝日デジタル
NASAに追従、ということなのかしらん?!


JAXAは?








防衛省が「宇宙部隊」新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視
2018年11月19日

 防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。陸海空の各自衛隊が統合運用する。2022年度をめどに設置する予定で、政府が来月改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」にも新設が明記される。19日、複数の政府関係者が明らかにした。

 防衛大綱では陸海空に加え、サイバーや宇宙、電磁波など新たな領域の防衛力強化を打ち出す。「宇宙部隊」の新設はその柱の一つになる。

 宇宙空間では宇宙ゴミが急増し、人工衛星と衝突する危険性が増大している。また、中国は他国の人工衛星を攻撃する兵器の開発を進めているとされる。












,
防衛省が「宇宙部隊」新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視
2018年11月19日

 防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ)と呼ばれる人工衛星やロケットの残骸のほか、他国の不審な衛星などを監視。陸海空の各自衛隊が統合運用する。2022年度をめどに設置する予定で、政府が来月改定する「防衛計画の大綱(防衛大綱)」にも新設が明記される。19日、複数の政府関係者が明らかにした。

 防衛大綱では陸海空に加え、サイバーや宇宙、電磁波など新たな領域の防衛力強化を打ち出す。「宇宙部隊」の新設はその柱の一つになる。

 宇宙空間では宇宙ゴミが急増し、人工衛星と衝突する危険性が増大している。また、中国は他国の人工衛星を攻撃する兵器の開発を進めているとされる。
・・・









.
by tukasa-gumi | 2018-11-21 01:07 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析