人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
< >
                            
タグ:映画 / 観劇 ( 479 ) タグの人気記事
Top↑
映画「ザ・ウォーク」
911が近いので観ました。



心を打たれました。



欧米の人達は(私の知る限り)、
何かを成し遂げた時に「感謝」を表現することを惜しみません。


そして、
とても謙虚になるのです。



このような人を見る度に、
「素晴らしい・・・」と感じる私です。







綱渡りが出て来る、
「みじかくも美しく燃え」も大好きな映画です。






THE WALK - Official IMAX Trailer







以下、ネタばれ。






「美しい」という言葉からこの映画は始まります。





感情の気持ちを感じ
彼は感の気持ちを先ずはワイヤーに

次にビル、
最後にニューヨークの街に敬意を示すのです。

その後、
ワイヤーに横たわったフィリップは
カモメの無言の威嚇(いかく)を感じるのです。







フィリップは、言っています(映画外で)。




「この世界を違った角度で眺めてください。
もし山が見えたとしても…」




「覚えておいて。山は動かせるのだという事を。」











Elvira Madigan「みじかくも美しく燃え」












.
by tukasa-gumi | 2019-09-08 16:49 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
映画「ローマの休日」 での出来事 / 画像
先日ペップバーンさんの「ローマの休日」を観ました。



ここで気になったシーンが、いくつかありました。


一つは、
街で自転車を乗っているお兄さんが
自分の頭の上に荷物を乗せて走っているコト。


ぉおーっ「パンと恋と夢」以来のシーンです。

(「 マイ・フェア・レディ」でも同じようなシーンがあります)




2つめシーン、
これにはビックリいたしました。


アン女王が歓迎する人々に向かって手を振るシーンが
三カ所あるのですが、
どれも前後に手を振っているのです。

(確かコレが正式?な手の振り方)


相手に対して手のひらを見せようなどど、
迎合するような考えは無いのです。






b0003330_20312241.jpg






b0003330_2023575.jpg






さすがロイヤルファミリーのアン女王です。








大人になって映画を観ると、
見過ごしていたことが沢山あるのに気付く私です。
















.
by tukasa-gumi | 2019-08-27 20:05 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
映画「メン・イン・ブラック3」
私の知っているメン・イン・ブラックと
違うと思っていたので敬遠しておりましたので

初見です。




随所にちりばめた『真実』?!、
ここまでバラしていいのォ〜?!?


それに2012年での映画化、
さすがスピルバーグさん制作だけあります。





MEN IN BLACK 3 - Official Trailer (HD)
















.
by tukasa-gumi | 2019-08-25 22:03 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
アニメ「アラジン」と『人類学者ハンク・ウェセルマン』
アニメの「アラジン」を観たので・・・。


私だったら
「私の願いが永遠に叶えられるように」

とジニーにお願いいたします。






んで、
ジニーと会話したハンク・ウェセルマン さんの記事なのですが、

やはりこれがダントツですネっ。



どんなスピ系の話しも,太刀打ちできません。







「神」と「創造主」は違う。


コレ、決定的でしょ?!



まぁ、
冷静になって考えるとなんら問題なく、
良〜く理解できるお話しなのですが。




身体のある人間を主として考えるから、
話しがややこしくなるのでしょう。


カタチがあるモノと、
カタチがないモノ。



・・・でも、
カタチがある私達の意識は
カタチがないものを求めたり、
創造してしまうのですネ きっと。






だからカタチあるあるモノに
飛び込んで来るんだァ ??!!??










主人公?のアラジン,
中国にいるって知っていいたァ?


そして「3つの願い」。


「3つ」・・・・どこから来たの考えましょう。














.
by tukasa-gumi | 2019-08-23 01:18 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
映画「秒速5センチメートル」
無料配信動画サイトで観ました。


これを多感な13歳の時に見たら、
忘れられないアニメになっていただろうなァ と感じました。




んでお風呂でイロイロ考えたのですが、
この鑑賞時と観賞後の気持ち・・・


何だろうと思いついたのが
韓国映画や台湾映画。




西洋の映画とは
訴えかけるモノが違うのですネっ。





因にわたしが中学一年生の時に見て
今でも心に残っているのはリバイバルの「ウエストサイド物語」。

(その当時は「ストーリー」とは称しませんでした)







「秒速5センチメートル」予告編HD
by tukasa-gumi | 2019-07-24 22:42 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
映画「トランスアメリカ」/ベースボールキャップの役割
キャップ(いわゆるベースボールキャップ)の「つば」
ありますよネっ。



あたくし
づーーーーーっと、
眩しさを防ぐためにあると思っておりました。




先日、映画「トランスアメリカ」を観ておりましたら、
主人公の息子が
「鼻が焼ける(日焼け)するからキャップ買っていい?」

というシーンがありました。




ダイビング用の水中マスクの鼻の部分が
摘めるくらいに高い理由と同じなのですネっ。






かくして、
平面に描く絵画があのよう立体的なわけです。





あたくし、
自分の鼻が「視界」で邪魔になった覚えがありませんから。















.
by tukasa-gumi | 2019-07-15 00:20 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
映画「長い裏切りの短い物語」
先日無料の配信映画
「長い裏切りの短い物語」を観ました。



話しによると 原作者はイタリアで銀行の法律顧問
といいうことらしいのですが・・・


まぁほとんど事実でしょう(名称は別)。




以下ネタばれ。






このマークにこの名称「ニューライト」
b0003330_20381810.jpg






トリノといったら「P2」 「ビルダーバーグ」、
舞台になる要素充分です。



「死んだ人も生きている」ワケです。















ちなみに、イタリアでは原子力発電所を設置していません










Breve storia di lunghi tradimenti trailer
by tukasa-gumi | 2019-06-24 20:53 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
プラハ滞在記 06/ こんなん鑑賞したァ
つづきです。


今回プラハでみたのは






プラハ国立劇場オペラ劇場
「フィガロの結婚」

いや〜面白かったです。

演出や衣装。ヘアーが素晴らしくって絶賛です。

イタリア語や英語が分からなくとも
充分(多分)楽しめます。

ミュージカルが、とても安っぽく見えてしまいました。






オペラ「売られた花嫁」

「フィガロの結婚」が良かっただけに
落胆は隠しきれません。

まぁ通常のちゃんとしたオペラなのですけどネっ








「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団」
この箱と人数、
N饗くらいしか知らない私はチェコフィルの偉大さを知り
クラシックの考えを新たにした次第です。

バイオリニストも素晴らしかったです。

b0003330_8562514.jpg




モヒカン刈りのチェリストがいるなんて信じられます?1



アジア系の女性演奏家もチタホラおりましたです。


Dvorak Hall
Programme

Camille Saint-Saëns
Violin Concerto No. 3 in B Minor, Op. 61
Allegro non troppo
Andantino quasi allegretto
Molto moderato e maestoso – Allegro non troppo

Anton Bruckner
Symphony No. 3 in D Minor
Mehr langsam, Misterioso
Adagio, bewegt, quasi Andante
Scherzo. Ziemlich schnell – Trio. Gleiches Zeitmaß
Finale. Allegro

Performers

Joshua Bell
violin

Christoph Eschenbach
conductor

Czech Philharmonic





プラハ市博物館
ナイトミュージアム

この土曜の夜は入場料無料で深夜の1時まで開館という
奇跡的な事柄に遭遇。


オペラを観た後に寄ったのですが
夜の11時過ぎというのに長蛇の列っ。

入館まで軽く30分以上かかりました。




中はクジラの骨があったり・・・という感じなのですが、
夜の12時過ぎに公園を横切ってホテルに歩いて着ける、

(しかもカップルが公園のベンチに座っている)


この治安の良さは特筆するモノがある、プラハです。









後ほど加筆する予定です。



画像もネっ。















.
by tukasa-gumi | 2019-06-18 01:44 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
プラハ滞在記 03/ ポーランドエア 機内で映画三昧
つづきです。


成田〜ワルシャワ間はボーイング787。

3・3・3の席です。


以前も搭乗したのですが、
今回はとっても快適。

(荷物は23キロまで)




窓側の席は
空気の吹き出し口からの風が届かないので
上空で飛行機が太陽に照らされると岩盤浴状態。

それにこの機体はシェードが無いため、
いくら窓を暗くしても太陽の光は容赦なく透過して来る。


かくして液晶の画面に日光が当たり、
画面がとっても見えにくくなる、コレ致命的。

アイマスク無しで眠るなんざァ、神業デス。





ミールは東京発は感想ナシ。

帰路のワルシャワ発の食事を期待したのですが
現実はこれまでの最下位を争う内容。


プラハでビールを堪能した私には
ポーランドのビールは甘すぎて
飲み込むのが大変でした(失礼っ)。



そうそう、「チョーヤの梅酒」がサーブされてました。

これは良い、他のメーカーも見習って欲しいモノです。





機内でポーランド産のカップラーメンのサービスがあり、
お土産に持ち帰りました。

(スープは好感がもてるのですが、麺がいけません 残念っ)









機内では
以下の映画を鑑賞。




「キャプテン・マーベル」
主人公が知人似ていたので親近感が湧きました。






「ボヘミアン・ラプソディ」
再観賞です。

改めて見たら主演の彼は
フレディ・マーキュリーさんよりミック・ジャガーさんそっくり。

ストーンズの伝記映画にも主演決定ですネっ。
(心臓病の手術だそうなミックさん)






「運び屋」
イーストウッドさんあっての映画です。
良い映画です。







「VICE」
楽しめました。
しかしこのような人達が政治を動かしてしるとは・・・。






「グレイテスト・ショーマン」
映画「フリークス」がどうしても頭から離れなくって困りました。









ワルシャワ 〜 プラハ間はボンバルディアのプロペラ機。

最初聞いた時はずっごく不安だったんだけど、
乗ってみたらとっても居心地が良いっ。


空と機内がとっても近く感じて
「空を飛んでいるだァ」という感じ。


プロペラの音も思った以上に小さく、
ジェット機並み。

炭酸水とチョコバーをもらいアッという間に到着。

機内はWi-Fi環境にないので
隣の見知らぬ人と会話が始まるシート続出。


ぁぁっ、これが本当の旅行の姿なんだなァ と感じた次第です。








そうそう
成田で気になっていた手荷物。


周りの人を見ていると確かに
沖止めの機体に乗り込む直前に荷物を預けて手ぶら or
小さな荷物だけで乗り込んでる。

(ラゲージの方もいらっしゃいました)




乗り込むと、
機内にはデイバッグが入るくらいの荷物入れが椅子の上にある。


様はシートの下か荷物入れに入らない大きさのモノは
持ち込み禁止 ということと理解する。

普通のジェット機と同じである、
だだシート上の荷物入れの大きさが高速バス並みだということ。

(ポーランド航空で再確認)




成田での日本人スタッフの言うことを
信用しなくて大正解でした。






それにしてもポーランドやチェコの人々は
話し声が大きくなく機内は静か。




国民性なのか、
乗客が「大人」なのかは分かりませんが、
とっても過ごしやすい時間を機内で持てた私でした、






そうそう、
窓から一筋(だけ・一本だけ)の飛行機雲を間近に見て
不思議に感じた私でした。













THE MULE Trailer (2018) Clint Eastwood, Bradley Cooper
by tukasa-gumi | 2019-06-16 02:13 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
映画「神と共に 第一章:罪と罰」
観ました。



これまた韓国民の思考回路が理解できるストーリー展開です。

冒頭からしてそうなのですから。



?!?



もしかしたら日本って「スピ系先進国」なのかもしれません !?!









ALONG WITH THE GODS: THE TWO WORLDS.














.
by tukasa-gumi | 2019-06-01 21:05 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析