ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:26
面白そうですね(*^▽^..
by levin-ae-111 at 21:35
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 03:24
これは凄いですね(≧▽≦..
by levin-ae-111 at 19:53
>ievin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 03:13
アハハッ、それは凄いです..
by levin-ae-111 at 21:02
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:25
何だか変な画像ですね。 ..
by levin-ae-111 at 20:20
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 23:59
四角い蜘蛛、いや違った雲..
by levin-ae-111 at 20:03








無料アクセス解析











                            
< >
                            
タグ:ホテル ( 139 ) タグの人気記事
Top↑
2018 ブダペスト滞在記 #7 / こんなん飲んだァ ワイン編
つづきです。




東欧は白ワインが美味しい。



以下のような辛口白ワインが
500円〜1,000円で買えるのですかあ
夢のような国です。




もちろんお土産に買い求めました です。

チョコッと高級品を。








b0003330_16355256.jpg





b0003330_16363347.jpg





前回飲んでいるので味は知っている
b0003330_1638948.jpg





b0003330_16421056.jpg




唇にワイン、
目にはバラを・・・




b0003330_1712596.jpg






800円くらいだったかしらん。






















花瓶をお願いしたらこんな大きいのが来ちゃいました








b0003330_1772245.jpg







左側はテレビです









ミネラルウォーター2ℓが最安値で100円、
同じくワイン一瓶150円のブダペストでした。








つづく






















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-06-16 17:08 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2018 ブダペスト滞在記 #4  / フレイザー レジデンス ブダペスト704号室 室内チェック
つづきです。




グーグルマップで道程を予習しておいたので
地下鉄からフレイザー レジデンスまでは楽勝。




ツーブロックトップノットヘアーのもの静かなお兄さんが
チェックインを受けて下さいました。


こんなスタイル ↓




b0003330_14301771.jpg






ここのカードキーは真っ白で予備無しの一枚。


b0003330_2313348.jpg





防犯予防なのでしょう。







人感センサーライトの廊下です
b0003330_18571114.jpg












突き当たり、向かって右側、7階の704号室です
b0003330_14333097.jpg





b0003330_14374862.jpg









ベランダのあるピンクの部屋です
b0003330_1442221.jpg





部屋に入ります



ドアの横にはインターフォン
b0003330_1921938.jpg








b0003330_14462493.jpg















右手にトイレ
b0003330_14483328.jpg



トイレには小さな手洗いがあります
b0003330_1451556.jpg









そしてセーフティボックスとクローゼット
b0003330_1572063.jpg










自然光が入るバスルームです
b0003330_14593548.jpg

b0003330_14561719.jpg





b0003330_16144116.jpg










アメニティはロクシタンでした
b0003330_1515525.jpg















ベットルームです  ドアは開いてます
b0003330_1511115.jpg





窓からベランダに出られます
b0003330_1512369.jpg




エアコンはうるさいのですが
b0003330_15163013.jpg

包み込みこまれるベッドで気になりません














廊下の向こうはメインルーム
b0003330_15305836.jpg





b0003330_15184011.jpg

b0003330_15193134.jpg



b0003330_15541021.jpg










b0003330_1645970.jpg






b0003330_1646524.jpg











b0003330_15212186.jpg




b0003330_15352138.jpg









電気ヒーターは4つ
b0003330_15364989.jpg








b0003330_1645113.jpg









b0003330_1671773.jpg







シャワーのスイッチがこわれてました
b0003330_1610583.jpg








カトラリー    
b0003330_15562085.jpg






なぜかフライ返しが無い・・・
ナイフが切れないので自分で研ぎました

b0003330_15591192.jpg






b0003330_1613383.jpg






オーブン 活躍してくれました
b0003330_15391366.jpg










フライパンはティファールでした!
b0003330_15495226.jpg









ドアの開閉と連動するゴミ箱
b0003330_196439.jpg












食器洗い器が無いのが、つくづく残念です。








ベランダへのドアの開け方が分かりませんでした
b0003330_1652458.jpg

上の方しか開かない・・・
b0003330_16532755.jpg









フロントで聞きましたら、2ウェイ方式だそうです
b0003330_19543449.jpg












外にでます タバコは外で吸ってということです
b0003330_16554949.jpg



b0003330_16581153.jpg












右に目をやります
b0003330_17034100.jpg











左方向に隣接する住居ビル
b0003330_175325.jpg











下です
b0003330_173539.jpg










夕暮れになって夕焼けが割れていたので撮りました
b0003330_1795466.jpg












私が家から持参したのは、

・ペーパータオル

・ダスター

・調味料・オイル

・割り箸

・サランラップ



以上、調理にはとっても役に立ちました。

















つづく













.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-06-14 02:34 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017秋 グアム滞在記 #7 / ガーデンヴィラホテル 4206号室 室内画像
つづきです。



トイレは詰まる、ドアのロックは壊れると
一日で2件の事故がぼっ発した
4108号室から
同じ棟の4206号室に1時間半かけて引っ越したしだいです。



一階の斜め上の部屋なのですが、
ぁぁこれが正しいグランドフロアなのだなァと
窓から見て実感いたしました。


b0003330_8483358.jpg



以下、その所感です。


・フロアが合板なので食器類を落としても割れない
b0003330_924717.jpg

・コンクリートでないのでスリッパ無しでも冷たくない

・一階の部屋より、数キレイ

・コンロが2台ある(つまみは取れてしまいますが)
b0003330_8573596.jpg



・グラスが無い (取りに行きました)

・バスルームのドアのノブが取れて中から開けれない
b0003330_8315849.jpg



・カランとシャワー両方から水・お湯が出る

・一階同様、エアコンのルーバーはカビだらけで汚い
b0003330_964465.jpg



・ベッドのスプリングが背中に当たって痛い(マット無し)

・ワンドアの冷蔵庫、冷凍室は霜だらけ

・廊下のドアが常時開けっ放しでとっても不安

・グローゼットとお風呂が死ぬほどカビ臭い

・とてもじゃ泣けど、衣類を入れる気にはならない

・お風呂の手すりが無く、立ち上がる時 不安

・目覚まし時計があったのが嬉しい
b0003330_8543260.jpg



・他の棟をチェックすると一階の部屋から宿泊させている模様

・プールサイドのテーブルに背中に入れ墨バッチシの
(タトゥーなどという可愛いモノではありません)
お兄ちゃんがタバコを吸っている  兵役拒否組?!




とまぁ、
こんな感じでしょうか。







ここまで部屋によってビミョ〜に違うとは・・・
さすがコンドのヴィラです。





今回利用したJTBのツアー、
料金にあと一万円だせば
シュノーケリングに打ってつけの
ヒルトンに泊まれますので
次回からはやは狭いともヒルトンに使用かと思ったしだいです。













つづく











.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-10-18 23:15 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017秋 グアム滞在記 #4 / ガーデンヴィラホテル 4108号室 室内画像
以下、室内の画像です・・・が、
デジタルはとても写りが良い事を考慮して下さい。






1階の4108号室です
b0003330_11483773.jpg

b0003330_11361045.jpg


プレートの左下に点字で表示があります 
b0003330_11434358.jpg








b0003330_12122257.jpg

b0003330_1210234.jpg








入るとすぐキッチンがあります
b0003330_11504765.jpg



b0003330_11534231.jpg







b0003330_1215149.jpg




b0003330_1242656.jpg




b0003330_1215206.jpg



手前のフライパンは日本から持って来た物です(後ろの白い物がホテルの物)
b0003330_12172074.jpg




鍋はまだ許せる ?
b0003330_1394425.jpg





キッチンの引き出しを開けると匂いがキツかったので
カトラリー類は撮影しませんでした。









スタイリッシュなテーブル
b0003330_12472597.jpg



いい風合をかもし出しているイス
b0003330_12445012.jpg












テーブルの向こう側には


シミだらげで座る気にならないイス
b0003330_12524723.jpg




配線近くに水滴が落ちるエアコン
b0003330_12493417.jpg








向かい側にもう2台、ベッドがあります
b0003330_12575748.jpg











洗面台は左右に各一台づづ
b0003330_12263126.jpg

b0003330_1228292.jpg









その脇にクローゼット 奥にセーフティボックスがあります
b0003330_12222775.jpg








反対側のバスルーム
b0003330_12322154.jpg







事故ぼっ発のトイレ
b0003330_12351251.jpg













くり返します、
デジタル画像はとても写りが良いです、
そのまま鵜呑みにしない方が宜しいかと・・・。





『2017秋 グアム滞在記 #2/
 ガーデンヴィラホテル室内チェック』










つづく









.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-10-16 12:58 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017秋 グアム滞在記 #3/ 事件発生 ガーデンヴィラホテル
つづきです。



一階の4108号室に宿泊していた時です。


今までは何の問題もなく使用できていたトイレ。


2台あるトイレのひとつが流れなくなったのです。








・・それも使用中にです。





以下、不愉快な記述がありますので、
スルーことをお勧めいたします。


想像力豊な人やこれから食事をする予定のある方は
読まない方が身の為です。















TOTO製便器のレバーを回したにもかかわらず、
何故意が勢い良く流れるどころか、
反対にその水位がジワリジワリと上がって来る。



「おかしいなァ」と思い、
もう一回レバーを回すとさらに水位が増す。





そしてその水位は
今にも便器から溢れ出さんとしている。







ここで私は便器の隣にあるバスタブへ緊急避難。







ガーデンヴィラの口コミで多々ある
『事例』なのだと認知したしだいです。








幸いにも水嵩はそれ以上増えることなく、
停滞したまま・・・なのだが、





「う〜ム、困った」



「どうしましょ?」






先日英国の出来事、
『彼氏の家でトイレを借り、流せなくなった女性』
の記事が脳裏を横切りました。







しばらく様子を見るしかないと思い、
数分後に確かめますと・・・


ぉおっ、先ほどより若干水位が下がっている!





ココは神頼みっ。








出かける準備をして気を紛らわせ?
再度水位を確かめに行くと、
前回よりもさらに水は引いている。






こりゃぁ待つしかないなァ と思い、
何回かバスルームに足を運びようやく流れ切り、
透明な水が便器に鎮座?していることを確認する。







良かったァ〜〜っ!!






これで一件落着!  














と思った私が悪うございました・・・。










外出しようと、
部屋を出る前にトイレに入ったのが元凶。



室内にあるもう一台のトイレを使用する、
という発想が無かった私が悪うございました。











またもや、流れない。







先ほどの経験を踏まえ、
『時』を待つも、なかなか元にもどってくれない。









このまま時を待つのも、
何だか時間が勿体なく思えたので、
そのままビーチに。

(グアムの天気は急変する)




ビーチタオルを受け取り、
フロントの女性にその旨伝えると、
「オッケー」とあっさり応えてくれる。







・・・察するに、
(やはり)頻繁に起こる【事例】なのであろうと
納得したしだいです。










少し早すぎるかなァと思いつつ、
シュノーケルを楽しんだ後、
部屋に戻りますとトレイの便座が上げてあり、

(気のせいか)トイレがピッカピッカになっている。




試しに水の流してみると、
勢い良く流れてくれる。






ぉお〜っ、
「これがトイレだよネ〜っ!」と思い、感謝する。








その後
部屋で昼食をすませ、
ショッピングにでも出かけましょう と
ドアを閉めましたところ・・・・








アレっ?!?







ドアは閉まるんだけど、ロックが掛からない。









何度トライしてもダメ。







良〜く見ると、
ドアについているキーとノブ全体が
ドアから少し緩んでいるの判る。




仕方が無いのでフロントに電話して
技術者を呼んでもらう。


直にスタッフが来てくれ
イロイロ試してくれたのですが
やはり直らない様子。


技術者と二人でフロントに行き、
閉まらないことを説明してもらう。




バッテリーがどうのこうのと説明している ?!






・・・ということで、
チェックアウトの前日に他の部屋に移動するハメに。




指定された部屋は2階の4206号室。

(グレードアップ、チョッと期待したのですけどネっ)


ホテル側がスタッフと
ラゲッジカートを用意してくれました。






とまぁ、
話しとしてはスムーズなんだけど
フライパンや調理用品を日本から持参して来た私は
パッキングしなおすのが も”ー大変っ。



クローゼットの服やゴーグルにフィン、
乾ききっていない水着 等等。



14時に外出予定だったのですが、
外に出る事ができたのは15時半。




汗だくデス。




ショッピングから帰って来て、
夕食を作っておりましたら
グラスなどの食器類が足りないことが判明。


一階の元の部屋に行き、
足りない食器類やタオルを確保。


何だかドロボウさんになった気分でした。









とは言え、
この部屋は床が合板なので食器を落として割る心配がない。

それにクッキングヒーターが2台ありとっても重宝。

眺めも一階よりは良いし、
決定的なのは部屋がキレイ(ほんの少しの差ですけどネっ)











年期の入ったコンド型の ガーデンヴィラホテル。


面白い経験をさせていただきましたァ。







つづく












.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-10-16 01:05 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017秋 グアム滞在記 #2/ ガーデンヴィラホテル室内チェック
つづきです。



空港からは『安心料金』の
ミキタクシー を利用いたしまた。


ガーデンヴィラホテルまで
チップ込みで20ドル。




4108号室のカードキーを渡され入室。



正直、とってもショボく感じました部屋もホテルも。



以下所感です。


・キッチン用品を持参して大正解っ!

・鍋やフライパンは使用したくないほどの状態

・当然包丁は切れない(アメリカン使用)

・カトラリーのナイフが無い(フォークは有り)

・スプーンは韓国形状のモノ、使いづらい

・キッチンカウンターの化粧合板の匂が強烈っ! 注意っ

・電気コンロの熱量が弱い(想像通り)

・電気コンロの電源ランプがつかないので消し忘れ 注意っ

・電気コンロのスイッチがONにすると熱くなる  注意っ

・電気コンロのスイッチが取れてしまう  注意っ

・缶切り無し → スーパーで缶詰を買っても意味無し 注意っ

・電子レンジは問題ナシ

・スプリングで痛さを感じとることが出来るベッド  注意っ

・エアコンの結露が室内にポタポタ落ちる  注意っ

・はねた水滴がコンセントに当たり火事にならないか心配

・エアコンのルーバーは見ない方が良い

・ドアノブが取れたり、カギが壊れるのは日常?!

・もちろんトイレの詰まり(流れない!)も日常です

・ドライヤーは完璧っ

・コンセントを抜こうをするとコンセントカバーも外れる  注意っ

・椅子のガタツキやはがれは気にしない

・ソファの汚れを見ると座りたくない

・クローゼットのカビ臭さは堪え難い

・シャワーとカランが同時に出るのも気にしない

・お湯がぬるいのも気にしない

・お風呂の手すりが無くとも若ければ大丈夫 ?


(画像は後ほど貼付けます)




【あったら便利:持参お勧めグッズ】

・第一にフライパン
 ステーキや目玉焼きを食べたい人は必須です

・ナイフ(食事用・調理用)
 これが有ると無いとでは食事の内容が変わって来ます

・ダスター、キッチンペーパー、サランラップ、アルミホイル

・塩、胡椒、オイル等の調味料 箸もあった方が

・コンロは2台オーダーいたしましょう

・食器類は部屋によって品数が違います(グラスがなかったり)

・もちろん冷蔵庫もワンドアだったり、ツードアだったり

・室内の床も異なります

(画像 は後ほど貼付けます  貼付けましたァ )






・・・とまぁ、
格安のアパートメントという感じのこのホテル、
1階と2階のふた部屋に宿泊した私が言うのですから
間違いありません。





しかし、
人間不思議なモノで慣れちゃうですョ、
どんなにゴージャスな部屋だろうが
その正反対であろうが。


コレって、私だけかしらん?








『事件発生』に つづく















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-10-16 00:47 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ロンドン車椅子旅行記 #4 / プレジデンシャル ケンジントン 002号室
つづきです。


宿泊先はアールズコート駅徒歩3分の
プレジデンシャル ケンジントン。

今回は5千円ほどけちってスタンダードの室にしたのですが、
二階の部屋にすれば良かったとつくづく思いました。


『ロンドン滞在記4 / プレジデンシャル ケンジントン204号室』






以下、今回の所感です。


・ティシュペーパーやキッチンペーパーが補充されない

・チップの隣にイラスト入りで「補充して下さい」
と伝言を残すのですが、補塡されず

・ドライヤーから煙が出る!ので交換を依頼、
これは古いタイプのドライヤーを用意して下さいました

・バスタオルは床に置いておけば、
新しいモノに変えてくれます

・歯ブラシは無し

・化粧台はダウンライトがなので影が真下に出る

・したがって、メイクは無理です

・ヒートパイプが重宝いたしました。

・室にあるランドリーで生乾き状態にた衣類を
掛けておけば翌日には乾いてそうろう

・煩わしいアイロンをかけなくとも良いのが嬉しいです

・ベッドメイキングは毎日して
キッチンもそこそこキレイにしてくれますが、
床は清掃してくれません

・飲料水は初日に2リットルボトル、一本だけ

・モーニングは指定した時間に室のテーブルまで届けてくれます

・その内容は、ジュース・ヨーグルト・パン各種
(プレーン、レザン、クロワッサン)、
バター・ジャム・ポットに入ったコーヒー

・コーヒーが美味いと思ったのは久しぶりでした

・お湯で薄めましたけどネっ

・受付のスタッフは良い意味でフレンドリー

・その中の若い女性スタッフは日本に興味があるらしく
日本語で挨拶してくれました

・日本のことを知りたがっておりました です




朝食を食べて直に出発、
帰りは夜の11時近くという日々でしたので、
クレームを入れる体力が有りませんでした・・・。









朝出かけるとにハウスキーパーの女性達が
廊下に座り込んでいた時がありました。

顔をみて感じました。

彼女等は英国人じゃなく、
移民の人達なんだって・・・。


だから「Kleenex、補充して下さい」と書いても
ダメだったんだ って。

(『Kleenex』自体がアメリカ英語だし)






つづく
















,
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-30 12:10 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ロンドン車椅子旅行記 #3 / ヒースローからアールズコートへ 
つづきです。


ヒースローに着いた機体をおり、
人気のない通路でやはり車椅子の、
ロンドン在住の韓国人おばさんと
プライオリティ用の電動カートを待つ。



小母さんがトイレに行きたいと
インド人?スタッフに申し出るも
スタッフは無視。



彼女が車椅子を降りて
歩いてトイレに行こうとするので、
私がトイレの前まで彼女の車椅子を押し
トイレから出て来るのを待つことになる。


(しかしインドリッシュは聞き取りづらい
最初英語ではないと思いましたデス
まぁ向こうも私の英語、理解できたかどうか?)





ここでも、
入国審査も通常の列に並ぶ必要はない。


一番最後に出たにもかかわらず、
『ファストパス』なので審査もとってもスムーズ。

車イスを押している私も同様の待遇である。

(前に並んでいた男の子は、別室に連れていかれましたけど)






チェクインの際にラゲージには、
「PRAIORITY」や「車椅子マーク」のタグが付けられます。


かくして、コンベアーに載って出て来るのも早い。











しかし、
ロンドンはすでに夜の11時。


悩んだ末に割高の空港内のタクシー会社
(キャブではない)で往復のタクシーをチャーター。

(片道だと割高なのです)




エアコンを切ったタクシーは
スマホのナビで夜の道路をひた走る。

わずかに開けた窓から、
夜のひんやりした空気が入って来る。



およそ40分ほどで
見覚えのあるアールコートに到着したのですが、
ロンドンの建物は外観が似通っている。

(しかも夜)


その為か、
ホテルの近場まで行くも運転手さんが判断しかねる。

(ここがキャブとの違いです)

ホテルの外観もプリントアウトしてある用紙を
渡しているのですがなかなか
目的のホテルを見つけられず。



幸いにも、
前回宿泊して道路と外観を記憶していたので
私が見つける という結果に。



これが片道、84ポンドのタクシーでした。
(もちろんチップは払いません)



運転手さんに、
帰りのピックアップの日時を再確認し、

やっとプレジデンタル ケンジントンにチェックインです。






7年ぶりのプレジデンシャル ケンジントンで
迎えてくれたのはゲイ?のイケメンのお兄さん。

チックインの手続きをしてくれる。

一階の002号室のキーをもらい
朝食(無料)の時間を申し入れる。




この002号室,
リフトを使用しなくとも良いので、
車椅子向けなんだけど・・・狭いしロケーションもいまいち。





ラゲージに日本からミネラルウォーターと食料を
持参してつくづく良かったと思ったしだいです。









つづく



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-30 00:53 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017グアム滞在記#3/シェラトンの無料アクティビティ
続きです。




シェラトンアドベンチャーズで、
カヤックとヨガ(10時〜)に挑戦いたしました。







前日にヨガの予約をし、
マットをフロントで借り、
先生の指示で瞑想してから始めます。



私が参加した日は総勢4名と個人レッスン並み。

男性の先生が英語と日本語で説明を聞きながら、
ヨガ用のブロックを利用して
何種類かのポーズをこなして行くのですが・・・

私は汗が滝のように流れ出し、股の筋肉はブルブル状態。

ホテルのヨガ教室で、
こんなにもハードだったのは初めて


(日本に帰ってからも筋肉痛が残りました)






最後にマントラ?を発声してレッスン終了。




吹き抜ける風と天窓からの日差しが、
祝福してくれた気がいたしました。













もう一つのカヤックを利用するには、
ファミリープールにある矢印サインにしたがって
ショップに向かいます。




昼食中にもかかわらず対応してくださった、
日本人スタッフのお姉さん(グアム ポールズダイビング)の
説明がとっても分かりやすいしフレンドリー。

(マスコット?の黒い子猫も人懐っこいです)


邪魔になる荷物を、
ロッカー(無料)で預かってくれました。






スクーバ練習用のプールを横切り
ベーチまでの階段を下り、
持参したフィンとマスク等を乗せ、
いざ乗船。



お兄さんの指示通りに、
黄色いブイを目標にしながら
目の前のアルパット島まで漕ぐ、


引き潮の時だったのか、
カヤックの底が岩場に擦ることもありながら、
ものの2〜3分でアルパット島の砂場に到着。




アルパット島  向かって左側に砂浜が見えます
b0003330_12125658.jpg








カヤックを砂浜に上げ、
シュノーケルの準備。



海の中は
思っていた以上に透明度があり魚さんもいる。



サンゴが生きているので傷つけないように
静かに浮いているんだけど、
ゴロゴロある岩にひざを傷つけてしまいました。



ロングラッシュパンツとグローブは必須アイテムです。







空を見上げると暗雲が近づいて来たので、
急遽撤収っ。


一時的なシャワーでも
アルパット島にいる理由は無いですし、
無料の1時間以内で戻らなくっちゃ ネっ。












帰りにはエネルギー補給のアメを
先ほどのお姉さんからただきました。










つづく













.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-04-30 11:55 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2017 グアム滞在記 #2 / シェラトン クラブラウンジ編
つづきです。


ラウンジは毎日利用させていただきました。



前回のヒルトンのラウンジの風景が強烈だったので
ガラガラ状態のここはとても好感が持てました。

(男女兼用トイレのウォシュレットは役に立ちませんが・・・)


電動ペーパーホルダーでした
b0003330_10304972.jpg









トロピカル系のアルコールがいくつかありましたが、
冷蔵室に入っている白ワインが一番口に合いました、



b0003330_10333546.jpg















シェラトンでの朝食(無料)はクラブラウンジではなく、
ブッフェレ形式の「ラ・カスカッタ」でいただきました。





オムレツをカウンターでオーダし、
その後テーブルま持って来てくれるのですが・・・

出来上がりを見計らって自分で取りに行った方が早いデス。











マナーを知っている日本人の旅行者の皆さんは、
食べきれないほどお皿に取り、残してしまうような
近隣アジア人の真似をしてはいけません ョ。







つづく














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-04-30 10:36 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析