ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>levin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 19:09
日本も真剣に考えるべきで..
by levin-ae-111 at 08:57
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:42
可愛いですね(*^▽^*..
by levin-ae-111 at 19:35
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:35
おはようございます。 ..
by levin-ae-111 at 10:23
ムー>levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 20:24
台風>> levin-a..
by Tukasa-gumi at 20:19
お説、御尤もです。 世..
by levin-ae-111 at 19:29
最近の情報では、発電用に..
by levin-ae-111 at 19:24








無料アクセス解析











                            
< >
                            
カテゴリ:火星・宇宙( 41 )
Top↑
『太陽の表面温度は摂氏26度』 / アクァッホ
NASAが8月12日に
太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げました。








以下は、
昔の記事の乱文な下書き(書きかけ)です。


ご了承下さい。







2012年10月15日
太陽の表面温度は摂氏26度


1995年6月25日付けで科学雑誌「サイエンス」に著名な科学者7名が連名の論文に、太陽の表面温度は摂氏26度であると掲載されています。

1997年7月18日にも同誌に、太陽の表面には大量の水が存在するとシャフイカ・カラグラ博士により発表されています。

NASAは太陽に向けて探査機を飛ばしています。これまでの常識である太陽の表面温度は摂氏7000度であることを確かめるための実験でしたが、探査機は太陽に近づき溶けるだろうという予想は外れ、太陽の表面に到達し表面温度を測り、摂氏26度であることを確かめています。

理学博士の三上晃氏は植物同士が会話することの研究から、庭の実験木と太陽表面に生えるの大森林との交信にいたり太陽の情報を得ています。太陽には豊富な水と森林があり、表面温度は摂氏26度だとしています。

工学博士の関英男氏は1998年出版の「生命と宇宙」にて太陽の表面温度は摂氏26度であると述べています。


『宇宙人と銀河世界とこの世の超仕組み』大谷篤著から





3797161425_c22375ed08_o.jpg
The Dynamic Sun [Solar Avalanche Coming]
This is the sun photographed by an ultraviolet camera onboard NASA's STEREO spacecraft. Solar Dynamics Observatory will expand scenes like this one to IMAX resolution. Credit: NASA/STEREO






ーーーーーー










●太陽の表面温度は27度C ??

暇なときにでも 2015-05-05 10:30:44

s_sachiko

お礼率 80% (56/70)
古い記事なのですが、NASAに1977年から8年間留学したという理論物理学の研究者の川又審一郎氏が、「太陽の表面や水星の温度はすでに実測され、前者は26~27度Cであり後者は0度C以下何百度という氷の星である。」と発言したそうです。 某掲示板で見かけ、ちょっと気になっています。

「太陽の表面や水星の温度はすでに実測され、前者は26~27度Cであり後者は0度C以下何百度という氷の星である。」(理論物理学 川又審一郎氏 NASAに1977年から8年間留学)

「多くの進化した宇宙人は一様に《太陽は、地球人が考えているような超高温の星ではない》と、さかんに伝えてきている。太陽が熱くないことは、有名な天文学者ハーシェルも《太陽は冷たい天体であり得る》と主張していた。
もし太陽が熱いのであれば、太陽に近づけば近づくほど明るくなり温度が上がるはずであるが、実際にはそうではない。地上から上空へ上昇すれば上昇するほど暗闇となり温度は低くなる。」(深野一幸 工学博士)

「全ての惑星、さらには太陽にすら生命が存在する。
太陽は低温の固い表面を持ち、不透明な雲の層がこの表面を高温の大気から守っている。
この奇妙な環境に適応した様々な生物種がその上に生息する。」
「太陽は冷たい星であり得る。
太陽が熱ければ近づけば近づくほど明るくなり、温度が上がるはずだが、実際はそうではない。
熱のエネルギーは太陽からくるが、高周波のかたちでくる。
これが熱波にかわる。この変換は大気中でおこる。
発電機は冷たいが、そのつくる電流は高温を発する。
数百万度の熱が太陽の内部にあるというのはナンセンスだ。
太陽の黒点にはたぶん生命が存在している。」
(天王星の発見者で大天文学者 サー・ウイリアム・ハーシェル)

「1998年に入って、太陽表面の温度が低温であることをNASAの宇宙ロケットが実証したとの情報がある。
勿論これを大々的に公表すれば、天文学のみならず一般大衆の思想に及ぼす影響は計りしれなから、現在のところ、非公式ながらきわめて信憑性の高い情報である。
それというのは、成蹊大学で素粒子の理論物理学を専攻した川又審一郎氏が、NASAに1977年から8年間留学し帰朝して今年の講演会の中で、太陽の表面や水星の温度はすでに実測され、前者は26~27度Cであり後者は0度C以下何百度という氷の星であると発表した。
従来NASAが太陽面観測に踏み切れなかったのは、一般科学常識として6000度という高温が信じられているので無謀な実験と考えられていたからであろう。しかし、そのような高温では到底存在しそうもない水が、現実に存在するとの確実な証拠を示す論文が権威ある米国の科学雑誌”Science”1995年6月26日号に発表され、ついで同誌1997年7月18日号にそれを確認するような記事が掲載されたので、NASAでも実測してみようと決意し、実測が行われたのではないかと想像している。あるいは、何か他の動機で早くから実測したかもしれないが、その点不明である。」(関 英男工学博士)

「太陽からは熱や光がやってくるわけではなく、周波数が太陽からやってきて、地球から出ている周波数と干渉して光と熱になる。これは宇宙のセンターからエナルギーを送られる波動で、周波数は光より何十桁も高く、速度も光よりも何十桁も早い縦波で、シールドがきかず、なにものも突き抜けて太陽系に到達するのである。太陽は我々太陽系の親星であるから、宇宙センターから到来した天波を地球に分配して送ってくるのである。従来の科学では太陽からの光は約8分20秒で地球に到達するということになっていたが、最新の知識では1秒もかからないことになった。

太陽からの天波と地球からの天波とが干渉する層で、(ここで天波が光と熱に変わって地球に降り注ぐ)だからこの層から地球までが8秒位を要する。もちろん、干渉しきれないで天波のまま地球に到達する部分もあってこれに時間を要しない。この層は地球からどの位の高さにあるかというと、月までの距離の7倍である。
ちなみに天波は1960年以来、次第次第に強化されつつあるので、太陽に向かって手のひらを向けると人によってはびりびりと刺激を感じることが出来る。しかも、太陽より到達する天波と、地球より発生する天波との角度との関係で、光や熱が割合弱く、天波が強いので朝日の前後5分くらい毎に両手を向けると、100日足ら














,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-08-28 00:19 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
宇宙飛行士 野口さんのインタビュー / 音声
スプートニクの野口さんのインタビュー
を聞いて思ったのですが、

これほど前近代的(失礼っ)なモノが大気圏外で
現在でもまかり通っている ということに
ビックリいたしました。



たしかに子供が
「どうして月に行かないの?」

と聞く
のは当たり前です。



b0003330_17494459.jpg







逆に言うと、
これくらいの機材で宇宙?に行けるのです。




宇宙と大気圏内(中)では
想像を絶するくらいに『何か』が違うような気がします。



・・・というか、
「人類」を「外」に出させない何かがあるような・・・













【日本語字幕】Space Oddity











.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-08-23 20:46 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
発言『バズ・オルドリン氏「私達は月に行っていない」』/ 動画
アポロついでに動画を貼付けます。





アポロ11号のバズ・オルドリン氏が「私たちは月に行っていないのです」と言った時の映像





*コチラも
『バズは火星に戻りたい』/アポロ飛行士ユージン・サーナン インタビュー






米国ワシントンD.C. のウォルター・E・ワシントン会議場でののナショナル・ブック・フェスティバルで8歳の女の子の質問に答えるバズ・オルドリン氏。

だそうです。







映画『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤーは
アポロ11号の宇宙飛行士エドウィン(バズ)・オルドリンの通称
「バズ」からとられています。




Cities in plain view in Mars images,
tech, roads, streets, structures, buildings











.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-08-05 10:02 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『月面着陸から49年、地球と月、素晴らしい画像27枚』/ 画像
毎回思うのですが、
そりゃネガとか撮影状態で色調も変化するのでしょうが、
目的は探査なのですから、ここまで色の違いがあって
いいのでしょうか?


コダックからアグファにでも変えたのかしらん?






最初のころの画像
b0003330_13233570.jpg




後期
b0003330_13225529.jpg







その他の画像はコチラ↓からどーぞ。
月面着陸から49年、地球と月、素晴らしい画像27枚







おかしい(何かある?)『中国、40年ぶりの月面写真』/
嫦娥3号・玉兎号













.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-08-05 01:11 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『火星の人面岩』 / 再考・ピラミッド形?!
なんかまた火星の人面岩が話題になっているうです。

そんなんで何十年ぶりに画像を見ました。






b0003330_9444524.jpg


そこで気がついたのですョ。


火星の地表にのびる人面岩の影の形、




三角形で先が尖ってますよネっ。



まるで三角錐のようなシルエットです。




そう、ピラミッドなんかもこんな影になりますよネっ?!





b0003330_9464328.jpg








まぁピラミッドは置いといて、
台形状の盛り上がったモノでは無い ってーこと。




b0003330_9565621.jpg
火星周回探査機「マーズ・エクスプレス」のステレオ画像





鼻と思える(見える)ところを
頂点としている形状である と考えられます、私的には。





ということで、チョコッといじってまみした
b0003330_10122631.jpg












ふむ、
どうやら屈折ピラミッドに近い感じですネっ。




b0003330_10171894.jpg



















でも本当はこんな感じのような気がします!?





































b0003330_10245420.jpg







b0003330_9464328.jpg







いかが?








b0003330_11323493.jpg

どいやったら「目の形に見えるような形状の影」ができるのでしょう?!







この『人面岩』、英語表記だと『ファラオ』となっております。

感じた(知っていた)人がいたのでしょう、きっと。


「カイロ」って、火星という意味ですから・・・!?!



























.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-07-01 10:28 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター / 画像
NASAが発表した、
探査機マーズ・リコネッサンス・オービターからの画像です。


風の影響で砂丘が徐々により低い場所に移動して波打つ砂の風景、
だそうです。




b0003330_0223336.jpg















明るくしてみました
b0003330_02442.jpg







まぁ何と火星の表情の豊なこと。


画像はコチラ ↓ から拝借いたしました。
The Moving Sands of Lobo Vallis
April 2, 2018









『画像:ニュージャージーと火星の地表 / そっくり?!』








『地上の火星』 / ナショナルジオグラフィック動画












.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-04-13 01:36 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
NASA:50年ぶりの公開アポロ計画写真 / はてコレは?
宇宙好きな私、
アポロのこの画像に見入ってしまいました。






b0003330_14332764.jpg




ほら、補正しなくとも
b0003330_14385690.jpg





こんなにも星々が写っています。

これほどまで写っている画像は初めてです。


それにライトが宇宙船全体に周っております。











ということで
以下、気になった画像を貼付けます。






b0003330_14444853.jpg







拡大しました
b0003330_14471486.jpg






コレ
b0003330_15413357.jpg






よくしゃがんで撮ったなァ と考えましたら・・








これが本当何じゃない?!
b0003330_1544097.jpg








あとコレ
b0003330_16374483.jpg







気のせいか、左右に分かれているような
b0003330_1641245.jpg










次なる有人月面探査に期待いたしましょう?!












画像はコチラ ↓ から拝借いたしました。
Project Apollo Archive:Flickr








【付録】
b0003330_16551813.jpg






b0003330_15323299.jpg

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-03-10 16:49 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
月の天空は星々に満ちていた / 画像
月はチタンで出来ているというので、
コペルニクスというクレーター画像を
いつものようにレベル補正し、
チェックいたしましたら・・・





b0003330_2135437.jpg








初めてです、こんなにも星々が映っている画像は!



他の月面画像にはこれらの星々?が写っていないのですが、
写真のゴミとは思えません。






こんな感じです(分かりやすいように、二分割いたしました)

b0003330_21175641.jpg



b0003330_21194980.jpg



いかが?!






画像ソース









【付録】
アポロ15号での月面掘削の様子
b0003330_22405448.jpg








星空はもちろん、影がなんだかなァ〜 でしょ!?

b0003330_1543670.jpg











おかしい(何かある?)『中国、40年ぶりの月面写真』/
嫦娥3号・玉兎号




















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-02-25 21:35 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
続『火星探査機キュリオシティのパノラマ写真」/ レべル補正
つづきです




動画画像をレベル補正してみました。





b0003330_21321389.jpg




b0003330_2137456.jpg




b0003330_21334268.jpg









いやココまで上下に分かれるとは・・・ちょっとビックリです。














『地上の火星』/ ナショナルジオグラフィック動画















,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-02-04 21:40 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『火星探査機キュリオシティのパノラマ写真」/ 動画
上手いですね、
空はブルーなのですが地表はまだ茶色です。


・・・しかしその間はナセか砂埃?でボヤけてます。





撮影日は2017年10月25日.
Curiosity at Martian Scenic Overlook









『火星の本当のカラー画像 / 
やっぱり火星の空は青かった?! その7 』

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-02-04 00:26 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析