人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2019年 08月 05日 ( 1 )
Top↑
「カルマ」について / その「トリック」
今回は皆さんご存知?のカルマについて。



スピ系や現在の仏教系などで、でよく聞く言葉です。


簡単に言うと

「現在このよう境遇なのは、
あなた(や祖先?)の過去世で行なった酬いのせいなのです」

ってな感じでしょうか?



極端な『教え』では祖先や自分の行いは
七代先まで影響があります 何てぇ事を云っている所もあるようです。

(7代遡ったら日本国中すべての人が
何らかの血縁関係がある という話しもありますが)






近年は「ミラー効果」などと言って、
自分の行いが自分に返って来る

何て〜ことも云ってます。






そりゃぁ、
人間が生き何を行なえば
その結果(に見えるコト)があり、

それを
「善」や「悪」といったステレオのカテゴリーで分けると
「行為」が善行と悪行の2種類になっちゃうワケですョ。





「カルマ」にもどりますが、
この「カルマ」の大前提にトリック?があります。


それは「前世」があることが、大前提になっている、
ということです。


つまり時間は一報通行で一直線。


多重構造やパラレルワールド、
ましてや未来や現在が折り畳まれている

何て〜ことは関係ない世界で私達は生き、生活している
という解釈の上のお話しなのです。




ということで、
私としてはこのようなカルマは存在しないと思います。





こんな説明でご理解いただけますでしょうか?




ある意味サークルゲーム的な輪廻?はあるかも知れませんが
それはスリコミですネっ。


社会やしきたりがそうさせるのだと思います。




ゾウの足の鎖(で逃げる事が出来ない)と同じ
ことでしょう、きっと。







一番の問題は
そのシステム(ゲーム)をだれが作ったか?!

ということです。





まさか皆さんは
来生のためにこ今の時代を生きてはいませんよネっ?!?

理想の自分を来生に求めるなどと言うことも。








今回はこの辺で、




・・・もしかしたら、
加筆修正するかも知れません、

悪しからず。



失礼したしましたァ〜。












.
by tukasa-gumi | 2019-08-05 22:27 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
アクセス解析