人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2018年 12月 28日 ( 1 )
Top↑
『中国:イスラエルから技術を取得する ニセの商談』/ Epoch Times
今年、投稿し忘れた記事です。








ニセ「商談」で外国企業機密を入手 契約間近で消える中国企業=イスラエルメディア
2018年11月23日



以下抜粋。



イスラエルで中国企業はビジネス交渉や協力関係の強化を名目に、同国企業が開示した企業機密を盗み出していると、同国メディアが報じた。
・・・
英語ではなく中国語を話し通訳を介して会議が行われる。

「通訳がついているが、私が見た限りでは全員が英語をよく理解できているのは明らかだ。通訳の話を聞かずとも、私たちの話した内容をメモしたりPCにタイプしたりしているのだから」とCEOは付け加えた。

イスラエル政府の元スパイ防止担当局高官アブナ・バーナ氏は「中国民間企業の商談や会議のなかで、中国チーム内には政府関係者がいて、優れた英語能力を持つ」と分析している。
・・・
一様に会議の出だしには、イスラエルを称え、米国の評価を下げるという「まるで同じ台本を読んでいるいるかのような」セリフを使うという。
・・・
奇妙なことに、契約が取りまとめられる直前になると、中国チームとは連絡が取れなくなる。
・・・
「つまり、中国チームはイスラエル企業の製品を購入する気はなく、商談や交渉を通じて企業機密を集めるスパイだ」「ビジネスモデルや技術情報、顧客情報、企業機密など情報を得たら、消える」と、前出のセキュリティ企業CEOは語る。













.
by tukasa-gumi | 2018-12-28 19:56 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析