ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 23:13
これは凄いですね。 全..
by levin-ae-111 at 19:06
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 21:41
安田さん?顔色が良いし艶..
by levin-ae-111 at 19:28
>levin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 19:09
日本も真剣に考えるべきで..
by levin-ae-111 at 08:57
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:42
可愛いですね(*^▽^*..
by levin-ae-111 at 19:35
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:35
おはようございます。 ..
by levin-ae-111 at 10:23








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2018年 06月 20日 ( 2 )
Top↑
2018 ブダペスト滞在記 #13 / フレイザー レジデンスでの朝食
つづきです。



宿泊している フレイザー レジデンス ブダペスは
嬉しいことに朝食が付いている。








日替わりの生のジュース・トースト・ミルクティ・
スクランブルエッグ・トマト・キュウリ・マヨネーズ・バター
等々

これらをほぼ毎日食しておりました。



んで
食事をしているとダブルのスーツできめた、
マイケル・ケイン似の男性が話しかけてくる。





彼はどうやらここのマネージャーらしく
毎日ほぼ同じ時間帯にホールで食事をとり、
ホールにいる全ての客に対して

「どこから来たのか?」

「何か問題はないか?」

などを含めた会話をするのが常である。




聞けば彼はスイスのバゼール出身とか。
ぉお ワールドワイドなお仕事なのですネっ。










そんないつもの朝食時、
アジア人のいるグループ席の隣に席をとった私は
ひょんなことから彼等と会話が始まりました。




会話の主は女性。

彼女は現在ウィーンに家族で住んでおり、
休暇でブダペストに来ているとのこと。

なるほど、
彼女の夫(異国の方)・男の子と女の子・
年配日本人カップルが席に座っている。


彼女の夫はザッハーのシェフの経験があるとか。

その割には太っていないと失礼なことを言ったら
「お腹はでている」とセスチャーで返してくれました。



そういえば昨日、
夕焼けをベランダで観賞していた時に
私の部屋の上の階の部屋の広々したべランダから
日本語が聞こえていたのは、どうやらこの家族らしい。

(男の子とも目があったような)





6週間の休暇が取れるオーストリアならではの過ごし方らしい。



子供たちは大人になったらオーストリア国籍を
選ぶだろうと言っておりました。

(分かるな、その気持ち)

















そんな
宿泊先の前にあるビールガーデン(たしか)
b0003330_20571474.jpg




と思いきや
b0003330_2058538.jpg





砂場もある  この砂が砂遊びに適している
b0003330_212275.jpg












夜はウルサいかと思いきや実際そうでもない。

(ペアサッシのおかげかも知れません)




ウルサいのは途中から隣に宿泊しているインド人男性3人組である。




ドアを通して伝わってくるダンスミュージックにたまりかね、
フロントにクレームを言ったくらいですから。





ついでに、

ウルサいというのはインド人だけでない。


中国人は一人でもウルサいっ。


ホールで一人テーブルで朝食をとりながら(若い女性です)
大声でスマホの相手と長々会話をしている。


他の人の蔑視も気付かないようである。






追い打ちをかけるように、
オープンエアで朝食をとっている私達に
拡声器を通したかのような中国語が
ひびき覆い被さる。


隣接する一階の部屋の窓が少し開いているのが
その要因でありました。













街を歩けば、

「ウィンドウに飾ってある品に手を触れるな」と
ブダペストで云われたのは一回ではない。








いっちゃぁ何ですが、
彼等の動向を見ているとアジア人に
注意をしたくなるのも理解できます です。







も”ー、
カナダ人みたいに自国の国旗のワッペンでも付けて
歩こうかしらん、






でも前回来た時に、
日本サッカーのユニフォームを着て観光している
中国人男性も見かけたし・・・・







何かいい方法ないかしらん

などと愚痴を言いつつ次回につづきます。















,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-06-20 21:33 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
2018 ブダペスト滞在記 #12 / 列車でセンテンドへ
つづきです。



ブタペスト近郊の街、
センテンドレに列車で行って来ました。




Batthyány tér駅のチケット売り場で
5号線のSzentendreまでの往復チケットを買います。

(片道170円くらい??)



始発の列車に乗り込んだは良いのだけれど、
チケットの刻印の仕方が分からない。


それらしき機械はあるんだけど、
キップを入れてもウンともスンとも言わない。



列車内に座っていた若い女性に聞けば、
何と手動で刻印を押すとのこと。


「お姉サン、ありがと〜」



刻印を無事に押し座っていた私の前、
二人のイタリア人旅行者(会話で判断)も
刻印の仕方にとまどっている。



b0003330_2036426.jpg






スッくと立ち上がり親切にイタリア人に
刻印の仕方をゼスチャーで教える私。


イタリア女性は
「何なのコレ〜」といった感じであきれている。


期待はしていないが「お礼」の一言も無い。


欧米で初めての経験である。





途中、
陽の当たらない席に移動して終点で下車。


b0003330_20445350.jpg









観光バスでやってくる観光客に混じらないように
街を散歩。


お店の人からは韓国語で話しかけられる。






観光に特化した街並です
b0003330_20291380.jpg

b0003330_20275491.jpg




郵便屋さんのマーク(ホルン)
b0003330_20255256.jpg












屋根の修理をしてました 許可もらいました
b0003330_20305548.jpg






こんなお店かいくつか
b0003330_20332936.jpg


b0003330_20343797.jpg








ハンバーガーのシェイクシャック(Shake Shack)が
あったのにはビックリ。

700円位したような。





そうそう、
クリスマスグッズだけのお店もありました。

(昔、日本にもありました です)




平日だったので観光客はとっても少なめ、
これで生活できるのかしらん?

とチョッと心配になった私です。







帰りはドナウ河沿いを少し歩いて駅にもどりました。


ジャズフェスティバル?の準備をしておりましたです。







行きも帰りもキップ切りの小父さんが来るから、
もしかしてチケットを買わずに乗っても
係の方からキップを購入できるかも ?!?












つづく
















,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-06-20 01:33 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析