ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>levin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 19:09
日本も真剣に考えるべきで..
by levin-ae-111 at 08:57
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:42
可愛いですね(*^▽^*..
by levin-ae-111 at 19:35
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:35
おはようございます。 ..
by levin-ae-111 at 10:23
ムー>levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 20:24
台風>> levin-a..
by Tukasa-gumi at 20:19
お説、御尤もです。 世..
by levin-ae-111 at 19:29
最近の情報では、発電用に..
by levin-ae-111 at 19:24








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2018年 05月 31日 ( 3 )
Top↑
マグカップが割れた・・・
そういえば先日、マグカップが割れてしまいました。

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-31 13:38 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
『殺害されたはずのロシア人ジャーナリストが生存』/ スプートニク
このような事柄を 綻び と言うのでしょうか?!


つまり。
表向きには『死亡』している人が他にもいる ってーこと何じゃない?!









キエフで殺害されたはずのロシア人ジャーナリストがウクライナ保安庁内で生存
2018年05月30日

ウクライナ保安庁のヴァシリー・グリツァク長官は、ロシア人ジャーナリストのアルカージー・バブチェンコ氏が生存していることを明らかにした。ウクライナ保安庁は、バブチェンコ氏の殺害計画をリークし、それを未然に防いだと発表している。



バブチェンコ氏自身は、3カ月前、自分の殺害計画があることを知らされ、特別作戦に参加するよう提案されたと話している。バブチェンコ氏いわく、特別作戦は2カ月にわたって練られた。

バブチェンコ氏はロシア人作家で反体制派のジャーナリスト、戦場特派員、編集者として活躍していた。2017年2月、バブチェンコ氏は自分及び家族を名指しで非難されたため、一時的にロシアを離れた。バブチェンコ氏はプラハに住んだ後、イスラエルに移り、2017年8月からキエフに滞在していた。

バブチェンコ氏自身は、3カ月前、自分の殺害計画があることを知らされ、特別作戦に参加するよう提案されたと話している。バブチェンコ氏いわく、特別作戦は2カ月にわたって練られた。

バブチェンコ氏はロシア人作家で反体制派のジャーナリスト、戦場特派員、編集者として活躍していた。2017年2月、バブチェンコ氏は自分及び家族を名指しで非難されたため、一時的にロシアを離れた。バブチェンコ氏はプラハに住んだ後、イスラエルに移り、2017年8月からキエフに滞在していた。











デビッド・ボウィさんは本当に死んだの?! #2 /「死をめぐり残る謎」














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-31 02:14 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『生体認証導入で入場を簡略化=エルミタージュ美術館』/ スプートニク
>「これまで、職員の間で生体認証による管理が行われていた」
とは知りませんでした。



近々中国のディズニーランドもきっと真似をするのでしょう!?







生体認証導入で入場を簡略化=エルミタージュ美術館
2018年05月30日



今後、エルミタージュの訪問者は美術館のチケットを買う必要がなくなる。美術館職員が説明した。




職員によると、総合生体認証システムによって銀行口座を開設する場合、個人データ使用への同意が必要になるが、その後は入場の際、自動的に口座から入場料が引き落とされるようになる。

このシステムにより、エルミタージュ美術館に入るために列に並ぶ必要がなくなる。当美術館ではこれまで、職員の間で生体認証による管理が行われていた。

現在のところ、訪問者用の生体認証システムは試験段階にある。ペテルブルグ国際経済フォーラムが開催された先週、試験的に当システムが導入された。






『中国警官:顔認証スマートグラスで旅行者をスキャン』
/ 人民日報
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-31 01:10 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析