ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2018年 05月 03日 ( 3 )
Top↑
『ゴミ回収中にローマ教皇クレメンス1世の遺骨発見』/  HabariCloud 画像
‘Bone of Pope St Clement’ is found in a London bin
May 1, 2018



b0003330_2241732.jpg















日本語の分かりやすい記事です ↓ 


ゴミの山からローマ教皇の遺骨が発見 英国
2018年05月03日


英国のゴミ収集業者エンヴィロ・ウェイスト社は、ゴミ回収作業の最中にローマ教皇クレメンス1世の遺骨が廃棄されているのを発見。タイムズ紙が報じた。


クレメンス1世は第2代または第3代ローマ教皇で、使徒ペテロを直接知る人物として知られている。その遺骨はOss. S Clementisと明記された特殊なガラス瓶に入れられたまま廃棄されていた。現在、エンヴィロ・ウェイスト社はこの遺骨を捨てた人物を特定しようとしている。

エンヴィロ・ウェイスト社のジェームス・ルビン社長は「社員が見つけた骨がローマ教皇の遺骨だと知って、本当に驚きました。こんなこと私たちの業界でもありえません」と語っている。
オックスフォード大学の歴史学者ダイヤメイド・マカロフ氏の話では、聖人の遺骨を崇める風習は16世紀に流布した。その理由はこの時代に大量の人骨が見つかり、その一部が聖人の遺骨として収拾され、広められたため。

マクロフ氏は、クレメンス1世の遺骨がロンドンにもたらされた時期について、ナポレオンの帝政時代に英国貴族の誰かが観光の土産物屋で買ってきたか、または第1次世界大戦か第2次世界大戦の折に戦利品としてもたらされた可能性があるとふんでいる。

クレメンス1世は正教会でもカトリック教会でも聖人としてあがめられている。クレメンス1世はクリミア半島のケルソネソスで異教徒の拷問に遭い、殉教。没年に関しては97年、99年、101年と説が分かれている。言い伝えではローマ皇帝トラヤヌスの命令で錨を付けられ、海に沈められたとされている。















,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-03 22:05 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
『加州 ペパーダイン大学卒業生への学位授与式』/ 動画
このペリカン君の行動は置いといて、
私が気になったのはこの学位授与式での素足の女性。





b0003330_23392.jpg






カーペットのコーナーに『立ち位置』のマークがある。



どこかの『団体の儀式』みたいです。




ご存知の方、ご教授下さいませ。






しかし群衆の中に降り立つペリカンって・・・?!
『カッタくん』を思い出しました。










Pelicans crash Pepperdine University graduation












,
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-03 02:24 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『TOKYOの謝罪』は日本の縮図でしょ?!
昨日は山口さん関連で『TOKIO』のニュースばかり。



んで、思いました。




江戸時代の五人組、戦時では隣組(となりぐみ)

このシステムが未だ受け継がれているんだなァ って。





ぐーーーーっと、鳥瞰図で考えたところ、



善し悪しは置いといて、
コレって『戦後日本の縮図』何じゃない?!





それで それで、
その一番の要因は周りの傍観者。



謝っているんだから、
バッシングしても良いんだよネっ!?!

って。


















実生活でこのような時、
誰かが「・・でも、私はあなたの味方です」って、
言ってくれる人がいるといないとじゃ、
ぢぇんぢぇん違うんだよネ〜っ。




う”〜ン、
まさに「罪を憎んで、人を憎まず」でょうか。











お互い好意があったら「めでたし メデタシ」、

そりが合わないと・・・



その昔の『ハチの一刺し』とは違うような。




ぁっ、
使われ方が違って来たのですネ、なっとく 納得。

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2018-05-03 02:01 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
アクセス解析