ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:26
面白そうですね(*^▽^..
by levin-ae-111 at 21:35
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 03:24
これは凄いですね(≧▽≦..
by levin-ae-111 at 19:53
>ievin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 03:13
アハハッ、それは凄いです..
by levin-ae-111 at 21:02
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:25
何だか変な画像ですね。 ..
by levin-ae-111 at 20:20
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 23:59
四角い蜘蛛、いや違った雲..
by levin-ae-111 at 20:03








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2017年 03月 24日 ( 3 )
Top↑
どうやら、南極大陸には大きな穴が空いているらしい?!/ 国立極地研究所・JAXA
朝日デジタルの記事に

「南極の海氷、過去最小 温暖化の影響は不明 極地研など発表」
2017年3月24日05時00分

というモノがありました。




でね、
その記事に極地研とJAXA提供のデーター画も
一緒に掲載されているのですが・・・



南極点を中心にポッカリ大きく黒塗りになっております。

(以前、NHkの番組でも北極点が黒くなっておりました)




b0003330_1844537.jpg







このデーター化されない部分、
人工衛星の影の影響 とか言うのでしょうけど、


今時ねェ・・・。




どなたか、
この「黒い円」を解説していただけませんでしょうか?




きっとタワイもないことだと思うののですけど・・・。











【付録】
b0003330_18145396.jpg

1968.11.23に人工衛星エッサ7号が撮影した北極 だそうです















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-24 18:16 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『川内1号機でヨウ素濃度が上昇』/ NHKニュース
メモ。





鹿児島 NEWS WEB

川内1号機でヨウ素濃度が上昇
03月23日 20時02分

川内原子力発電所1号機で、1次冷却水のヨウ素の濃度が通常のおよそ2倍に上昇していることがわかり、九州電力では燃料棒に小さな穴が開きヨウ素が漏れ出した可能性があるとして監視を強化するとしています。
九州電力によりますと、23日午前10時すぎ川内原子力発電所1号機で、原子炉の中を通る1次冷却水のヨウ素の濃度が通常1立方センチあたり0.2ベクレル程度なのに対し、およそ2倍の0.45ベクレルまで上昇していることが測定の結果わかりました。
ヨウ素は燃料棒の中のウランの核分裂反応によって発生する物質で、九州電力では何らかの原因で燃料棒に小さな穴が開きヨウ素が漏れ出した可能性があるとしています。
九州電力は、去年10月から1号機の定期検査を行い燃料集合体の状況も検査していましたが、その際は異常は確認されなかったということです。
今回測定された値は、保安規定で定めている運転停止の制限値6万2000ベクレルを大幅に下回っており、九州電力では、放射性物質が外部に漏れるなど環境への影響もないとしています。
このため九州電力は1号機の運転を継続し、週に3回行っているヨウ素の測定を今後は毎日行うことで監視を強化するとしています。
川内原発1号機は、おととし8月、新しい規制基準のもと全国の原発で初めて再稼働し、去年10月からの定期検査を経て今年1月に営業運転を再開していました。













/
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-24 10:25 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『嗅覚が失われたら近い内に死亡』?/ スプートニク
興味深いです。


聴覚が(死する過程で)
最後まで機能するとは聞いたことがありますが・・・。

(いわゆる互換が、どの順番で衰えて行くか というコトです)







嗅覚が失われたら近いうちに死亡する前兆
2017年03月23日

ストックホルム大学の学者たちが、中高年になって嗅覚が失われたら近いうちに死亡する前兆かもしれないことを明らかにした。

学者たちは10年間にわたって40歳から90歳までの1774人のスウェーデン人を観察調査した。調査の参加者たちは、13種類のさまざまな匂いを識別するテストを受けたた。テレグラフ紙が報じた。

結果、学者たちはテストの出来具合と死につながりがあることを発見した。

調査中に死亡した人々の中には、嗅覚が衰えたと感じる人々が圧倒的に多いことがわかった。

学者たちによると、間違った答え一つにつき、近いうちに死亡する確率が8パーセント高まる。

調査結果は、嗅覚は脳の老化と健康の重要なバロメーターであるという既存の理論が正しいことを確認している。
















[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-24 01:20 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析