人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2016年 07月 01日 ( 4 )
Top↑
ワルシャワ滞在記 #4 /  観た・聴いた
つづきです。



今回の観賞演目は2つ。



バレエとクラシックコンサート。





バレエは、
古代インドが舞台の「ラ・バヤデール(バヤデルカ)」

ローザンヌのコンクールでよく踊られるし、
物語も分かりやすい作品です。



演奏者も見れる良い席でした
b0003330_17101144.jpg




近づきました
b0003330_17122527.jpg





b0003330_1714398.jpg





良い感じでしょ?!
b0003330_17153683.jpg









トイレのドア、左が女性・右が男性です
b0003330_1762438.jpg



Wydarzenie: Koncert symfoniczny 24.06.2016 g. 19:30, 2016-06-24 19:30:00
Sala Koncertowa (Filharmonia Narodowa)

Balkon I, miejsce: 1/38, 65.00 pln








日本人のエビハラ・ユカさんがガムザッティ(姫)役で
出演なさっておりましたァ!!















クラシックはこんな感じ


b0003330_14535691.jpg


b0003330_1502847.jpg







譜面台がとっても立派です
b0003330_1521797.jpg

b0003330_14582977.jpg






ワルシャワ ・ フィルの管楽器の男性、
吹かない時は腕を組んで指揮者を見ておりました。


いくら初心者コンダクターといえども、
観客者からは良い仕草とは思えませんでした。



サックス演奏者とのコラボもあったのいですが・・・、
無理やり組み立てたという印象です。



Wydarzenie: Koncert symfoniczny 24.06.2016 g. 19:30, 2016-06-24 19:30:00
Sala Koncertowa (Filharmonia Narodowa)

Balkon I, miejsce: 1/38, 65.00 pln









そして日曜日にはワジェンキ公園のショパン・コンサート。

ミハイル・カンディンスキー さん(Mikhail Kandinsky)の
コンサートを聴きに行きました。




b0003330_1564787.jpg

(日本のコンペでも有名らしいですロシア人の彼は)




草花と蜜を探しまわる蜂を目の前にし、
日差照りつける中、
地べたにすわっての1時間チョッとでした。




KAWAIの小さめのピアノでした
b0003330_173159.jpg







サインを求められておりました
b0003330_154156.jpg






宴の後・・・・
b0003330_1584285.jpg











結婚式がもようされたようです
b0003330_17342323.jpg











つづく





【付録】
Would you stop if you saw this little girl on the street? | UNICEF





.
by tukasa-gumi | 2016-07-01 20:02 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ワルシャワ滞在記 #3/ ドーハ プライオリティ ラウンジ
つづきです。



ドーハでトランジットは以前にも経験済み。



今回は前もって計画を立てました。






乗り継ぎの時間が行きは、4 時間 25 分、

帰りは、6 時間 10 分 もある。








幸い私にはプライオリティパスという
ラウンジを使用できるカードを持っている。



これを利用しない手は無いっ。





調べれば、
ドーハのラウンジにはシャワー室もある。


これは嬉しい。




。。ということでその報告です。







成田から11 時間 20 分のフライト、
時刻は夜中の2時半、
ドーハの免税店を一周した後にラウンジに行きました。




シャワールームに直行すると
スタッフの人が声をかけて来る。


聞けば二名のスタッフ、
両方ともバングラデシュ出身とか。

(その内の一人は、弟さんが日本に住んでいるそうな)


ドバイなんかに出稼ぎに来ている話しを聞いていたので、
どうやらその流れらしい・・・多分。





ドアを開けると・・・
b0003330_139764.jpg





シャワーが2つあります
b0003330_13112249.jpg



b0003330_13131572.jpg






異国情緒満点の香り漂うボディソープを流した後は
b0003330_1318308.jpg

バスタオルでふきふきしました









トイレは昔の香港みたいに、
蛇口をひねってくれたり手ふきのいタオルをくれたりと
何だか落ち着かない(小市民のわたし)


このお姉さんは35歳でした。
(私の歳を聞いてきましたもので、聞き返しました です)










ラウンジはこんな感じ
b0003330_1326103.jpg

一番奥の角のテーブルを陣取りました




絶対この四角いテーブルに座るべきです、
丸いテーブルは食事をするテーブルではありません。

(USBで受電する人以外)








カトラリーは立派です
b0003330_13334232.jpg




スタッフに頼めばペンネやスパゲティも調理してくれます
b0003330_1337054.jpg




オーダーしないとこんな感じです
b0003330_13394026.jpg









b0003330_13425978.jpg


b0003330_13443549.jpg


b0003330_13471724.jpg





因みにここの使用時間は4時間まで、
延長するには再度チェックインが必要だそうです。




座席が無くて?立って食べている輩も一瞬いましたです。











つづく






しかし中国人の若いお姉チャンは、
マナーが良くないのでしょう!?
















.












.
by tukasa-gumi | 2016-07-01 18:44 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ワルシャワ滞在記 #2 / カタール航空は変わった!?
つづきです。

(愚痴が入ります、悪しからず)




ブダペスト行きの印象が良かったので
今回もカタール航空を利用したのですが・・・


「一度撤退の報道」があったキャリアは質を
落としているらしい・・?!?





まず機材からして前回とは大違い。

成田発・ドーハ発もしかりである。



まぁ今回の搭乗数が35%位で
横になってシートに横たわれる人、
続出ですから・・・

(聞けば、今回の便だけらしい)





ラマダンの時期なのでアルコール類が
少ないのは理解できますが、
その品質は記するほどのモノです。



したがってミールも然り。



今までの人生で最高にマズイ紅茶を
いただきました。

(絶対空になったコーヒーのポットに紅茶を入れている)




食事で事足りる?のならまだ良しといたします。


何しろチケット代が安価ですから。

(エミレーツも同等?!)










一番の問題は日本人のアテンドさん。


思考回路が欧米のソレになっており、
とっても事務的。




日本語の言い回しと米語の話し方、
そしてその所作。





思い出したら、
とっても不愉快になってしまったので
今回は記しませんです。





アデンドさん同士の英会話を聞き分けるくらいの
日本人が搭乗しているのを知っているのでしょうか!?









グアム便で経験したように、
日本キャリアしか利用しない人の気持ちが
スンゴク解った今回のフライトでした。









次回はエミレーツを利用しようと、
心に誓った私でした とさ。

(日系のキャリアかも・・・)










つづく









しかし、
どーして中国の人はトイレのドアを閉めなかったり
流してくれないのでしょう!?!





「機内食カート」に足を挟まれた私でした。












.
by tukasa-gumi | 2016-07-01 12:39 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ワルシャワ滞在記 #1/ マメゾン レジデンス ダイアナ 501号室 室内チェック
ポーランドのワルシャワから帰って参りました。



しばしワルシャワエントリーにお付き合い下さいませ。








今回ネットで予約したのは
マメゾン レジデンス ダイアナのスーペリア スタジオ。






ストリートヴューで見ても、
その行き方がよく分からなかったのですが、
何とか無事に到着いたしました。






黒駁メガネのお兄さんからカードキーを受け取り
「静かな部屋」の501号室へ。




エレベーターを降りると・・ 暗い。


エレベーターを降り数歩進むと
腎管センサーでフロアのライトが付くも・・・薄暗い。


欧州に来たと感じましたです。





カメラが勝手に画像を明るくしてくれました
b0003330_2127831.jpg







b0003330_23161913.jpg







エレベーター横の図、たぶんこの部屋です
b0003330_2374630.jpg







フロアに3室ある内の501号質です
b0003330_2311133.jpg




b0003330_23143048.jpg













入室いたしました
b0003330_2322318.jpg









ドアの厚さはこんな感じ
b0003330_024813.jpg


覗き窓やフロアの見取り図はありません







天窓がとっても明るいです  そして暑いっ!!
b0003330_094341.jpg




b0003330_012850.jpg




b0003330_135775.jpg









入って右手にはテーブルとキッチン
b0003330_016053.jpg




b0003330_122986.jpg









湯沸かし器とトースター
b0003330_23392488.jpg








流しとゆで卵器です
b0003330_0163917.jpg







ステンレスのパンは焦げ付きやすいです
b0003330_23345969.jpg







包丁はいつものように切れません
b0003330_23323898.jpg






キッチンペーパーがありました ダスター持参で正解っ
b0003330_164251.jpg







グリルもできる電子レンジでしたァ!!
b0003330_23371672.jpg









ソファー前のテレビの裏にベッドがあります
b0003330_020119.jpg












まさに屋根裏部屋です
b0003330_1111291.jpg




b0003330_2359146.jpg











はめ殺しの窓の向こうは・・・
b0003330_23544159.jpg









ベッドサイドには変形の戸棚
b0003330_0392380.jpg








充分な広さがあります
b0003330_034629.jpg








ロングドレスも入ります
b0003330_0322292.jpg












その左隣りはバスルームです(右奥はベッドです)
b0003330_030552.jpg




b0003330_23414048.jpg







スタイリッシュです
b0003330_027334.jpg






b0003330_23285455.jpg


b0003330_2327943.jpg







・・・が、お湯が抜けて行きます、シャワー用?!?











ウォシュレットではありませんが・・・
b0003330_0245121.jpg






ブルーレットでした(最初だけ)
b0003330_23243141.jpg









今回はスチームパイプで衣類を乾かしました
b0003330_23444321.jpg












トイレだけの部屋がもう一つありました
b0003330_23193542.jpg


本当はとっても薄暗いです












チョッと分かりにくいかも知れませんがこれで一周いたしました

b0003330_2349142.jpg












つづく














.
by tukasa-gumi | 2016-07-01 00:40 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析