人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2015年 06月 20日 ( 7 )
Top↑
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ
つづきです。



今回もなるべく簡潔に行きたいと思います。








日本で練った計画通りに食材を調達しに街にでました。



『動く国宝』と称されるマンガリッツァ豚を
中央市場にてやっとゲットっ! 値段は日本のデパ地下値段
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_14584349.jpg






備え付けのステンレスのパンで焼きます  胡椒・油なし
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1575330.jpg


ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1456669.jpg


ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1453317.jpg







マンガリッツァ豚のアブラは『脂』でなく『水油』という感じで
口の中でスっと溶けてしまいます。

当然チェコ以上の美味しさです。








サラミは食べきれずに部屋に残して来ました ゴメンナサイ
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1534596.jpg















生のフォアグラ 
これも西駅のレヘル市場でやっと購入  二切れで1,000 Ft 以下でした
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_15263671.jpg









チェリー・アガベ・バルサミコでソースをつくりました
ワインはトカイのフルミント ← とっても気に入りましたです
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_15161266.jpg






小麦粉をまぶして焼いただけなのですが(油無し)・・・

フォアグラの質の高さを思い知りました。














スーパーで黄色い皮のチキンを発見っ 1Kg  999 Ft
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_15365054.jpg



CBAコルソグルメで458グラムで762 Ft
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_15385511.jpg







もも肉は皮から焼くと皮が溶けてしまいましたので
今度は胸肉でトライいたしました
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_15594512.jpg





いい感じです
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1632787.jpg







胸肉はマンガリッツァ鶏と名付けたいくらい美味しかったです。















【付録】


BIOのバターです
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_16223497.jpg




BIOのミルクです      300 Ft 以下でした
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_16342554.jpg




ハンガリー版「インカのめざめ」です
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1631205.jpg





他に
ルッコラ、トマト、ホワイトアスパラ、パプリカ.マッシュルーム
なども購入いたしました。




ミルクが濃くって、
クリームみたいに使用できるのには感動いたしました、
(なにしろフタにヨーグルトみたいに脂肪が固まっている)













CBAで値段につられて買ったの間違いでした  1,500 Ft 以下
ブダペスト滞在記 #5 / お食事編・こんなもん作ったァ_b0003330_1657183.jpg










*後ほど食品画像をアップいたします。








つづく
by tukasa-gumi | 2015-06-20 17:01 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記 #4 / モチーフをまたもや発見っ!
つづき なのですが・・・



今まで通りにエントリーしてたら大変な時間を
とられることに気がつきました。




ということで、少しはしょりながらのエントリーです。



『ミュンヘン滞在記 7 / さすがイルミナティの 総本山』

『プラハ滞在記 #11 / 光と闇の結界都市プラハ 観光編』
同様に
マーチャーシュ教会にもこのモチーフがありました です。




ブダペスト滞在記 #4 / モチーフをまたもや発見っ!_b0003330_1358325.jpg





拡大しました
ブダペスト滞在記 #4 / モチーフをまたもや発見っ!_b0003330_135553100.jpg












こちらは歴史博物館でのメーソンコーナー
ブダペスト滞在記 #4 / モチーフをまたもや発見っ!_b0003330_1411551.jpg




ブダペスト滞在記 #4 / モチーフをまたもや発見っ!_b0003330_1463128.jpg








さすが市長が失踪し後日インタビューで
「地下都市に行っていた」と言っただけの街であります。
(栗本 慎一郎 (著)「光の都市闇の都市」)











つづく
by tukasa-gumi | 2015-06-20 14:22 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック
それでは、
マリオット エグゼクティブ アパートメンツ
651号室の室内チェックです。


ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1292783.jpg




ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1282963.jpg









ドアの厚さはプラハミュンヘンに負けている
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1033209.jpg











だだっ広い部屋です 
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1212160.jpg



ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12141061.jpg



窓際から振り返りました
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12181923.jpg







夜は向かいの部屋がカーテン越しに見えてしまいます
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1355485.jpg








洗面が正面奥に、右手にはバスルームがあります
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12204792.jpg










いつものマリオットデザインですが重厚さに欠けます
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12372981.jpg




ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12395552.jpg




座ることの無かった椅子です
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_13114750.jpg




ディスカバリーチャンネルが映らないTVでした
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1245463.jpg





カーペットは好感が持てました
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12511877.jpg





クローゼットのデザインがすてきです
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1224818.jpg


ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_10363428.jpg






食事に重宝したイス(4脚)と丸いテーブル(撮り忘れ)
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_13225822.jpg






バスルームです 

カーテンがちょっと臭い・・・
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_1314765.jpg




ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_13165093.jpg




身長2メートル対応のバスタブでした
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_13184187.jpg











キッチンです

ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12265243.jpg



ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12285032.jpg



ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12344559.jpg


包丁は全く役にたちませでしたので研ぎ直しました
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12301850.jpg





小さめの冷蔵庫です
ブダペスト滞在記  #3 / マリオット エグゼクティブ 室内チェック_b0003330_12331696.jpg









部屋の印象としては、

良く言えば 「とっても広い」

悪く言えば 「だだっ広い」





洗面スペースがバスルームではなくベッドルームにあるので
普段のホテルの勝手とちがい動線がスムーズでない


備品も他のマリオットと比べると安っぽい


壁が薄いせいで廊下の声がバスルームで聞けちゃう





カーテンレールは外れているし、
ペンやティッシュカバーが無い部屋も初めて・・・。


ワイングラスがあるのは嬉しいのですが、
他のカトラリーに不備が多すぎる。


食器洗い機の洗剤が無いとか包丁が全く切れないとか・・・
 
一番笑ったのは、
お皿の底が斗出しているのでクルクルとコマのように回ったこと。







とは言え、
一泊の値段を考えると文句は言えませんです。






つづく
by tukasa-gumi | 2015-06-20 13:37 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記 #2 / マリオット エグゼクティブ アパートメンツへ移動
つづきです。





空港から入国審査はスムーズに完了。



市内行きのバスに乗り込み
地下鉄3号線 (M3の始発)に乗り換え
フェレンチエーク テレで降りる。

(確かチケット2枚で510フォリント
 うれしいことに駅にはリフトが有る)



ブダペスト滞在記 #2 /  マリオット エグゼクティブ アパートメンツへ移動_b0003330_10101393.jpg



ブダペスト滞在記 #2 /  マリオット エグゼクティブ アパートメンツへ移動_b0003330_1075899.jpg







ここからは
ストリートビューで事前にチェッウしたとおりに道を進む。





チェックイン は16:00 時〜 と聞いていたのですが
荷物だけでも置こうとチェックすると
何と入室オッケーと云う、まだ13時である。





今回もプラハの時と同様に一番奥の部屋でした。

ブダペスト滞在記 #2 /  マリオット エグゼクティブ アパートメンツへ移動_b0003330_1033282.jpg



ブダペスト滞在記 #2 /  マリオット エグゼクティブ アパートメンツへ移動_b0003330_10184611.jpg





次回は、
マリオット エグゼクティブ アパートメンツ651号室の室内チェックです。
by tukasa-gumi | 2015-06-20 12:05 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ


つづきです。




今回のブダペスト行きにはカタール航空を
初めて利用させていただきました。



ドーハまでの機材はボーイング787、
これがなかなかのモノ。




座席はやや広めのピッチで
シェードがない窓や
上下に動くヘッドレスト
そして大きめの画面で映画等が見れます。



またトイレはセンサー付きの蛇口、ズームミラー、
全身が映る姿見の鏡があり重宝いたします。


ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_21262460.jpg
ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_11525468.jpg
ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_11561286.jpg


そして
機内食はびっくりするくらいカテゴリー分けされており、
(フルータリアンから糖尿病の方までオッケーっ!)


エコノミーでもシャンパーニュが提供されましたっ!!
(それもスパークリングではなく
 ノーベル賞晩餐会で振れるJACQUART(ジャカール)でした!)



カトラリーもプラスティックではなくステンレス製。
バターはPRESIDENTやMILRAM、カタールのミールが上位にランクされるのが
良〜く理解できました。
(エコノミーでこれですからねっ)





個人的にとっても残念だったのは冷気の吹き出し口が無いこと。
暑がりやの私にとってこの環境での10時間半のフライトはチョと辛い。

かくして途中で薄手のシルクのパンツに履き替えましたです。





JALとのコードシェアだったのですが
カタール便のチケットの私は
預け入れ荷物の制限はなんと30キロ!


ワインを買い込んだ私にはとっても嬉しい
30キロ制限でした。













途中、窓から銀色に光るらUFOを発見っ!!



それも2機。




一機は右から左に移動しており
もう一機は窓から見る限りは移動していない。


私が隣の日本語ペラペラの米国人男性に「UFOっ!?」というと
その米国カメラマン男性が早速ズームカメラでUFOを撮り
カメラの画面で見せてくれました、

その画面には赤い尾翼が写っておりました。







なるほど〜 と思い尚も注視していると
その光る物体がどんどん近づいて来る。







たしかに赤い尾翼が判別できる。









しかし、
どんどん近づいている、









さらに近づく。



ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_1342969.jpg






おいおい大丈夫かァ?!


というくらいにその距離は短くなる。


これってニアミスなんじゃない!?!



とっても不安になる。




だって黙視で距離400メートル。



相手機のジェットエンジンなどがはっきり確認できちゃう。






こんな感じ (シャッターチャンスを逃したので合成です)
ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_0221647.jpg










飛行機は私にお腹を見せながら窓の視界から消えたのですが、
あんなに間近に飛行機の下腹部を見たのは初めて ってーくらい近い。





あれ絶対ニアミスだと思うな、わたし。





そんなこんなで無事ドーハに到着。


着陸態勢に入った飛行機の窓からは
茶色い乾いた陸地が広がっておりました。












ドーハでは沖止めでの1時間半ほどのトランジット。


他の方のブログでの乗り換え時の写真の風景とは
異なっていたので一瞬とまどったのですが、
その道のりはいたって分かりやすかったので問題ナシ。




エアバスの機材は吹き出し口があったので
冷気を感じながらの移動でストレスが軽減。


たとえピッチが短くとも5時間くらいは我慢できる。


『ゼロ・グラビティ/ Gravity』と『シンデレラ』

















帰りの機内で観た「インターステラー」 

これスゴかったです。


何しろ20世紀の嘘としてアポロ計画が
教科書で教えられているという場面から始まるのですから。






量子力学・愛・5次元・未来の自分 等々
正統派スピ系の映画といった感じで
『2001年宇宙の旅』の『マトリックス』版?です。











おっと忘れておりました「アナと雪の女王」も鑑賞。



びっくりするくらいのウワサ通りの心理的サブリミナル映画でした。


男性の洗脳が行き渡った後は、女性の解放ということなのでしょうか!?!


今から10年後が楽しみです !!!!?!!!!!







『「アナと雪の女王」と「思い出のマーニー 」 / 似た者同士?』



『「ゲームの中でも同性婚したい」 任天堂に改良訴え』/ 報道














羽田空港がオストメイト対応トイレ(汚物流しシャワー型)と
介護手すりがすべて?の個室についていたのにはビックリいたしました。

偉いっ!!!




ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_21245858.jpg





ブダペスト滞在記  #1 / カタール航空にてブダペストへ_b0003330_21253273.jpg


More
by tukasa-gumi | 2015-06-20 08:41 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記  プレリュード / TSAロック

出発前日のことでございます。



いつものように出発直前まで荷造りをしている私がいました。




手荷物をピックアップしてくるれ時間が迫り
いざパッキング終了、
ソウルで購入したフレームタイプのラゲージの鍵をかけて終了っ!



とキーをロックしたのは良いんだけど・・・・





あれ〜 ?????




いくらダイヤルを回してもロックできない。




はて ????







そういえば以前グアムで
中身を調べられたことがあったことを思い出す。





ということは、
新たにロックナンバーを設定し直せばいいのネっ!?



と考えましてPCにて検索するも
なかなか私のTSAロックがヒットしない。






ようやく見つけた時は、ピックアップ時間の45分前。



説明とおり鍵の裏側をピンで押したりするのですが
ぢぇんぢぇん動いてくれない。


こりゃアカンと頭を切り替えて部屋の奥から
以前使用していた少し小さめのラゲージを出して来て
その中身をベッドの上に産卵させ壊れているバッグの
中身と入れ替える・・・のですが、
バッグの大きさの違いでギュウギュウにつめて何とか入ったと
思ったらこんどはケースが閉まらない。



こんなことをしている最中にも、
時は刻々と集配業者さんが到着する時間に迫って行く。




焦るっ、やり直し。





パッキングのレイアウトを変え
トランクのフタに上から乗ってようやく鍵かけ成功っ!



とその時、♪ピンポ〜ンと集配屋さんがチャイムを鳴らす。


何と言うタイミングっ!




インターホンにも出ずに、
ラゲージを抱えてドアを開け無事荷物を手渡した私は
うっすら汗をかいていたのでありました。










??????






しかし、
以前のグアムの時からTSAロックは壊れていたならば
その後の旅行は鍵がかからない状態で旅行をこなしたことになる。


幸いTSAロックベルトを最後にしているので
何とか事なきを得ていた という事になります。




本人はしっかり鍵をロックしベルトもして
二重にブロックしたつもりになっていたのですが・・・

いや〜っ、知らないというは強いですねェ〜っ!!










でもって、
空港で専門家に問いましたところ
TSA職員にTSA鍵を差し込んでもらいリセット
してもらうしかない とのことでした。


サムソナイトに持ち込んで鍵の交換という
方法があるらしいのですが、
その労力と金額を考え合わせますと
私のバッグは永遠に鍵がかからない という事です。

(なしにろ鍵は取り寄せですし・・・)







18,000円の元は取ってたつもりなのですが、
円安とフレームタイプのロック式という事を考えますと
ショックを隠しきれません、あたくし。









TSAロックのキーは001番から011番位まであるそうで、
全ての番号の鍵をTSA職員が持っていいるとは限らないそうです。

(何じゃそりゃ!?! ですっ!!)











つづく
by tukasa-gumi | 2015-06-20 02:20 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ブダペスト滞在記  / プレリュード
とっても早めの夏休みを頂きまして
ハンガリーの首都ブダベストに行ってまいりました。


しばしブダベスト関連のエントリーが続きますが
よろしくお付き合いくださいませ。


(取り急ぎ文章をアップし、後ほど画像を貼付ける予定です)







ブダベスト旅行のメインは食事と音楽鑑賞とし、
シーズンオフ中のクラシック音楽と
食べられる国宝 マンガリッツァ豚とフォアグラ三昧という
計画を立てたしだいです。


そして時間の都合がついたら
ワイン地域エゲルと温泉でのんびり・・・
そんな考えでした。

(なにしろ夜のコンサートが3日もありますから)





それでは怒濤?のエントリーをお楽しみください。










*結果
ロンドンミュンヘンプラハ → ブダベストと
夏休みの旅行がどんどん物価の安い場所になっているのと、
東へ東へと移動していることで少しは欧州という地域が
分かったような気がいたしました。
by tukasa-gumi | 2015-06-20 01:51 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析