人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2011年 09月 20日 ( 1 )
Top↑
バイオリンレッスン #207 / 続々・ファースト?セカンド?サード?
行って来たような気がします。



今回も
「協奏曲第2番 第3楽章 / ザイツ」です。




前回のレッスンでポジション移動を
先生にチェックしてもらった私なのですが・・・。



先生のフィンガリング(って言うんですって)を
よ〜く見ていると・・・違う、





私のポジションとは違った場所で弾いている。





私は移弦しやすいように D線 → A線 と
サードポジションで移動しているのだが
先生は A線(1st. → 3nd.) → D線 と移動している。
(48小節〜)


さっそく先生に問うてみますと
同じ弦で移動して弾いて方が音が良いので
そうしているという。


先生がその違いが弾き比べてみせてくれる。




なるほど、
先生のおっしゃる通りで、同じ弦で
ポジション移動して弾いた方が音がキレイである。



またもや 深読みのしすぎ でした、私。





前回の先生のアドバイス



・もう少し胸を張って全弓を使って弾きましょう

を弓先から弾いていると

「もう少し真ん中で弾きはじめたら?」
とさらなるアドバイス。




くぅ”ーっ    よっぽど音がひどかったらしい。





家でミュートを付けて弾いているときは
さほど気にならなかった音程なのですが、
教室で鳴らすその音は先生はもちろん
私の驚くほど音がずれている。



こうも違うと
家での練習は何だったのォ?!?

と自己嫌悪になってしまう。


(とくにポジション移動そした時 ねっ)



全く困ったものである。

(辛い・・・)




こんなに凹んだところででタイムアップ。





さらなる 音程取り を心に誓い
教室を後にしたわたしでありました とさ。




注)登場する 人物・名称等は架空の産物であり
アップした記事内容はフィクションであることをここに記します。





さらに【警告】


関東地方でバイオリンの先生をしている人は、
このエントリーを読んではいけません。

読むといずれ死にます(キッパリ)。



そして、このブログの存在を教えてもいけません。

教えた人もいずれ必ず死にます(キッパリ)。
by Tukasa-gumi | 2011-09-20 22:04 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析