人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 19:49
お久しぶりです(^^)/..
by levin-ae-111 at 11:53
鍵コメさま タイト..
by tukasa-gumi at 20:32
>エスミンさん 初めま..
by tukasa-gumi at 23:27








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2011年 05月 24日 ( 3 )
Top↑
グアム滞在記 #9 / お月様のビームで月光浴
つづき です







夜な夜なベランダにて月光浴をいたしました。



b0003330_1232173.jpg

  雲がかかっちゃいましたけど・・・  何か 眼 みたいでしょ?!





これがスゴイっ!



滞在中はちょうど満月の前後だったのですが
あんなに四方八方からお月様のビームが
発射されているのを見たのは初めてでした。

(空気がきれいなのその理由でしょうけどネっ)



何しろビームがこっち(私)向かって来て
眩しいくらい。



知人なんかは、
「エネルギーが伝わり身体が
 ポカポカするのが分かる」

などと言っておりました。







雲も雲でとっても日本で見るそれとは
比べ物にならないくらいの立体感と
遠近感のある雲でした。

(前にある雲と後ろにある雲の距離感が
 よ〜く判るのですよ)





グアムで一番の思い出です、ハイっ。






あと グアムでも揺れを感じたのでビックリ。

現地の人に聞いたら地震あるんですって、グアム。






毎日TVで「マトリックス3部作」を英語で放送していたので
チョコチョコ見ていたのですが

この主人公達って
 「戦っているんだけど何かを守っている訳ではない」

だなぁ〜  ・・・って感じたしだいです。

(内容に詳しい方がおられましたご教授くださいませ)













グアム エントリー, 次回で最後かな・・・?
by Tukasa-gumi | 2011-05-24 20:56 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
『被曝医師・肥田舜太郎さんが語る『真実の原子力』』 動画
「原発の、から漏れてくる、放射線も、
 原子爆弾でみんなが浴びる放射線も、
 放射線はおんなじものなのです。」

と語っております。












肥田 舜太郎(ひだ・しゅんたろう)
1917 年広島生まれ。1944年陸軍軍医学校を卒業、
軍医少尉として広島陸軍病院に赴任。1945年広島にて被爆。
被爆者救援にあたる。

全日本民医連理事、埼玉民医連会長などを歴任。
現在、全日本民医連顧問、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長。
自身の被爆体験を原点に、被爆者治療と核廃絶運動に関わり続け、
今もなお各地での精力的な講演活動は続いている。

著書 『広島の消えた日―被爆軍医の証言』、
『内部被曝の脅威 ちくま新書(541)』など。
by Tukasa-gumi | 2011-05-24 20:29 | 宣伝 | Comments(0)
Top↑
『専門家が再測定 東京・葛飾区の放射線量は政府発表の5倍』/ 全文
以下6月2日号の『女性セブン』の見出しと全文です。









b0003330_1234449.jpg




以下 女性セブン2011年6月2日号 全文






     ーーーーーーーーーーーーーーー

『専門家が再測定 東京・葛飾区の放射線量は政府発表の5倍』
2011.05.20 16:00

4月19日、文部科学省によって、校舎・校庭を利用する際の
放射線量の暫定目安「年間20ミリシーベルト」が定められた。
これに対し、「日本医師会」は5月12日、
「子供に対し、国の対応はより慎重であるべきだ」として、
その数値の引き下げ、つまり基準をより厳しくするよう
求める見解を発表した。

そもそも文科省の基準は、
国際放射線防護委員会(ICRP)が3月21日に出した
「今回のような非常事態が収束した後の参考レベルとして、
1~20ミリシーベルト/年の範囲で考えることも可能」
という声明に基づいたものだが、文科省は1~20のうち、
その最大値をとっている。

では、20ミリシーベルトと1ミリシーベルト。
この2つの値には一体、どれくらいの違いがあるのだろうか。
あくまで単純な計算だが、1日24時間屋外にいると仮定した場合、
年間20ミリシーベルトは1時間あたりに換算すると、
2.283マイクロシーベルトとなる。
一方、年間1ミリシーベルトは1時間あたり
0.114マイクロシーベルトとなる計算だ。

1時間あたりの全国各地の放射線量は連日、
文科省が発表し、新聞にも毎日掲載されている。
1時間あたり、2.283マイクロシーベルト以上となると、
原発周辺の地域のみだが、0.114となると、
つくばや日光も含まれてしまう(5月15日測定分)。

また、東京都内では新宿の数値が発表され、
0.0632となっている(同)。
0.114以下なので安心かと思いきや、
実は発表されている数値にはとんでもない“誤差”があった。
近畿大学原子力研究所講師・若林源一郎氏が話す。

「文科省が発表しているのは、各地の測定所から
送られてくる数値を集めたもの。
測定する場所に決まりはないので、
測定器が公共施設や研究施設の屋上に
とりつけられているところもあります」

地上から10m以上だったり、場所によっては、
20m近い位置での測定値ということもあるという。

「事故発生から2か月以上。
大気中に放出された放射性物質はほとんどが地表に降下しているので、
地表近くでの測定値は、建物の屋上で測定されたものより
高い数値を示すことがあります」(若林氏)
若林氏は放射線や原子力教育の関係者を有志で募り、
全国の放射線量モニタリングを行った。

測定位置を地上から100cmに統一して計測したところ、
ほとんどの地域で文科省のデータより高い測定値が出た。
5月10日に文科省が測定した東京(新宿区)の値0.0662に対し、
若林氏らのチームが測定した値は0.124と約2倍。
さらに同じ東京都内でも葛飾区では0.359という
5倍にも相当する値が出た。

先に計算した年間1ミリシーベルト=1時間
0.114マイクロシーベルトを基準と考えた場合、
原発から200km以上離れた都内でも、
葛飾区や新宿区、文京区、渋谷区では子供にとって
警戒が必要な数値となってしまう。
他にも関東地区では千葉県柏市や茨城県水戸市、
ひたちなか市、つくば市などが0.114を超えている。


        ーーーーーーーーーーーーーーーー
by Tukasa-gumi | 2011-05-24 19:52 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析