人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2010年 10月 17日 ( 1 )
Top↑
バイオリンレッスン#188 / アコード登場っ!
行って来たような気がします。



今回は「ブーレ / バッハ」です。


これ見たことがない音符が記されまして

はて? と思ったのですが
まぁ バイオリンで3つの音は同時に弾けないので
低い音から順番にすばやく弾くのだろうと思い
勝ってに練習しておりました。


b0003330_058628.jpg

        ピアノの楽譜だとこんな感じ



でもって先生の前でお披露目・・・。



どうやら私の解釈が間違っていたようで
二弦づつ、二回にわたって
♫ジャン ♫ジャァ〜ンと弾くとのこと。

アコードと言うらしい。

(説明:『Accord』とはフランス語で「和音・調和」を意味する)



最初はどうも先生の説明が理解できませんでした。


音符が3っしか書いてないのに4っの音を奏でる
というのを 聞き間違え かしらん????

と思ったのです。



(?! 厳密に言えばやっぱり3っの音を続けて弾いているのかなァ)




・・・でもって「練習ですのでゆっくり弾いて下さい」と
云われるのですが・・・・

二つの弦を同時にゆっくり全弓をつかって鳴らすのは
とっても難しい・・・特にアップが。


(??? 以前のレッスンで教わったような・・・?!)



変に力を入れずに弓の重さで弾けば良いらしい・・
というのが分かってレッスンはタイムアップ。









・・・その後、家でアコードの練習を試行錯誤。


ふと 短く・力強く弾くと

アラアラ 簡単に和音がでる。



これでコツをつかんで練習すると
 弦に弓の重さを乗っける と良いということが判明する。




いや 思いましたネーっ。



最初からゆっくりはこりゃァ 難しい・無理だワ 私には。


最初から完全な完成形を求めるのではなく
1/10 で良いからコレが出来たら次はコレ って

そして これをする為に今この練習をしています
と相手に知らせながらコツを教える

という練習の方法がわたしには合っているんだ ってーのが

良ーくわかりました。


(これストレッチや全身運動なんかで
 他人に教える時に私がよく使う方法です)





何でこんなことを思ったかというと

どうやら私の練習の仕方は他の人とチョッと違うらしい・・から。



音符を読むのが苦手なわたしは最初に、
耳と身体で練習曲を覚えるのだけど

どうやらコレは希有なとっても効率が悪い
マスターの仕方らしいんだなー・・・。





とまぁ あんなこんなで自主練習が続く
私でありました とさ。









注)登場する 人物・名称等は架空の産物であり
アップした記事内容はフィクションであることをここに記します。
by Tukasa-gumi | 2010-10-17 01:16 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析