人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
2010年 06月 28日 ( 3 )
Top↑
信じる者は救われる?!? / ? いんなートリップ ? 
さてさて月曜日は運動の日 ということで
本日はフラフープとバスケットのシュートの練習。



後半時間が空いたので
久々に鏡に映った自分の姿を見ながら
両手で顔を覆って指の隙間から鏡の自分を見ながら
眼の前にある指を消してゆく作業を行ったり
気のボールを作って遊んでいると。

(興味のない方はスルーして下さい)


しばらくすると目の前の指が消え
鏡の自分が見えてる。



・・・『繋がった』 判かったので
両手で蓮のつぼみの形を作り
指を少しづつ開いてロータスの形にする。




?!?・・・


しばらくそんなんで遊んでいると


内なる? 声が聞こえて

問答が始まる・・。




「お前はだれ?」



「誰でもない」



 ・・・・・問いを変えて質問する。



「お前は何者?」


「何者でもない」


 ・・・・・


この答えには困ったので




「二人は一緒?」

 と問うと直ぐに


「そう」  と返事が来る。


「それは良いことだね」 と私。


「そうだ」と直ぐに返事が来る。



こりゃぁ 質問のチャンスだぁ と
想いめぐらすも質問が浮かんでこない・・・。



周りの視線が気になったので
そこで一時中断。

(何しろ怪しげな 格好 してますから、傍目には)



その後声とは

繋がらななったので止めて
何となくバスケットボールを手に取る。





すると

「投げてごらん」

と言われたような気がしたので
10メートルほどの距離から

シュートっ!





アラアラ 

不思議なことに スポっ と何の
摩擦もないかのごとく奇跡のシュートっ!




その後シュートを繰り返すも
やはり普段通り入らず・・・。





ぁぁ コレって スプーン曲げ と同じだなぁ
と思った本日でありました とさ。




たまには内なる声を聞くのも良いかもしれませんネーっ !?!?????
by Tukasa-gumi | 2010-06-28 23:19 | インナートーク | Comments(2)
Top↑
食べ物さんアリガトー日記  / 福建風?あんかけチャーハン
東京地方、
今日という日は何だったのでしょう!?


太陽サンサン・
雷ゴロゴロ・
雨はパラパラ

おまけに湿度で
肌はベトベト。


さすが世界のすべての気候が体験できる と
云われている日本でゴザイマス。




そんな月曜日は毎週運動の日、
帰りも遅くお腹はペコペコ、

そしてのどはカラカラ。



短時間で調理できる物といったら

チャーハンっ!!


しかし
あまりにも喉が渇いているので
唾液が出にくく飲み込めないのが常、

そんな私には福建風がよろしいかと思い
茄子のあんかけショウガ炒めを
サイドにトッピングしていただきました。

(面倒くさかったので大根おろしもあんに投入っ)



白金(プラチナ)チャーハン / 福建風




チャーハンのこつは、前出なので今回はパス。



ナスでしょうがを使いましたので
炒飯にしょうがを使用せずニラを刻んで、どばーッと入れましたです。



具はエビ・・・。



ついでに
豚ロース(もちろん脂身除去)の味噌付け(自家製冷凍物)を
キャベツと炒めてこれまたサイドにトッピング。


(基本的に 肉類の脂身 は鶏でも豚でも除去して食します。

 鶏はローストチキン以外皮をはがしますし、
 豚ひき肉は一回茹でて脂を落します、私)



すべて油物でカロリー高そうですが
1キロ以上体重を落として帰って来るわけですから
これで相殺?(おあいこ)です。


(急ぎの調理はついつい 炒め物 になってしまいますネっ)








本日も、
食べ物さんアリガトーっ ございましたぁ!
by Tukasa-gumi | 2010-06-28 22:53 | 食べ物さん | Comments(2)
Top↑
食べ物さんアリガトー日記  / カレーライス
本日は朝からカレーの気分。

(この蒸し暑さです、
カレーでも食べて良い汗かかないと)



カレーこそは各家庭の味がありますでしょうから
どうのこうの申し上げません・・・が


唯一、あたくしが昔から守っていることがゴザイマス。




それはタマネギをいっぱい使うこと。


その昔、荻昌弘さんの本にどうしてもカレーが
上手く作れず ナイルレストラン の店主に問うと

「タマネギの量が少なすぎる」との返答された。


こんあ内容の記述がございました。



(荻昌弘さんの本からは私はディ・チェコを教わりましたです)
 



現在もその タマネギの量 は忠実に守っております、わたくし。




まぁ日本製のルーの完成度はすばらしいですから
箱の『作り方』通りに調理すればぶなんに美味しく作れます。



(ちなみに私は「牛由来成分」が
 入っていないルーを使用しております

 !?! ・・・・しかし 塩分 多いですこのルー)








冷めたご飯にカレーが合うと感じるのは私だけでしょうか?





本日も、食べ物さんアリガトーっ 





*ご飯の炊き方はコチラ ↓
        ご飯の炊き方 / あたくし流
by Tukasa-gumi | 2010-06-28 01:39 | 食べ物さん | Comments(2)
Top↑
アクセス解析