人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2007年 10月 14日 ( 2 )
Top↑
「不都合な真実」 (書籍版) /  この写真は何だかナ〜っ・・
今話題の?アル・ゴアさんの「不都合な真実」を
パラパラとめくっておりますと・・・

見覚えのある写真が見開きで載っておりました。
( P218 〜 P219 )
b0003330_17112569.jpg



キャプションを読むと
『人口増加の大部分は、世界の貧困のほとんどが
集中している発展途上国で生じている』



・・・でもって この写真
『東京都新宿区1996年』となっております・・・。


なんか 違和感かんじるな〜っ・・・。



さらにページをめくると・・・・
発電所の排気口?の写真がドーンと載っております。
( P246 〜 P247 )


b0003330_1711272.jpg



文章はこう記されております。

『実際、この写真に示されているように、
私たちが手にしている新技術の中には、
人間としての身の丈をはるかに超えるものがある。』


あたくしてっきり原子力発電所のものと思って
写真を良ーく見ますと・・・

『石炭火力発電所 イギリス・フェリーブリッジ』

と書いてあります。



まったく 何だかナ〜っ でありました。



* ブログ内の画像は 修正しております



こちらもドーゾ
by Tukasa-gumi | 2007-10-14 17:12 | 図書 | Comments(4)
Top↑
ポークチョプ with オーガニックワイン(初体験っ!1)
昨日の半額大王はポークチョプをゲットっ。

早速調理に取りかかりました。

まず筋切りをして軽く肉をを叩いておきます。
(肉が縮むのを防ぐため・
ショウガを使わないのでこれで肉を柔らかくます)

ここで普通なら肉汁が出ないようにソテーをして
肉に壁を作るのですが、今回はナシ。

知人からいただいたジャマイカ産シーズニングを
うすーく(これポイント)スリスリします。

b0003330_1430674.jpg


馴染んだかな〜っ という段階で
(20分位でオッケーです)

低温のオーブンでじっくり焼きます。
(チョップだけではもったいないので
ジャガイモ(北海道産の「とうや」)も一緒に入れましたーっ)

といっても120度30分くらいなのですけど・・・。
(家のオーブン120度以下の設定にならないのです)

ほら ジャガイモ(野菜全般)もゆっくり火を通すと
うま味が増すではないですか、それを見習っております私。



最後に軽〜く塩をふり、グリルで薄っすら焦げ目をつけます。
(見た目 おいしそうに見えますので)


これを 大磯の新婚さんからの本日届いた
オーガニックワインと共にいただきました。
(セラーに寝かせないのが 頂き物 のルールです)

久しぶりに 完成品 が出来上がりましたっ!
(そうとう 美味しかった ですっ! 自画自賛っ!!)


ーオーガニックワインー
最近酒屋さんでもいくつかのボトルを目にするようになりました。
(これからの ワインの行き着く場所 とも云われております)

試してみようかと思い店員さんに 話し を聞くのですが、
なかなか 良い返事 が返って来たことがありません。
(あたくしの嗜好・値段の比較対象が問題かもしれません)

こんなことで今回が 初体験 ですオーガニックワイン。


このワイン2005年物のシラー主体の赤です。

b0003330_14314364.jpg


アルコール分12,5%とチョッと高め、
色は結構若い色をしており香りは優しい香りです。
(樽香は感じられません)


口に含むと微炭酸が舌を刺激いたします
そしてタンニンを感じさせるそれは
飲み頃はまだまだ早いよーっ と云っているようで

アルコールの高さを感じさせず スーっと喉に入っていく
ナチュラルさを感じました。
(昔?の人はこんなワインを飲んでいたんだろなーっ
という感じです)

ワインを空ける頃にやっと香りが開いて来ましたが時すでに遅し。
(飲むのが早いせいか このパターン多々あります、私)


良くも悪くも今まで嗜んでいたワインとは異なる

悪くいえば バラバラで未完成・・・
良くいえば 新鮮な、ブドウに近いワインでした。

このへんは今までの 慣習 のなせるワザなので
なんとも言えませんです。

そして気のせいか
酔いが早く酔い方も家のハウスワインとは異なりました。


やっぱりもう少し 寝かせれば 良かったかなーと
思ったしだいです・・・。


まぁ ワインに限ったことではありませんが
一回試したくらいでは 何〜んにも分からないでしょうから
率先して試さなければいけませんねーっ。



以上、昨夜の夕食でありました。


本日も 食べ物さん ごちそうさまでしたーっ!
by Tukasa-gumi | 2007-10-14 14:19 | 食べ物さん | Comments(4)
Top↑
アクセス解析