人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2006年 05月 20日 ( 2 )
Top↑
『ヒーリング』『スパ』『マッサージ 』/ 日本語訳は??
夏休みの旅行で雑誌を見ておりましたら・・・

ヒーリング なる言葉が多数見受けられました。

この ヒーリング 訳すと 治療 となります。


・・・わたくし考えますに ヒーリング なるもの

人から施されるものではなく

自分から人(物)へ 施す ことのように思います・・・。
(・・・ややこしい)

たとえば おはよう ありがとう 等々

いたる所で ヒーリング 実行できるような気がいたします。


あっ 自分とその本質にも自分自身で 実行 してあげて下さい。
(みんな知っているか・・・)

失礼いたしました。


ちなみに

『マッサージ 』[massage]<
手または器具で、体をもんだりさすったりたたいたりして行う治療法。血行をよくし、筋肉や神経の機能を回復し、緊張をほぐして疲労をとる。保健・美容の目的でも行われる。


『ヒーリング』 [healing]<  
治療。回復

『スパ』spa 
1 鉱泉,温泉.
2 鉱泉[温泉]の出る保養地.
3 (体育設備やサウナなどを備えた)保養所,ヘルスセンター.
ベルギーの鉱泉で有名な保養地名から


*下に画像を張ろうと思ったのですが・・・
ウソっぽいのしか見当たらないので今回はパスいたしました。
by Tukasa-gumi | 2006-05-20 01:13 | へえ〜〜っ ? | Comments(2)
Top↑
『稼ぐが勝ち』 / 深読みのしすぎ??
遅ればせながら ホリエモンさん の本を図書館で
見つけたので早速読んでみました。

肝心なことはやはり記されておりませんでしたが思った以上に
素直な資本主義に対して真っ当な(?)対処法が記されておりました。

多くの方は お金がすべてだ との記載が引っかかるようですが
資本主義のに現実に身を投じていついる筆者には お金 を
基準にした 方程式 が論じやすく

今まで搾取してきた旧体制の仮面を剥がし 
これからは新体制(若者と新しいシステム)の社会であるとの説明に
 お金 という媒体が一番社会的に理解・説明しやすいのことでしょう。
(お金を 女性 になぞらえて、その寄せ方を説明しております)

 

後は 預金者は銀行にお金を貸している とか
現行の通信体制は とっくに時代遅れだ とか

庶民に認識されたら困る人たちたくさんいるでしょうから・・・。
(多くの マネー本 はこの話をはしょって
バランスシートの話から始めております)

彼は単に 資本主義 に則った現実の正攻法を説いている
いるだけでお金がすべてとはとは云っていないような気がいたします。

夢を叶えるには(現実的に)チャップリンではないけれど多少(?)の
お金が必要だ・・・と云っているような気がいたします・・・。


 夢がない 今の若い人達に 夢 がないのは お年寄り のせいで
夢がないと 経済も自分も 失速してゆくということでしょう。

お金が嫌いな(?) 精神 の人達も お金 をワクワク・夢・聖なるもの
と置き換えて読んでみるとその辺の 自己啓発本 とかわりが
ないのが分かると思います(???)

自分が満たされているの実感してから他の人々に 
余力をわけるのも一つの方法でしょう・・・いかが??

お金のある人は お金を

心のある人は 心を

知識のある人は 知識を

経験のある人は 経験を



b0003330_0323669.jpg

by Tukasa-gumi | 2006-05-20 00:33 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析