人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 一句 『変えてみて 善し悪しわ... < > 欲しい ” 新・ 江戸しぐさ ... >>
                            
バイオリンレッスン#79 / やっとつかんだテンポ
行って来たような気がいたします。


今回もゴセックのガヴットです。



前回のレッスンから1週間練習したのでありますが・・・

最後の方の小節になると、ど〜もテンポがバラバラになる。

やればやるほどテンポが分からず ボロボロ・・・。

いきなり速くなるらしい・・・。
(しかもその理由が 私自身 分からない)


そんな私に今回も
先生 一緒に声を出してテンポ通りメロディを口ずさんんでくれました。
(口ではできるのですが、バイオリンを弾くと・・できなくなる)

そのテンポを家に帰るまで口ずさみ家路をいそぐ・・・、

普通この家に着く間で テンポ を忘れてしまうのですが

今回は大丈夫。

お風呂に入っているときもチャンと口ずさめました。


・・・でもって 翌朝こっそり弾いてみると・・・

チャンとテンポ通り弾けるではありませんかーっ!

先生ありがとーっ、これで私も 更生 できます!?

さて他に教わったのは

ピッツィカート(弓を持った方の指で弦を弾(はじ)く)
という技が登場いたします・・・この曲。


これが 恐い・・・かったです。


先生あたくしの構えているバイオリンで

これでもかーっ と言わんばかりに弦を指で弾いてみせる・・・。

ぉぉーっ 源が切れそうなくらいな弾き方・・・恐いっ。

弦が切れて顔にでも当たったらどうしましょう・・・というくらいです。
(ほら、弦が目に当たったら大変でしょっ)

いわく
バイオリンの音色らしく、ピンっと弾くのではなく

指で弦をひっかけて(余裕アリ)から肩から円を描くように弾くとのこと。

なるほど、こうすると大きな余韻のある 音 が出ます。

もう一つ、他に教わったのは

2の指を押さえて弾いて次に
他の弦を3の指で押さえて弾く時は、
今押さえている2の指を放してはいけない。
(2の指を押さえていると3の指の押さえる場所が分かりやすい)

なるほど、なるほど。


かくして まだまだガヴットは続くのでした・・・・。


注)登場する 人物・名称等は架空の産物であり
アップした記事内容はフィクションであることをここに記します。
by Tukasa-gumi | 2007-05-18 10:48 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 一句 『変えてみて 善し悪しわ... 欲しい ” 新・ 江戸しぐさ ... >>