人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 19:49
お久しぶりです(^^)/..
by levin-ae-111 at 11:53








無料アクセス解析











                            
<< ブラジル通信 / 「インサーノ... < > ブラジル通信 / 信じられない話 >>
                            
ブラジル通信 / 「インサーノ」 レポート 1/2
好評のサンパウロ在住のブラジル研究家(人間と社会専門)
Erikoさんからのインサーノ リポートです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お待たせしました!
1年が終わりに近づいている時に年の初めに体験した
インサーノ のレポートをお送りします。

Fortalezaは今年大人気で、
お値段も手頃なので
1月のバカンス時期は凄い数の観光客でごった返していた。
さて目的のインサーノは
Fortaleza市内から29Km離れた海沿いに位置し、
巨大なBeach Parkの中で人気のWater Tobogganです。
1日パスポートを購入すれば海で遊んだり
園内で遊んだりとたっぷりと夏を満喫できます。

b0003330_9422196.jpg


この写真(1)の左側にビーチパークが位置し、
私たちはこの海岸が気に入り
Fortaleza滞在中に3度も行ってきました。
残念ながら写真を撮らなかったが、
Baiao de doisという郷土料理がおいしかった。
何てことはないご飯と豆を煮たものだが、
これがこの土地の母の味らしくイケるのよ!
ロングライスと豆とたまねぎ・ニンニク・トマト・
コリアンダー・チーズ等など、一緒に煮てるんだけど
リゾットほどやわらかくなく、程よい硬さ(柔らかさ)で
冷えてるビールと合っちゃったりするんざんす。

b0003330_9465151.jpg


これがINSANO(写真上)

左側(写真左 2 )に見えるやぐらのようなものを
テクテク登っていかないとテッペンに到着できない。
子供たちに写真の撮影場所を指示した後、
小走りに入り口に駆けつけた私は何の疑問も持たず
エレベーター乗り場を想像していた、
がしかし階段のみ。
半分諦めかけたがやっぱり体験したいがため
中年体に鞭打って若い子達ばかりが軽々と上る後に続いた。
助かったのは階段は初めの2周くらいで
あとは緩やかな上り坂になっていて、
しかも途中で時間調整のため待たされる。
ここで荒れた呼吸を整える者、
緊張の余り蒼白な顔で一気に坂を下りて行く者、
アドレナリンがガンガン上がっているのが
よーく解かる青年たち。
登りつめたのち到着したスタート地点はビルでいうと
14階に相当する高さ。
降下時間4秒。
ちなみに私の場合降りている時(いや、落ちている時)
カウントしてみたが5秒だった気がする。
Beach Parkに関して詳しくはhttp://www.beachpark.com.br/english/でどうぞ。

b0003330_104474.jpg


左上(4)と下中央(7)の写真はまるで浮き上がっていて、
滑るというより落ちてる感じ。
右上(7)なんぞは途中で止まりたいかの様。
左下(6)が私です。
やぐらの坂道を登りながら時々下を見ると
地上の人々がどんどん小さくなっていき、
トップに辿りつき自分の時間待ちをしている時に
子供たちに手を振りながら、
「ここで外に勢いで飛び出して40メートルの高さから
地面に叩きつけられたら即死だろうな」とか、
「救急車が来て子供たちや海岸にいる
主人や甥っ子たちは泣くんだろうな」とか、
「楽しいバカンスを台無しにしてしまう」
とか、一応考えてしまった。

いくらチューブの側面の壁が高いとはいえ
スタート地点からは空しか見えない。
その不安感たるや凄いものがある。
登っている間に同じ目的を持つ者同士
ブラジル人達はすぐに仲良くなり、
今までに事故は無かったから大丈夫だよね
なんて励ましあいながら
自分の番が近づいてくると言葉少なになる。
さっきまで仲良く話していた私の前の男性は彼の番がくると
「君 先に行ってよ。僕は君の後にするよ」
と言って自分の番を譲ってくれた。

これが
レジの番を譲ってもらったら
すごくうれしいんだろうけど・・・・・・。

さあ、私の番。
早速インストラクターの指示に従い、
流しソーメンのように水の上に横になり、
両腕を前でクロスして肩をつかみ両足もクロスさせる。
2人のお兄さんが私が流されないように肩をつかみ
OKサインが出るまで待つ。
その間青い空しか見えない。
足元を見ると水平な滑り台の先がプツンと切れて
空しか見えない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







臨場感 ガンガン伝わってきますねーっ

次回のブログ記事に つづきますっ!
by Tukasa-gumi | 2005-10-28 09:45 | イヤシロ地 | Comments(2)
Top↑
Commented at 2012-11-02 23:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Tukasa-gumi at 2012-11-03 01:36
>鍵コメさま
チョコッと画像主に聞いてみます。

少々お時間をくださいませ。


捕まると良いのですが・・・
何しろ世界中飛び回っているお方ですから・・・。






アクセス解析
<< ブラジル通信 / 「インサーノ... ブラジル通信 / 信じられない話 >>