人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
<< 『エドワード・スノーデン氏:監... < > 映画のお供に「コーヒービール」... >>
                            
『脳の損傷でイタリア人がフランス人に』/ スプートニク
臨死体験なんかでよく聞く話しなのですが・・・


となるとペンフィールド博士の実験?をどうしても
思い出してしまいます。



ペンフィールド博士と側頭葉シルビウス裂







ニンゲンの脳は身体を超えた意識をも
感知しておりそれらをある意味コントロールしている

と。






脳の損傷でイタリア人がフランス人に変貌
2016年06月04日 .

血管の麻痺が原因で脳に損傷を受けたイタリア人男性(50)が突然フランス語をしゃべり出した。男性患者を診断する医師団がコルテックス誌に発表。

この男性(匿名でJCと表記)がフランス語を習っていたのは高校生までで、フランス語をしゃべる実践はなかったものの、突如、フランス語以外は一切しゃべらなくなってしまった。しかもフランス映画鑑賞が好きになり、フランス料理の食材を買い、フランス語の雑誌、書籍を読み出したという。男性はイタリア語で読み書き話す能力は失わなかったものの、それを行なうことを拒否し、思考がすべてフランス語で行なわれていると語っている。

医師団はJCの症例を外国語様アクセント症候群と断定。これはある日突然、母語以外の言語の訛りでしゃべりはじめる現象だが、JCの場合はアクセントではなく、言語事態を変えてしまったことになる。














.
by tukasa-gumi | 2016-06-04 08:45 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『エドワード・スノーデン氏:監... 映画のお供に「コーヒービール」... >>