人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 19:49
お久しぶりです(^^)/..
by levin-ae-111 at 11:53
鍵コメさま タイト..
by tukasa-gumi at 20:32
>エスミンさん 初めま..
by tukasa-gumi at 23:27








無料アクセス解析











                            
<< 『ベルギー警察 フェイスブック... < > 『シェル 原油9万ガロンがメキ... >>
                            
ベジタリアンになる理由 / シュタイナーさんによると
人がベジタリアンになる理由に
釈然しなかった私はプラトンさんの逸話
唯一の論理的な説明でした。

ベジタリアンの人に問うと、
幼少期の「トラウマ」などは口にするものの、
理路整然と教えてはくれなかった(と思う私だった)ので、
素朴なギモンを抱いていた私です。

*食べ物としての植物と動物のさかい
『ベジタリアン、ヴィーガンはアヒンサー??』






人智学・スピ系の多くはマニュアルとして
「その理由を究極に説明してはいけないしない」ことが
暗黙に決められるような気がします。


そんな私にギモンにシュタイナーさんの、
『人間の四つの気質 ― 日常生活のなかの精神科学』
という本の中に以下のような記述がある事を知りました。



以下、要約です。


菜食中心では、脂肪分の摂取がむずかしく、その為
自分で脂肪をとり出す力を呼び起こす必要がある。

内的活動が活発になると、生命本来の能力を呼び起こす。

それは、
自我とアストラル体(感受体)が肉体とエーテル体(生命体)
に対して自分の身体が主導権を持つことを意味する。



つまり、
人間は自由になり、自分の身体の主人になる。




というモノです。









私としては、スンゴク納得したしだいです。





やはり、
『自分が一番カワイイ」という理由からの
主義だと理解したしだいです。







私も経験あるのですが、
『菜食』を続けていると

身体は軽くなり、
感性は研ぎすまされ(?)
非暴力的になる 

ような気がします。
 




ここまでは理解できたのですが、
仏陀やイエスはベジタリアンじゃなかったよネっ!?



と思ってしまうのです。

(日本の多くの家元?(出口王仁三郎さんとか)は
 説いていたけど実際どうだったのでしょう?)







眠たくなって来たので端折りますが、

要は、
自身の霊的な感性を上げるために
肉食をさけているだけで、


生き物がかわいそうという考えは二の次なのでは? 
と天の邪鬼の私は思ってしまします。

(繰り返します、食物と動物の命の違いはナニ?)




マルロ・モーガン著「ミュータント・メッセージ」
にあるように、
「自分を食べて」と進んで云う生き物も
いるらしいですから、事はやっかいです。










・・・すみません、睡魔の限界です。




この続きは、またの機会に。



悪しからず。



お寝みなさいませ。











『シュタイナーの学校では432Hzが基本』














.
by tukasa-gumi | 2016-05-15 03:16 | インナートーク | Comments(2)
Top↑
Commented by suyap at 2016-05-16 13:01
私も若いときから緩くなったり、厳しくなったりの基本ベジ人間(始まりはマクロビオティック)ですが、あまり「理由」など考えたこともなく、自分の食のチョイスは修行食と思っておりました。

だから、
「動物を殺したら可愛そうだから」←じゃ植物なら良いのかい?

「病気を治すため」←じゃ病気さえ治ればまた無鉄砲に食べる?

とか、ひとりでツッコミを入れてました。

どんな宗教にも食の戒律はあるように思います。ちゃんとした思索者(哲学者)にも、無鉄砲な食生活を送る人はいなさそうです。

四六時中とはいはずとも、ちょっと体のアンテナ感度を上げたくなったら、しっかり修行食に励めば良いのではと思ってます。

食は三大快楽のひとつにも上げられるほど、動物的本能に直結していますから、その人物の意識レベルに応じて、菜食に対するとらえ方が違ってくるのでしょうね。「動物が可愛そうだから」とはおセンチな感情レベル、「病気治し」は利己的な合理主義、それを一歩進めた修行(自分の意識レベルを高める)という方向性が持てない人々というのは、お気の毒です。

まあ、そういう人でも地道に菜食してれば、少しは進んでいくのでしょうが、おセンチさんはどうしても甘いものと縁が切れにくいようで...w(笑)
Commented by Tukasa-gumi at 2016-05-16 23:26 x
>suyapさん


>始まりはマクロビ・・・
ぉおー、最初からハードル高いですねェ

>ちゃんとした思索者(哲学者)に、
無鉄砲な食生活を送る人はいなさそう・・・
なっとく、納得、この言葉
使わさせていただきます


>その人物の意識レベルに応じて、
菜食に対するとらえ方が違ってくる・・・
コレ正解だと強く感じます


>おセンチさんはどうしても
甘いものと縁が切れにくい・・・
なるほど〜っ、コレは一種のバロメーターですね

幼少の頃からあまり甘いものを口にしなかった
ことが、もしかしらた現在の私を築いているのかも?!
と思いましたです



いくら睡魔と戦いながら書いたとは言え、
乱文・乱脈・意味不明の記事へのコメント、
誠にありがとうございました。



アクセス解析
<< 『ベルギー警察 フェイスブック... 『シェル 原油9万ガロンがメキ... >>