ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
鍵コメさま タイト..
by tukasa-gumi at 20:32
>エスミンさん 初めま..
by tukasa-gumi at 23:27
はじめまして、Tukas..
by エスミン at 11:34
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 23:13
これは凄いですね。 全..
by levin-ae-111 at 19:06
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 21:41
安田さん?顔色が良いし艶..
by levin-ae-111 at 19:28
>levin-ae-11..
by Tukasa-gumi at 19:09
日本も真剣に考えるべきで..
by levin-ae-111 at 08:57
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:42








無料アクセス解析











                            
<< 『1グラムのDNAに10億TB... < > 『USJ、手荷物検査を検討』/... >>
                            
みんな会員?? #46 / レオナルド・ディカプリオさん
本当は、
安倍首相とエリザベス女王の画像を
探していたのですが・・・


ディカプリオさんとローマ教皇の
画像を見つけてしまいました。



今年の1月のものです。





お互いに緊張感があるような・・・
b0003330_11264350.jpg







お別れの握手では「認め合った」感じが ??!!!??
b0003330_11284279.jpg









拡大いたしました
b0003330_11311966.jpg







b0003330_1133567.jpg

















しか〜し、今回のポイントはディカプリオさんの左手です。


b0003330_11361637.jpg








1本26ドルの『赤い紐』をつけております。










ローマ教皇がよくも面会したものです。


・・と思ったのですが、
「宗教を統一しましょう」と云っているのですから、
この一派もなんら問題無いのでしょうネっ。




In New York,
Pope Francis Embraced Chrislam And Laid A Foundation For A One World Religion
September 27th, 2015










Radiohead - Burn The Witch






.



ローマ法王
米俳優ディカプリオさんと面会
毎日新聞2016年1月29日
http://mainichi.jp/articles/20160129/k00/00e/030/204000c


フランシスコ・ローマ法王は28日、米俳優のレオナルド・ディカプリオさんとバチカンで面会した。共通の関心事項である地球環境保護などについて話し合ったとみられる。

 ディカプリオさんは冒頭、イタリア語で「個別謁見の機会をいただきありがとうございます」とあいさつした。

 俳優業の傍ら、環境保護活動に取り組むディカプリオさんは15〜16世紀のオランダの画家ヒエロニムス・ボスの画集と、法王の慈善活動への寄付金を贈った。

 法王は昨年6月に発表した環境問題に関する重要文書「ラウダート・シ」などを手渡し、「忘れずに、私のために祈ってほしい」と面会を締めくくった。






ーーーーー




 トップアイドルから転落し好奇の目に晒されるようになっても、新曲を出せば大ヒットするという強運歌手、ブリトニー・スピアーズ。5月22日に開催された『ビルボード・ミュージック・アワード2011』で、リアーナとコラボ・ステージパフォーマンスを行ったときも、場末のストリッパーのような気だるいダンスを披露したにも関わらず、観客は大熱狂した。

 ダンスはイマイチ、体もまだまだ絞れていないブリトニーだが、最後にリアーナと口づけを交わしたことが、ちょっとしたニュースとなった。8年前の『MTVビデオ・ミュージック・アワード』でブリトニーとマドンナがディープキスを披露したパフォーマンスを思い出し、興奮した男性陣も多かったようである。


 ねっとりとしたキスで世間を騒然とさせたブリトニーとマドンナ。実はあの頃、カメラの裏でマドンナはブリトニーにカバラがどれだけ素晴らしいかを説き、カバラ主義を支持するよう強く勧めていたのである。

 カバラは、ユダヤ教の伝統的で神秘的な思想や教えを伝承する秘密結社のことである。すべての神秘を解く鍵だとされるカバラは、世界最古の秘教的哲学体であり、タロットなど西洋魔術の基になっている。また、フリーメイソンや薔薇十字団にも多大な影響を与えたとされ、選ばれしエリートたちの秘密宗教というイメージで捉えられることが少なくない。

 「ラビ」と呼ばれる指導者たちによって伝えられてきたカバラは、秘密のベールに包まれており、神秘に満ちあふれている。カバラ・センターで、1本26ドル(約2,000円)で販売されている赤い紐は、悪から身を守ってくれるもの。カバラ信者であることを証明するこの赤い紐を、マドンナやデミ・ムーアなど、ステータスのあるカッコイイ女性セレブたちが手首につけていることから、カバラは全世界から注目されるようになった。

 バプテスト教会を信仰する家庭に生まれ育ったブリトニーは、クリスチャンとして育ち、18歳のときに「結婚するまで処女でいる」というキリスト教信者らしい発言もしていた。しかし、爆発的に人気が出てパパラッチから執拗に追いかけられ、あることないことタブロイドに書きまくられるようになると、キリスト教への信仰心が一気に薄れてしまった。そんなブリトニーに、頂点を極めたアイドルならではの苦悩を理解するマドンナが「カバラに向き合えば、精神的に救われる、楽になる」と、神秘的思考を伝授し始めたのである。

 ロサンゼルスにあるカバラ・センターに連れて行かれ、エリザベス・テイラーやバーバラ・ストライザンドなどハリウッド大御所女優たちも教えたというラビに対面したブリトニーはたちまちカバラの虜になった。

 ブリトニーは、「やっと自分の宗教を見つけたわ。早く赤い糸を巻きたい」と、やけに赤い糸を強調する発言をしていたそうで、本当にカバラを勉強する気があるのか? トレンドに乗ろうとしているだけなのではないか? と、彼女の姿勢を疑問視する声もあがった。なお、ユダヤ教学者によると、赤い糸などの小道具はカバラ思想とのつながりはないそうだ。

 何はともあれ、めでたく赤い糸を手首に巻き、トレンディー・スポットとなっているカバラ・センターに出入りするようになったブリトニー。マドンナは彼女を可愛がり、ブリトニーがケヴィン・フェダーラインと2004年9月18日に結婚式を挙げたときは、お祝いとして12世紀に書かれたという貴重なカバラ本をプレゼントした。

 23歳で第一子を妊娠した2005年、米「Elle」のインタビューで「カバラを読んで瞑想するの。ヘブライ語だから全て理解しているわけじゃないけど、でもそれでいいのよ」「ケヴィン(夫)は私ほど熱心じゃないわね。私はどういうわけか、カバラを激しく求めているの」とコメント。理解しなくてもいい教えなどあるのか? と、再びブリトニーのカバラに対する姿勢を疑問視する声があがるようになった。

 そんな声をものともせず、ブリトニーはどんどんカバラにのめり込み、マドンナが腕に入れているように、首にヘブライ語でカバラの神の名を意味するタトゥーを彫った。

 しかし、24歳で第二子を出産した直後に、離婚を申請するなどゴタゴタが続くと、宗教に割く時間がなくなったのか、「カバラはもう読んでないわ。私はもうカバラ信者じゃない。今は、私のベビーが私の宗教なの」と発言。あっさりとカバラから離れてしまった。

 ブリトニーがカバラを勉強していた時期はほんの数年。イメージから入り込んだため、何のちゅうちょもなく見切りをつけられたのだろう。ブリトニーがカバラ離れしたことに激怒し、本を返せと叫んだと言われるマドンナは、08年に再び彼女をカバラに呼び戻そうと動いたと伝えられている。しかし、もう興味がなくなったのか、ブリトニーがカバラに戻ることはなかった。首に入れていたヘブライ語のタトゥーも消し、完全に決別したのである。

 ブリトニーはその後ヒンドゥー教にはまったとされ、子どもたちの親権をめぐり泥沼裁判が続いていた2007年に、突然自らバリカンを持ち髪の毛を剃ったのも、ヒンドゥーの剃毛を彼女なりにイメージしたからではないかという説が流れている。

 ブリトニーがカバラを勉強していのは、キャリアもプライベートもどん底だった頃。カバラを去ってから、運は上向きになったとも伝えられている。勘違いしたため逆効果となっていたのか、はたまた神頼みはよくないということなのか...…。

 最近、バプティストの牧師になると両親に告げ、大喜びさせたとゴシップされているブリトニー。彼女の勘違いスピリチュアル・ジャーニーは、まだまだ続きそうである。











マドンナ (カバラ)

 米国ミシガン州の田舎町ベイシティに生まれ育ったマドンナ。幼い頃からしっかり者で、地元の高校を優秀な成績で卒業した後、奨学金を受けてミシガン大学に進学。そこで出会ったバレエ教師に勧められダンサーになる決意をし、1977年、モダン・ダンサーとして新境地を開拓するため単身ニューヨークに移り住んだ。

 ダンキンドーナツでバイトをしながら、積極的にダンサーとして自分を売り込んでいったマドンナ。79年にはフランス人ディスコ・アーティスト、パトリック・エルナンデスのワールドツアーにバックダンサーとして出演するビッグチャンスを手に入れたが、生活は苦しく、成人向け映画やヌード写真のモデルなどをしてお金を稼いでいたそう。行き詰まりを感じ始めた時、出会ったボーイフレンドと「ブレックファースト・クラブ」というバンドを結成し、音楽活動を開始。次の交際相手と結成した「エミー」というバンドの曲がDJに注目され、サイアー・レコードと契約し、マドンナは歌手として歩み出したのだった。

 83年には、ファーストアルバム「バーニング・アップ」をリリース。翌年発売したセカンドアルバム「ライク・ア・バージン」は世界的な大ヒットとなり、一気にスターダムを駆け上がった。彼女の強いメッセージ性のある音楽は、時に宗教的、モラル的な議論を巻き起こすことが多いが、人々の心を揺さぶり、全世界で支持されるようになった。53歳になった今も、現役アーティストとして第一線で活躍。映画監督としても活動しており、2人の実子と2人の養子の母親としても奮闘。彼女のアグレッシブで前向きな生き様には、多くの人が魅了されている。

 強い女性の代名詞のように呼ばれるマドンナだが、その強さは、幼い頃から歩んできたスピリチュアル・ジャーニーで叩き込まれたものだといっても過言ではないだろう。

 マドンナは6人兄弟の末っ子として誕生した。実母は乳がんに苦しみながら、彼女が5歳のときに他界。それからというもの、今度は父親がいなくなるのではないかと不安な気持ちを抱えるようになり、一家が信仰していたキリスト教に深く心を寄せながら育った。しかし、父は家政婦として雇っていた女性と再婚、異母兄弟も2人生まれ、マドンナの心は激しく荒んでしまった。この頃、彼女は「疑問に思ったことの答えが全てキリスト教から得られるとは限らない」と、思うようになったそうだ。

 とはいえ、彼女のキリストへの宗教心はとても強く、デビューするときも、苗字を捨て、"マドンナ"という聖なる名前で勝負に出る決心をしている。「ライク・ア・バージン」に眉をひそめる保守派の人も多かったが、ピュアな気持ちは持ち続け、ジャラジャラ身につけていたアクセサリーの中には、必ずといってよいほど十字架を入れていたそうだ。

 マドンナは85年に、当時バッドボーイとして名をはせていたショーン・ペンと結婚したが、結婚生活は4年で破綻。アップダウンの激しい夫婦生活だったとのことで、マドンナは再びキリスト教を心の拠り所にした。そして、キリスト教色の強いアルバム「ライク・ア・プレイヤー」を製作したのだ。大きな反響を呼んだアルバムだったが、マドンナはそのときのキリスト教観についてこう語っている。

「私は、カトリックの教えによる罪悪感と罪の意識を常に持っているの。その意識は日々の暮らしに浸透しているわ。浸透して欲しいとか、欲しくないとか、関係なしにね。カトリックでは、誰もが罪人。神に対して、罪を許し、魂を洗ってくれるよう、繰り返し祈らなければならない。私の曲には、このカトリックの教えが強く影響しているの」

 このように、キリスト教一筋であったマドンナに、97年、大きな転機が訪れる。ユダヤ教の伝統に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想、カバラとの出会いだ。彼女は、カバラに入信した経緯をインタビューで、こう明かしている。

 「女友だち(サンドラ・バーンハード)が、カバラのラーニング・センターに足しげく通っていて。素晴らしいラビがいるんだって、よくカバラの話をしてくれたの。あまりにも熱心に話してくれるものだから、『ユダヤ人じゃない私に、なぜそんな話をするの?』って聞いたの。そしてたら、『ユダヤ人じゃなくても、カバラは信仰できるのよ。一度、来てみなさいよ。いいな、と思ったらラビの話を聞いたらいいわ。合わないって思ったら、クラスから出て行けばいいし』って、勧められて。だから行ってみたの。そして、その日からずっと、通い続けているわ」

 マドンナが通っているのは、ラビ・フィリップ・ベルグが創設したカバラ団体であり、女人禁制の正統派カバラではない。とはいえ、カバラの教えにポジティブシンキングを組み合わせたこの団体の教えに、マドンナは幼い頃から胸に抱いてた、キリスト教が説明してくれなかった疑問、全ての答えを見出すことができ、心酔するようになった。

 98年にリリースした8thアルバム「レイ・オブ・ライト」では、カバラ・センターが「クリエイティブなガイダンスをしてくれた」と明かしており、2003年にリリースした「アメリカン・ライフ」の歌詞で、「私はクリスチャンでも、ユダヤ教信者でもない」と断言。完全にキリスト教と決別したと話題になった。同年、彼女は子ども向け絵本を発売しているが、この内容もカバラに大きく影響を受けたものだと明かしている。また、この頃、ハリウッドのセレブたちをロサンゼルスのカバラ・センターに誘うなど、広告塔のような活動もしていた。

 2番目の夫ガイ・リッチーと離婚した翌年の09年には、コンサートのため訪れたイスラエルでユダヤ教の聖地「嘆きの壁」を訪問。その様子は写真入で大々的に報じられた。また、地元新聞の取材に応じ、カバラについて熱く語るなど反響を呼んだ。

 04年にはニューヨークのカバラ・センターに14億円を寄付したり、デミ・ムーアと共同で、ラビのために500万円のパーティーを開いたりと、カバラのためにお金を使うことを惜しまないマドンナ。しかし、今年、彼女がカバラ教団LA支部と共同で立ち上げたマラウイ共和国の子を支援する慈善財団が、資金面で問題を抱え解散。マドンナは管理不行きを指摘されているとされ、教団と決別するのかもしれないと囁かれている。

 マドンナは以前、インタビューで「混乱に陥ったとしても、それは自分自身の責任。自分の行ったことは自分にかえってくるものなの」「人生を良くしたければ、周りの人によくすること。それがカバラの教え」と発言している。

 キリスト教以上に深く結ばれたマドンナとカバラとの関係は、今後も続いていくのか。世間の注目を集めている。









.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-05-07 12:00 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『1グラムのDNAに10億TB... 『USJ、手荷物検査を検討』/... >>