人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
<< 仏『ロスチャイルドさん詐欺罪で... < > 『アグネスさんユニセフのアジア... >>
                            
野暮な芸術家ピカソさん!? / その逸話
どこまで本当かは存じませんが、
ピカソさんの逸話として以下のような話しがあります。



ある日、
ピカソがマーケット(レストランとの話も有り)を歩いていると、
手に一枚の紙を持った見知らぬ女性(レストランの店主)が
こう話しかけてきました。

「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。
 この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソは微笑みそして、
30秒ほどで小さな絵を描きました。
そして、彼女(店主)へと手渡しました。


「ありがとうございます」と応えた相手に向かって


ピカソはこう言ったのです。




「この絵の価格は、100万ドルです」

女性(店主)は驚きこう言いました。

「ピカソさん、
 この絵を描くの『30秒』もかかかっていないのに?」



ピカソは笑い、返しこう答えたのです。

「30年と30秒です!」


(食事代の代わりに絵をサラサラっと掻いた
 という伝えもあります)












イロンな解釈があるでしょうが、
以上の話が本当だとして私の感じたことを述べます。




「ヤボなお人ですな」





ひとりのファンに対して、
自分の芸術性と時間をお金に換算して告げる。




自身の生きてきた芸術性を『金(カネ)』に変えて
さらに誰も問うていないのにその換金を主張する。



これが野暮でなければ下品としか言いようがありません。




(パーティーで初めて名刺交換をし、
 その時に病気の相談をされその後、
 請求書を送った医者の話しを思い出しました)







著名なカメラマンがいたので自分のカメラで
一緒にセルフィしたんだけど、
シャッターを押したのは、
たまたまそのカメラマン。


これで『金額を提示」されたら興ざめでしょ!?











その昔?フレディ・マーキュリーさんが
行きつけのお店でどんなにリクエストされても
一切歌わなかったという新宿三丁目の伝説を
思い出しました。




彼の生き方に
よほど芸術性を感じてしまう私です。









そういえば、
教祖が入浴した水を『聖水』とて
売っていた教団がありましたネっ。


教祖の芸術性を信者が認めて『価値』できた、
ということなのかしらん?!









【後日談!?】

医者
「オフィス以外で、パーティなんかで相談してくる奴がいるんだけど、
 どう対処してる?」


弁護士
「簡単だよ。答えて後から請求書を送るのさ」


医者
「なるほど」


後日、
その医者が郵便受けを見てみると、
その弁護士から請求書が届いていた。





こんなジョーク? です。








そうそう、ピカソさんのフルネームご存じ?!


言えたら芸術にはなりませんが、
『宴会芸』にはなるかと・・・!?!

















.
by tukasa-gumi | 2016-03-08 01:34 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 仏『ロスチャイルドさん詐欺罪で... 『アグネスさんユニセフのアジア... >>