人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 「小さなウクレレ小父さん」 /... < > エントリーし忘れ・・・ / 南... >>
                            
『これからの「正義」の話をしよう』 EU最大の危機? / シリア難民
前エントリーの「ライフ・オブ・パイ」
リチャード・パーカーの名前が出たので
サンデル先生よろしく、
欧州のシリア難民について考えようかと思います。



外務省のシリア・アラブ共和国 基礎データ
によりますと。



・面積は18.5万平方キロメートル(日本の約半分)

・人口は2,240万人(2012年世銀)


・人種・民族はアラブ人(90.3%)

・公用語はアラビア語

・宗教はイスラム教 90%


だそうです。





サンデル本には例題として、

「難破された者が生き残るために
 救命ボートの定員を減らすよう、
 殺人を起こしてもいいのか?」

というモノがあります。






私は以下の動画と記事をみて、考えました。


リチャード・パーカーの話は32分〜
 マイケルサンデル ハーバード白熱教室 P1(日本語訳)











【BBC】ドイツに着き安堵する移民 受け入れ側は?




BBCのNewsサイト難民記事です.
Migrants reach Austria and Germany after long ordeal
6 September 2015





サンデル教授風に言えば今回のシリア難民は
『哲学的な「究極の2択」』です。


・受け入れるか、拒絶するか?

・その答えはどのような考えから来ているか?

・難民・EUにとって『フェア』『正義』とはどういうことか?



そして『本当の答え』は存在するのか?

サンデル先生ならずとも、
多くの意見・考えを聞きたいモノですねっ。





・・・しかし、実際問題として
『難民は押し寄せて来ている』のですから
論議しているヒマはないのが現状です。








?????!!!!!?????




しかるに、
哲学は役に立たない、
ただの空論ということになるのでしょうか?








でも
サンデルさんお著書の原題は
『Justice What's the Right Thing to do?』

なのです。





『これからの「正義」の話をしよう』 EU最大の危機? / シリア難民_b0003330_21595826.jpg











[付録}

『これからの「正義」の話をしよう』 EU最大の危機? / シリア難民_b0003330_0251448.jpg








http://www.aljazeera.com/news/2015/09/france-la-pen-anti-muslim-incitement-150922151418194.html
『これからの「正義」の話をしよう』 EU最大の危機? / シリア難民_b0003330_10531948.jpg

























もう少し議題を簡単にしてみました。



・近隣の町の災害で避難者が続出した

・隣合わせの町にその被害者らが押し寄せてきた

・町内の人々は避難者にどのような態度をとるべきか?

・避難者を快く町内に受け入れる

・町内の諸事情を優先する



「正義という正しい行いでは、何をすべきか?」を
問う現実と哲学の問題です。







教えてェ〜、サンデル教授とその仲間たち !
by tukasa-gumi | 2015-09-24 00:26 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 「小さなウクレレ小父さん」 /... エントリーし忘れ・・・ / 南... >>