人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『米、来月18日にもデフォルト... < > タイ航空機がオーバーラン / ... >>
                            
『エチオピアで 160歳の男性が生存』/ 国営 TV番組 動画
エチオピアのオロモ族の男性が160歳で
生存しており国営TVがインタヴュー番組を
2013年8月に放送いたしました。





どうやら秘訣は『健康な歯』にあるような
気がいたします ?!?


・・・しかしエチオピア。

十戒を刻んだ石版を納めた「契約の箱(アーク)」が
あり、それを今でも守っている人々(教会)が
いる国ですからこれくらいで驚いちゃぁいけませんネっ。






コチラが推定160歳のご本人






b0003330_11162237.jpg










ではなく、彼の息子さん。














コチラが彼の160歳のお父さんです。











b0003330_11165853.jpg





知らない人からは、親子の関係をよく間違えられるそうです。








以下記事の概要とそのTV番組の動画です。




          ーーーーーーーーーーーーー

エチオピアの国営のテレビOromiyaによって
インタビューが行なわれ、2013年8月12日に放送されました。

 エチオピアの平均寿命はCIAは60年です。

1895年にイタリアがエチオピアに侵攻したときには
彼には二人の妻がいて息子は牧畜できるほどに
おおきくなっていました。

当時彼の村から約240 km離れたアディスアベバ
(エチオピアの首都)を訪れるには馬に乗って
8日かかったと言います。

彼は言います、「私はサトウキビを食べることができます」と。


          ーーーーーーーーーーーーー






【記事】
Oromo farmer from Ethiopia may be the oldest living person
04 September 2013













           Manguddoo umrii dheeraa























http://www.opride.com/oromsis/news/horn-of-africa/3705-oromo-farmer-from-ethiopia-may-be-the-oldest-living-person


概算160歳で、Dhaqabo Ebba(エチオピアのOromia地域から年上の引退した農民および有名なコミュニティー)は、今までで最年長の生きている人でありえます。
国営のテレビOromiyaによって行なわれ、2013年8月12日にオンラインで公表されたインタビューでは、Ebba(この人には彼の正確な年齢を証明する出生証明書がない)は、彼が通り抜けて生きており4つの回転で5つのGadaaオロモ語政党のすべての間の権力移譲を目撃した、と言います。
Gadaa行政制度につきのように、オロモ語人々の民主主義のsocio-政治制度、1人のGadaaリーダーは8年の期間として役立ちます。
リーダーシップが回転するこのシステム内に5つのGadaaパーティーがいます。
Ebbaが4つのそのような回転を確かに生き抜いていた場合、それは彼に少なくとも160歳を作ります。
エチオピアの平均寿命はCIAの世界Factbookによれば、60年です。
誕生が田舎のエチオピアのホームで起こり、大多数のエチオピア人がまだ出生証明書を所有しないとともに、Ebbaの時代を確立することができないでしょう。
「いつ、イタリアの[1位]侵入されたエチオピア[1895年に]、私は2を持っていました、めとる、また、私の息子は牛を集めるように十分に年を取っていました。」Ebbaは、Dodola町の近くの彼の家で、Afanオロモ語(オロモ語言語)のリポーターに伝えます。
彼の話を確証するために目撃者を実践することができません。
「私の仲間の1人さえ今日生きていません」とEbbaは言います。
しかしながら、そのエリアで最大の拡大家族を持つことを主張するEbbaは、彼の曾孫が成長するのを見ました。
また、彼はそのエリアの断然最年長の既知の人です。
Ebbaは、複雑にともに固定されるしっかりと織ってある竹竿によって構築された1部屋家に住んでいます。
Ebbaと隣人がインタビューのためにごちゃごちゃ集められた場合、爪と一緒に確定されたその波形板金屋根は清潔に掃かれた土間をカバーします。
ギネス世界記録によれば、フランスのジャンヌCalment(この人は122年164日で1997年に死んだ)は、確認された時代の最年長の人です。
今月の初めに、報告されたAP通信社、ボリビアのカルメロ・フロレスは、123年世界で最も旧manatでありえます。
真実の場合、Ebbaの物語はそれを変更するかもしれません。
ボルン、1850年代にいつか、そこでよりよいコミュニケーションだった、Ebbaは、アフリカのヨーロッパの植民地化のお膳立てをする、1884のベルリン会議を思い出すでしょう。
エチオピアの歴史のコンテキスト内では、彼はアビシニアの侵入者によってオロモ語国の征服の前に生まれました。
彼の自己勘定に、Ebbaは、エンペラーYohannes IVから現在の政権、EPRDFまで出発する、少なくとも7人のエチオピアの統治者の統治の下で生きています。
オロモ族、エチオピアの単一である、総人口の40パーセントと見積もられた最大のエスニック・グループ。
大部分は社会から疎外されて、それらは、エチオピアのその北部高地からの南への帝国の拡張中にEbaが長生きした7人の統治者すべてと戦いました。
30分のインタビュー中に、Ebbaは、前のエチオピアの統治者の元での生命をリコールします-そして、特に道路輸送とテレコミュニケーションのエリアで、EPRDFの下の彼のコミュニティーのための相対的な改良に注意してください。
彼は、彼の世代に、アディスアベバ(エチオピアの首都)を訪れるために馬に乗って8日かかったと言います、約240 kms、村から遠方に。
今日、単に2、3時間かかります。
Ebbaは彼の伝記について詳しく述べる間に堅く明瞭な声で話します。
彼はもはや見ることができないかもしれません。しかし、史実の記憶は鋭く見えます。
地方のジャーナリストが終わりでインタビューに注意したとともに、とすれば、多くのアフリカの文化のようなオロモ族、口頭社会である、「ごとに、1つの、年上、死ぬ、図書館は失われます。」
Ebbaは多くが今までどおり保護することができるような1つの図書館です。
Ebbaの長男ハミトDhaqaboがQorso(大麦種子を焼くことにより作られた地方のスナック)を噛むことができなかった、Ebba(この人は彼の十分な歯を完全にしておく)が、単にそれをする問題を持たなかったことは確かに著しい。
「私はサトウキビを食べることができます[噛むことによって]問題なしで望むすべて。」Ebbaは、高慢に堅い声でのリポーターに伝えます。
地元住民(彼らは父親と息子の誤りを認める)はハミトに歯の彼の白髪および不足を与えられた彼の父親より速く老化することをねだります。
強制的な歯がないにこにこを加えることで、彼がしぶしぶ与えるポイント:
「神はそれらをすべて取り去りました。」
by Tukasa-gumi | 2013-09-11 12:53 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『米、来月18日にもデフォルト... タイ航空機がオーバーラン / ... >>