人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『ユダヤ人として抑留された』と... < > 香港上海銀行 HSBC 韓国... >>
                            
ミュンヘン滞在記 10  / 食べた・飲んだ・買った
つづきです。



スーパーマーケーットにふれましたので、
それらの所感です。




ミュンヘンは B I O 天国である。



さすがシュタイナーが息づく街です。

(ドイツ発祥の有機農法「バイオダイナミック農法」とかネっ)





チョッと街を探索すれば、
駅近くに必ず オーガニック/ B I O のお店があります。




そしてその店内の品揃えたるや、
通常のスーパーとなんら変わりがありません。


なにしろ B I O の牛肉まで販売しているのですから・・・
つまり牛さんのエサから B I O といういうことです、
もちろん価格は通常の10倍近いですけど。



当たり前のことなんだけど、
此れ等ははそのスーパーのクラ〜スと価格で
何となく客層が自然と分かれている感じに見受けられます。


つまり、
安い食材を買いたい消費者と、
安全でも 高い有機野菜を買う消費者が分かれているのです。


とはいえ、
B I O スーパーでなくとも食材を使い調理し食べてみますと
ほぼすべて日本のソレラと比べまして
力強く味も濃く、みっちり栄養があるっていう感じで
ベーカリーショップの菓子パンでさえ大人の味です。

たとえばチョコが練り込んであったりしている物ても、
そのチョコば砂糖なしのビターな味だったりするのです。




どこに行っても Golden Toast しかなかったのですが
やっと見つけて、

お土産で買った Herzberger Weizen toastbrot bio-butter 500g
b0003330_1162712.jpg


2,6ユーロ位




ドイツはフランス並みの農業国だったのです、スゴイっ。


ジャンクなはずのポテトチップスを食べても
日本おろか米国メーカーのそれよりも、
グッと大人しい味で飽きません、
より手作りに近い味を味わえます です。









B I O スーパーで特筆するのはコスメ関連の品揃えです、
価格も日本と比べたらとっても安価、
ビックリするくらいの安さです。


b0003330_831594.jpg



(価格は日本の1/2 〜 1/5 という感じです)


b0003330_851114.jpg





ということで私は 、
B I O のお店で歯磨き粉からスープストックまで、
大人買いいたしました です。

(ハーブティーはお買い得だと思います)


b0003330_836334.jpg


B I O スーパーの店内画像はコチラ













有名ビアホールで何回か飲食したのですが、
外での雰囲気を楽しむのでなければ食材と飲み物を買い込んで
部屋で調理した方がどんなにリーズナブルかと思い実行いたしました。

(特に観光客相手のお店なんかは ネっ)





部屋の備え付けのカトラリーは惚れ惚れいたします
b0003330_8501085.jpg








瓶ビールをグラスに注いで提供しているのを見て、
さらにその念を強くいたしました。



某ビアホールのカウンターです
b0003330_13211051.jpg





アウグスティーナ/Augustinerkellerのフライドポテトです
b0003330_18295856.jpg

品物を選んでトレーに乗せて最後にレジで清算いたします







また水道水もコーヒー・紅茶、歯を磨いたりバスタブに
お湯をはったりしても何ら問題ありませんでした。

チョッと固めかなという感じで
日本の塩素臭さい水道水より良いかもしれません(?)










それにホテル(?)の朝食と何ら変わらない味
もしくはそれ以下でしたのでスーパーの食材を利用する
ことにいたしました。

(サーモンの切り身をポンズとホースラディッシュで
 いただきますと、も”ー 大トロの味ですっ!)



ホースラディッシュ(1.6ユーロ)もしかりなのですが、
モッツァレラには開眼いたしました。


こりゃ豆腐と同じで距離と時間をおいたらダメな
食品なんだと良〜く理解できました です。

(ビールも同じなのですけどネっ。

 !!!
 
 そんな事言ったら食材すべてそうなりますねっ)







何回も言いますが食材が美味しいのでサラダにしたり、
焼いたりオーブンで加熱するだけで充分なのです。




それにビールやワインが安いっ!!

Schloss Reinhartshausen rheingau Riesling 2011 Trocken
b0003330_11365096.jpg
(若干エチケットが異なりますが 6〜10ユーロ位 失念)






特にビールは酵母が生きているせいか、
整腸作用があるらしく日本に比べて野菜の摂取量が少なくとも
健康的な朝を向かえられます。

(ほとんどが一瓶、1ユーロ以下で尚かつデポジット付き)


それに気候のせいか、あまり酔いが回らないような気がします。

(スパークリングワインが4ユーロ以下で買えるのが
 いまいち理解できませんでした。
 単に炭酸を足しているのかしらん???)






ワインは スペインのワイン comprara cuvee oro の 
maximo 2007 ハーフボトルがデパート、
Galeria(の方だったかな?) Kaufhofで
2ユーロ以下の半額大王だったので数本買い求めました。



b0003330_925265.jpg


このデパートの店員/ jan lemkeさんのアドバイスで
辛口のドイツワインの赤と白も買いましたです。


b0003330_955433.jpg


(13ユーロ位だったかしらん)







もちろんエシレのバターも購入。

(3.79ユーロ、棚にあるバターで一番高価でした)







ダルマイヤーは日本のデパ地下という感じです。



COMBINO Maccaroni 500g      0.89ユーロ
b0003330_18543573.jpg






EDEKAで買った香港 たまご麺みたいなパスタ  1.4 ユーロ
b0003330_18511519.jpg








ミュンヘン一の文房具店、
カウト・ブーリンガー/ Kaut Bullinger でハンドメイドで
鉛筆を作ってました  もちろんゲット
b0003330_13212724.jpg
       










衣類に関してはサイズが中々あわないし、
行き交う人々を見る限りファッションの街ではないと
思いました です。

この辺りが、
ドイツのトイレットペーパーに現れているような気がします。


質実剛健を優先しているのでしょう、彼等達は、
無印良品が人気あるのが理解できます。

(家電製品は魅力的な商品があるのですが、
 電圧が違うのでアウトでした)




ぁっ、
ドイツの多くのスーパーは19時や20時で
閉店いたしますのでお買い物はお早めに。
















しかしどうして「歯磨き粉」だけおしゃれなネーミングで
呼ばないのかしらん???


トゥースペーストってあまり市民権得てませんよネっ!?




あまり「歯」に興味が行かないのかな、日本人は。






まだ つづく
by Tukasa-gumi | 2013-07-25 23:27 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『ユダヤ人として抑留された』と... 香港上海銀行 HSBC 韓国... >>