人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< あなたの周りで空咳の人いません... < > 人権人道大使の『シャラップ』問... >>
                            
『日赤   年1ミリシーベルトを上限』/ マスコミと日赤どちらを信じますか?
つい先日の朝日新聞に

『日赤は、原子力災害時の救護活動基準を、
  年1ミリシーベルトを上限にした』という記事が
掲載されておりました。

(検索しても朝日でヒットいたしませんでした)

原子力災害時の救護班活動マニュアルを新たに作成



・・・でもこれって、全うな基準ですよネっ!?!


放射線業務従事者が1年間に浴びてもよい線量限度は
50ミリシーベルトと定められている。






震災以前は『 年1ミリシーベルトが上限』だったのですから。


(文句がある人は 日本政府 に言ってください)



日赤の判断・基準はなんら問題ないと思います。


問題があるのは震災以後、基準を変えた政府でしょう。






私が聞きかじった日本の法律では、
一般人が年間に浴びてよい人工放射線量は
年間1ミリシーベルトと定められている とのこと。
(自然放射線と医療放射線を除く)



それに準じているわけですから、これ全うでしょう。

中部大学の武田邦彦さんがそう言ってました です)





「100ミリシーベルト以下の被曝ならば健康への影響はない」
というお話しとは100倍の違いがあります。









あなたはマスコミを信じますか?


それとも日赤を信じますか?
タグ:
by Tukasa-gumi | 2013-06-15 00:57 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< あなたの周りで空咳の人いません... 人権人道大使の『シャラップ』問... >>