人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 19:49
お久しぶりです(^^)/..
by levin-ae-111 at 11:53
鍵コメさま タイト..
by tukasa-gumi at 20:32
>エスミンさん 初めま..
by tukasa-gumi at 23:27








無料アクセス解析











                            
<< グアム滞在記 #2/ ヒルトン... < > 『1号機溶融「収束工程に影響せ... >>
                            
グアム滞在記 #1 / デルタ航空 顛末編
知人に誘われ
ついに禁断の地・グアムに
足を踏み入れてしまいました。


しばしのエントリー、お付き合い下さいませ。






クレジットカードのポイントを
マイルの移行すると2倍になるのを機に、
グアムの達人と供にグアムに行って参りました。



機材はデルタと決まっましたので
朝二番の便を予約いたしました。




成田に着いてチェックインの際
「サイパンからの機材が遅れており45分待ち」と説明される。


これは、次発の便の出発より お そ い。




ここで知人が
「前回利用した時も、そう云われて3時間も遅れたのよォ」

とグダグダと言っていると





チェックイン係りの岡村さんという女性は気をきかせてくれ

「30分早い便に空席があるかどうか確かめます」

「イヤホンか壊れている席があるがそれでよかったら
 そちらに乗り換えませんか?」


との申し出てくれる。


しかも帰りの席は翼近くで景色が見えないので
景色の見える席にいたしましょうか? と畳み込む。


私達のピックアップの時間の変更を危惧して
グアムのホテルに到着時刻の変更を
電話で知らせてくれるという。

(あ〜た 国際電話ですよっ!)


しかも無料・その場である。

(電話口にでたクリスティーンという名称まで教えてくれました。
 ほら、向こうじゃぁ「聞いていない」とかいう人いますから・・)



かくして3シート・2名の席を用意して下さいました。

(それでも30分ほど出発が遅れたのですけど)





おおーっ なんとスバラシイ日本の対面接客サービス!!


自動チェックインなどをしていたならば
このような展開にはならなかったであろう、

美人の岡村さん、センキュ〜ベリィマッチでした。



(いや〜 デルタ航空、見直しましたですっ)




外資はウソでも言ってみるものですネーっ。




機内の上映映画は「国王陛下のスピーチ」
b0003330_14582927.jpg



これは堪能できました。

(・・・しかしシンプソン夫人のことを
 あんな風に云って いいのかなァ?

 クレームこないのかしらん???)







飛行時間3時間半ということで機内ミールは
察してしるべし・・・

なのですが今時珍しいチリ産のワイン(赤)を
小瓶でいただきました。



しかし、
この便のCA 本当の働かないのにはビックリっ!!



・マグカップを持っての客の出迎え

・女性アテンドさんの肩を抱きながら話す
 男性アテンド(両者ともアジア系)。

・配り終わったジュースのパックで
 喉をうるおす様を通路でやっちぁダメでしょっ!





これじゃぁ、
日本では働き口はないなァと、
グアムとアメリカの大らかさをかいま見た気がいたしました。












帰りの便は若いUSアーミーさんの隣の席。

前の席がふたつ空いているのでそっちに
座ってくらないかなァ と思ってたのですが

(若い舶来女のみ座っているのに)

そこは軍人、
規律を守るように訓練されているのでしょう
席は動かず、戦闘機特集の雑誌を
チョコバーをかじりながら読みふけっている・・・。


まぁ 
うるさく我がままな舶来人よりは好感が持てました。

(なにしろ おとなしかったですから・・・)





上映映画は
『ナルニア国物語/第3 章:アスラン王と魔法の島』

評するコメントはありません。





トイレが近い席のせいか 
 スンゴイ微香 がただよって来る。



途中からおさまったの良かったけれど
どうしてあんなに香るんだろ?

飛び立って空中で散布したのかしらん?




帰りの便のアデンドさんは日本でも働き口がありそうな人ばかり


・・・と思っていたら最後のさいごで

税関申告書のカードが足りないので成田でもらって書き込んでください

とのアナウンスが流れる。


さすがグアム発の便でありましたーっ。




まぁ これに劣らず日本人の子供のうるさいこと。

この辺りはアメリカ人を見習ってもらいたいものです、ホント。









つづく





*2012年度 訪問記はコチラ ↓

2012 グアム滞在記 #1 / グアムにいたる路』

by Tukasa-gumi | 2011-05-21 15:28 | イヤシロ地 | Comments(2)
Top↑
Commented by turnmyeyesto at 2011-05-21 23:48
ブログの更新が無いので、どうしたのだろ~??(禁止ワードがらみでなにかあったのかっ!?)心配していたのですが、グアムに行っていらっしゃったんですね。

岡村さん、素敵です。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-05-22 01:11
>turnmyeyestoさん
どーも ご心配をおかけいたしました。

「禁止ワード」関連ですと、
ブログ自体が閲覧できなくなります ので
今後そのような事態に接しましたら
 そうなった と思ってください。





このベッピンの岡村さん、
まだ若いのに接客が何たるかを知っております。

(しかも英語が堪能っ!)

素敵な女性がまだ居ることを
再認識したチェックインでありました。
アクセス解析
<< グアム滞在記 #2/ ヒルトン... 『1号機溶融「収束工程に影響せ... >>