人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>myuuさん お初に..
by tukasa-gumi at 23:25
我が家は留守電機能のつい..
by myuu at 18:23
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:07
お久です('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 20:18
>omachi さん ..
by tukasa-gumi at 00:00
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:22
>yochy-1962さ..
by tukasa-gumi at 20:22
久しぶりにコメントさせて..
by yochy-1962 at 19:19
> levin-ae-1..
by tukasa-gumi at 01:01
消えました('◇')ゞ ..
by levin-ae-111 at 23:38








無料アクセス解析











                            
<< 『大人の基準超す放射性物質=2... < > 『すっげぇ やつら』動画 / ... >>
                            
地震の後で・・・ #2 / 心のリセットを経験して・・・
地震後、およそ20日間が過ぎようとしています。



久しぶりに渋谷の街に出てみますと
そこは地震前となんら変わらない風景が見られます。

屈託のない若者たちでにぎわっているのです。

『「繋がり」/人とつながっていたい』のかも知れません。



ただ一点、
舶来人の観光客の姿が見えないことを除けば・・・。





以下は、東京地方限定のお話しです。



原発の事故がおこって10日ほど過ぎた頃からでしょうか?

不安が増大する私と、
打って変わって多くの人が



「アレっ まだ原発 やっていたのォ?」

「食料事情もほとんど回復したしィ」

「電車も動いているしィ」

「階段使わずエレベーター乗るようになったしィ」

「余震・放射能? なに気にしてんのォ?」




こんな反応が多いのですよっ、ホント。



私一人 
「最初の雨はマズイんじゃぁないのォ!?」

などと物知りげに言うと



「ハイハイ ♪ 分かっておりますョ〜」

「あなた一人生き残ればいいじゃァない」


逆キレ気味に返答してくれます。

(「黒い雨」とかチェルノブイリのスポット
 知らないのかしらん?????)



TVの報道で何にも云わないから
問題ないと思っているんだろうなァ・・・。









b0003330_10382621.jpg
           これが ↑ 現実です


 東京に雨が降った22日の降下物(塵や雨)の放射能は
 昨日29日の およそ1,700倍ですっ!!

 セシウムに至ってもおよそ1,000倍っ!(21日)


 これは尋常な数字ではありません。


 これは、
 福島からおよそ250キロ離れている東京新宿の数字です。


 この都のデーターは悲しいかな翌日になならないと
 発表されないスリリングさがあります。




このような数値を聞いても、
それを自分の世界に置き換えるすべがないので、
今現在どのような状況下に私たちがいるか
全くもって理解できないのでしょう。


もしくはそれらの情報を知りたくないのかもしれません。




そして、
多くの人が 雨にぬれなきゃ大丈夫 と
思っているのです。









 その後に起こったことはペットボトルパニック・・・


 そう
 『乳児の飲用基準を上回る放射性物質が検出された問題』が
 発表されたのです。





これで一気に 原発事故 が都民の間で身近になった
と思いきや・・・全く意に関しない。





「死ぬ時は、死ぬのッ」

「たいした被爆じゃぁ無いらしいョ」

「20年後ぐらいでしょう? 発症」

「もう関係ない歳でしょォ?」



などと悟りきった人々の多さには
打ちのめされてしまいました、わたくし。









・・・どうやら彼女らは

「時間」や「景色」が止まったり

ゆっくり動いている・・・ということを実感していないらしいのです。


別のいい方をすると
今回の地震でダメージを受けていないのです、彼らは。

(私にはそう思えました)


地震はあったけど
「今はぢぇんぢぇん平気、いつもと変わらない」のです。





これらの反応は私にとってはとてもショックなことでした。






はたして、私の想いは間違っているのか?

情報過多でパニクっているのだろうか?







それとも彼らは「災害情報の重さ」に耐えかねて
自分がつぶれる前に情報を破棄し、シャットダウン
したのでしょうか?


(周りの多くの人が うつ になるので
 TVニュースは見なくなったと言っております)




もしかすると、
「天災の地震、人災の放射能」に関しては
自分自身があまりにも無力なので、
今現在を謳歌することを選択したのかもしれません。

地震はもう過去の出来事で
普段の生活にもどりたいのかもしれません。





人間の脳には「嫌なことを忘れる」システムが
そなわっていると聞いたことがあります。




現在はこのシステムが作動しているのでしょう、
それは日常生活をいとなむ上でとても
重要で必要なことだからでしょう。


(すぐに「水に流す」ことができる日本人の特性かもしれません)



しかし地震・原発事故で何らかで繋がっている
私たちは、心のリセットを経験したのです。



それは今気づかなくとも
いつの日か「あの地震からが最初のページだったんだ」

と理解できる日が来ると思うのです。



なぜなら「見えない放射能」の空気と食べ物とに
これから何ヶ月もしくは何年かは付き合うことになるからです。



それにいち早く気づいたのは残念ながら
当事者の日本ではなく海外の国々だったのかも
知れません・・・。


ぁぁっ何て こんな悲観的な・・・・









でも大丈夫!

このことがトリガーになり
世の中のシステムが変わり 今まで以上のより良い社会が
構築されると思います。





だてに 伝統食のある日本 ではないからです。








    つづく
by Tukasa-gumi | 2011-03-31 12:11 | へえ〜〜っ ? | Comments(4)
Top↑
Commented by らむ at 2011-03-31 14:49 x
気持ちわかりますー。なんだかんだ言ってテレビのマスコミ信じきってるんですよ。雨に濡れたコートを嫌がる私に押し付けてきたりして笑って喜んでる。悲しくなりました。。。
ちなみに東京に限らず、先週の京都市内も外国人がほとんどいませんでした。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-03-31 16:06
地震#2>らむ さん
たしかに数値でいったら
「直ちに影響をおよぼす物ではない」のですから
TV派にはオッケー問題ナシ なのでしょう。

海外のTVをみていたら早く離れたいと
思うのが当たり前なのでしょう。
(チョッとオーバーなところもありますけど・・・)
Commented by Shibano at 2011-03-31 19:51 x
松本市のいまの市長はチェルノブイリ事故のときに信州大学付属病院の医師だった人で、ボランティアで長く現地で医療活動をしていました。

枝野官房長官が異常値の出た野菜や水について「当面健康への影響はないから心配する必要はない」と繰り返していたときから、市長は「絶対に身体に入れてはいけない」と力説していました。

いったん身体の内部に入った放射性物質は蓄積するのであとあと害をおよぼす、というのがその理由でした。

市長は自分の体験から語ってますから、明らかにこちらのほうが説得力がありますね。
Commented by Tukasa-gumi at 2011-03-31 22:58
>Shibanoさん
そうなのですか、松本市長。
心強いというか羨ましいです。

内部被爆が一番恐れることなのですよネ、
とくに乳幼児〜大人の女性には。


来月は東京も都知事選なのですが・・・

何もこんな時期に、と思ってしまいます。

コメントありがとうございます。
アクセス解析
<< 『大人の基準超す放射性物質=2... 『すっげぇ やつら』動画 / ... >>