人気ブログランキング |
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 『【海保職員「流出」】同僚「う... < > 『空港スキャナーは危険であるか... >>
                            
魚屋さんは大変だァ / デパ地下生鮮食品売り場 改装
昨日足蹴に通うデパ地下に寄りましたところ
鮮魚コーナーの品が無いっ!




はてっ? と思っていると背広を着たスタッフが

「魚屋さんは今日で終わり、すべて半額っ〜!」
などと客を呼び込みながらパック入りの魚介類を
並べ始めました。


・・・めざとい私はさっそく近寄りチェック。


なるほど刺身・切り身・一夜干しまですべて
半額シールがはられている。


(あたくしは、あさりなどを購入いたしました)





・・・・心当たりがありました。


この店舗のお寿司の味が変わったのが筆頭で
並べる品が多様化したり、
威勢の良いスタッフの方の姿が見えないなァ〜
などと思っていたのです。





しかし何ですねぇ・・・

魚屋さんは難しいのでしょうネぇ、きっと。



肉屋さんと違い養殖類がすべてではありませんから。

(肉類ならは銘柄でそこそこ味の判断ができますでしょ?
 ジビエを一年中あつかっているよな物でしょうか?))




それに鮮魚は売り場を見ているかぎり
買い求める客が少ないらしい・・です。

煮たり・焼いたりが苦手なのでしょう最近の客は。



肉類とちがい
ひき肉・細切れがないですから

調理にあたっては人数分購入しなければならないとか
主婦にとっては扱いにくい食材というのも理由の一つでしょう。

ストック冷凍するなどの考えが肉類より劣りますし、
それにどうしても和食がメインのイメージありますでしょ?
お魚って。



それに、
ワインやビールに魚介類が相うとは思えないのですョ。
日本酒の消費量の下降とリンクしているかもしれません。




でもって何が一番問題点かというと、

魚の骨や皮 でしょう家庭ゴミの問題もしかりなのですが、
やはり肉類と比べると食べにくい・・・これにつきます。




こんな発想も食品がふんだんにある状況だから
言えるのでしょう。



食料輸入が止まった日には、
こんなこと言ってられませんネ。





ともあれ、
食べ物さんアリガトー です。







先日 デパートで鯛のアラがなんと半額大王の
50円也っ!! で販売しているのを発見っ。

さっそく買い求め、
その夜は鯛の炊き込みご飯をいただきましたァ。


もちろん骨で出汁をとり
にこごりスープとしてストックして活躍しておりますデス。
by Tukasa-gumi | 2010-11-16 13:10 | 食べ物さん | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『【海保職員「流出」】同僚「う... 『空港スキャナーは危険であるか... >>