人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ASPアクセス解析
AX                
                            
<< ウォシュレット後日談 / イン... < > 日本の平面文化はスンバラシイ ... >>
                            
どーしてマスコミ用語には軍隊(事)用語がこんなにも多いの??
先日新聞をチェクしていましたら
『レ軍、松坂に宿題「体幹、肩作り、太るな」』
というヘッドコピーの記事が載っておりました。


ここで舶来人の知人が
「日本語って軍隊用語、多いですね〜」と
言っていたのを思い出しました。




あたくし野球はぢぇんぢぇん知らないですが

どーして 『レ軍』 という表現を使うのでしょう??

読売巨人軍 ならまだ理解できます。

(確か 巨人「軍」・・・戦前に付けられた名前のなごりを
 未だに引きずっている通称?で
 名古屋金鯱軍対東京巨人軍 みたいに使われたそうです)




・・で考えてみたら
野球のニュース記事って軍隊用語のオンパレード!?



主砲・司令塔・参謀・遊撃・決戦・前哨戦・ 等々・・・。

戦犯 非国民 v玉砕とか。



さらに考えると、

パソコン用語にも軍隊(事)用語 を連想させる用語多し。

誤爆・襲撃・撤退・沈没・公式発表・大本営発表 ・別働隊 等々




最近とっても耳にする「撤収」も軍隊用語 だし・・・。

【撤収】てっしゅう ―しう

(1)施設などを、取り払ってしまいこむこと。
「テントを―する」

(2)軍隊が引き揚げること。撤退。
「基地を―する」



【動員】どういん 

(3)国内の資源や設備・人員を国家や軍隊の統一管理のもとに集中すること。
〔明治時代の軍隊用語から〕

なんかもそうです。




もっと考えました・・・


この「撤収」ってTVの収録時用語からの広まりと思います。

マスコミってそういえば

その昔は「受験戦争」「交通戦争」などと、なにかと
「戦争」と付けるよな気がいたします。

(まあ表現としては、判りかりやすく・簡単 なのでしょう)


選挙用語も軍隊用語が多いですねーっ。

「前哨戦」「序盤戦」「中盤戦」と選挙が進み「終盤戦突入」となります。と

 「タマが飛んだ」「実弾が飛んだ」なども流布されます。
 



ここまで来るとマスコミ関係ってみんな軍隊用語って思うほど・・。


ということは以前は 適切な日本語が無かった のかしらん??


それとも学校教育の一環としての 用語 が日常生活に浸透
会社などのチームワークを要する組織内で使われ続けた・・・
(体育の用語って そうでしょ?)


ということでしょか???




この話を展開して行くと

 近代オリンピックの五種競技って、ぢぇ〜んぶ軍事関連だし とか、

プラトンの私教育 VS ルソーの公教育 (『エミール』ねっ)、
ついでにオルタナティブ教育とかの話になり
政治・経済の話にまで行き着くので考えるのを止めたしだいです ハイ。



まぁ、時代が未だ成熟していない・・・ということでしょう。




何か消化不良のエントリーで申し訳ありましぇん です。
by Tukasa-gumi | 2009-10-15 09:52 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< ウォシュレット後日談 / イン... 日本の平面文化はスンバラシイ ... >>