「ほっ」と。キャンペーン
ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
タグ:火星・宇宙 ( 61 ) タグの人気記事
Top↑
NASA『宇宙では老化プロセスが逆行する』/ スプートニク
スゴイっ!

メモ。

NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ、
両者の体を調べ宇宙が人体に及ぼす影響を調べた。

結果、
老化と関係している染色体のテロメアの長さが、
宇宙に滞在していると短くならず逆に、
長くなったとのことです。








NASAー宇宙では老化プロセスが逆行する
2017年02月05日


NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ両者の体を調べることで、宇宙空間が人体に及ぼす影響を調べた。

NASAのスコット・ケリー氏とマーク・ケリー氏は一卵性双生児。昨年3月、スコット氏はISSで520日間を過ごしたあと地球に帰還した。また、マーク氏の宇宙滞在時間はそれより短く、54日1時間2分。

スコットさんがISSで過ごした一年間、NASAは体内の生物的生理的変化を追った。宇宙での長期滞在は記憶作業の速度と正確さに悪影響を及ぼし、骨形成テンポが遅くなった。さらに、腸内マイクロバイオームの構成が変化し、脂肪とホルモンレベルが上がった。予期しなかった主要なことは、染色体の末端にあるテロメアの長さの調査結果だ。生きているうちにテロメアは短くなっていき、これは老化と関係している。しかし、スコット氏の体内ではテロメアは短くなるどころか、伸びたのだ。

とはいえ、上記のすべての影響は、地球に帰還した後になくなり元に戻った。専門家はデータの分析を続けている。









【追記です】
DNAは運動により再生可能
2017年02月07日

米国と英国の医学者からなる研究チームは、ヒトDNAの寿命の再構築を始める効果的な方法を述べた。

『Experimental Physiology』誌に掲載された研究によって、1回の持久力トレーニングは、DNAの損傷箇所の再生を司る遺伝子発現を開始するのに十分だと示された。

研究チームはマウスを使い一連の実験を行った。マウスがトレッドミルで走っている間、チームは心筋機能を司る遺伝子の発現を監視した。走行の後、マウスの発現レベルは、安静時よりも高かった。

ヒトの体内で遺伝子の調節が行われるのも、同様の仕組みだ。チームは持久力運動をできるだけ多く行うよう推奨している。



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-05 14:30 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『地球の酸素、イオンの風で月に輸送される』/ Nature Astronomy
ネイチャー・アストロノミー誌によりますと、
 
月周回衛星「かぐや」の情報から


地球の大気圏から流れ出した酸素イオンの流れを
月の周辺に確認し、一ヶ月のうち数日の間
月を覆っていることを突き止めたました。
これは地球の大気圏の上層部の構成に相当する


そうです。








Biogenic oxygen from Earth transported to the Moon
by a wind of magnetospheric ions
30 January 2017















.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-01 17:34 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『宇宙が二次元のホログラムであるという証拠発見』/ Eurek Alert !  
メモ メモっ!








この宇宙が二次元のホログラムであるという証拠が見つかる
30-Jan-2017




b0003330_1331218.jpg






宇宙全体が二次元の平面から投影されたホログラムであるという
「ホログラフィック原理」を裏付ける観測データが発見された。

英国、カナダ、イタリアの物理学者と天文学者チームが発表した。
論文は物理学専門誌「Physical Review Letters」に掲載された。

プランク衛星による観測データから
宇宙背景放射(CMB)のゆらぎを精密に分析した結果、
CMBゆらぎはホログラフィック原理によって
完全に説明できることが分ったという。
・・・・・













.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-01 13:00 | 図書 | Comments(0)
Top↑
金星と火星が並んでいます
18時現在、
西のやや低めの位置に大きく輝く金星と
その下に赤くて小さな火星がピッタし並んでいます。





とってもキレイです。













,
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-01-16 18:03 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『中国人宇宙飛行士 宇宙で聞いた「ノックする音」』/ スプートニク
アポロ10号 NASAとの交信が切れいるにも関わらず
 ハウリングのような音が流れ始めた


とか

飛行士が船外活動を終えて船内に戻ってきたとき、
宇宙服から独特の甘い匂いを感じる


などの話がありますので、
ノックの音も有って然りかと?!




中国人宇宙飛行士 宇宙で聞いた「ノックする音」について語る
2016年12月02日

世界のマスコミは、中国人初の宇宙飛行士、楊利偉(よう・りい)氏が、2003年に宇宙船に乗っていた時に奇妙な音を聞いたという話を議論している。
楊氏は、2003年10月15日に打ち上げロケット「長征」によって地球周辺軌道に投入された宇宙船「神舟5号」で宇宙を飛行した。 楊氏は、「私が宇宙で遭遇した珍しい状況は音にあった。その音は時々聞こえた」と語った。 楊氏は、国営テレビの番組で、音はどこからともなく聞こえたと述べ、「宇宙船の外からでも内側からでもなく音がした。誰かが宇宙船の船体をノックしているかのような、木製のハンマーで鉄のバケツを叩いているような音だった」と語った。 また楊氏は、この音が飛行中にイライラさせた為、なぜ音がするのかを確認するために窓に近づいたが、特に何も見つからなかったという。 楊氏は地球に帰還した後、この奇妙な音について飛行指導部に語った。









出て参りしまたァ『中国 月園着陸捏造説』/ 検証動画




















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-12-02 01:04 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
NASA画像検証 / アポロ12号の月面探査画像
暇だったのでコチラの月面画像をレベル修正してみました。




こちらが元画像
b0003330_123197.jpg





レベル修正してみました
b0003330_1244898.jpg
















ついでに似た画像を貼付けます
b0003330_1292379.jpg








レベル修正してみました
b0003330_1255357.jpg










多くはこんな感じ
b0003330_13112265.jpg








元画像です
b0003330_1312226.jpg















画像修正ソフトをお持ちの方は、ご自分でお確かめください。

(たまに画像をレベル修正した痕跡のグラフ波形があったりします ョ)






もしかしたら、
中国のこのような月面画像を発見できるかもしれません!?!


『おかしな(何かある?)『中国、40年ぶりの月面写真』/
嫦娥3号・玉兎号』
b0003330_20552075.jpg










NASAの画像はコチラ ↓ からお借りしました
https://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_232.html
Apollo 12: Lunar Module Intrepid On the Moon

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-21 13:14 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
{「観測可能な」宇宙にある銀河従来説の20倍』/ AFP
何しろ『銀河』の数ですからネっ。



メモ メモ。







「観測可能な」宇宙にある銀河は2兆個か、従来説の20倍
3 時間前

宇宙には2兆個という、気が遠くなるような数の銀河が存在するとの研究結果が13日、発表された。これまで考えられていたよりも最大で20倍多く存在することになるという。

 米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された研究論文によると、この驚くべき発見はハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)で20年にわたり収集された画像データで構築した3次元モデルに基づくものだという。

 米天文学者エドウィン・ハッブル(Edwin Hubble)が1924年、太陽系がある天の川銀河(Milky Way)に隣接するアンドロメダ(Andromeda)銀河が、天の川銀河の一部ではないことを証明して以来、宇宙にはどれくらいの数の銀河が存在するのかという問題に、科学者らは頭を悩ませてきた。

 だが、現代天文学の時代においても、銀河の数を正確に集計するのは困難であることが判明していた。

 そもそも、遠方の天体から放たれた光が地球に届くまでの時間を考えると、その到達範囲は有限であり、宇宙全体の一部でしかないからだ。残りは事実上、「手の届かない」ところにある。

 また、今回の最新の研究成果によると、この「観測可能な宇宙」の範囲内でさえも、現在の技術では、そこに存在するもののわずか10%しか見ることができないという。

 研究を率いた英ノッティンガム大学(University of Nottingham)のクリストファー・コンセーリチェ(Christopher Conselice)氏は「宇宙に存在する銀河の90%以上がまだ未調査だとは、気が遠くなるような話だ」とコメントしている。「次世代の望遠鏡を用いてこれらの銀河を観測すれば、興味深い性質を発見できるかもしれない」と、コンセーリチェ氏は声明で述べている。

 宇宙の歴史の異なる時期の銀河の数を調べるため、コンセーリチェ氏と研究チームは、ハッブル望遠鏡で収集された深宇宙の画像データを用いて、それらを丹念に3次元に変換した。

 今回の研究では、宇宙の起源と考えられている大爆発「ビッグバン(Big Bang)」が起きて間もない130億年以上前まで時間をさかのぼる分析を行った。

 研究チームは最新の数理モデルを使用して、望遠鏡の観測範囲を超える「不可視の」銀河の数を推計した結果、その大半があまりに光が弱くて遠く離れているために見えていないという驚くべき認識に到達した。

 宇宙が誕生してからまだ数十億年しかたっていない時期には、一定の空間体積内に存在する銀河の数が現在の10倍だったことを、今回の結果は示唆している。

 これは「銀河同士の大規模な合体現象を通じて、その数を減少させるための重大な進化が起きたに違いない」ことを示唆している。












.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-14 12:31 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
JAXA「かぐや」の全データ公開 / やっぱり不自然?!
「かぐや」搭載ハイビジョンカメラ(HDTV)のデータ公開
2016年9月26日

というので動画を中心に観ていたのですが・・・


やっぱ、
地球と月面の色に違和感を感じてしまう私です。




Lunar South Pole Earthset Viewed by Kaguya Spacecraft






『宇宙から見た地球の色は?/ 知らせてはいけない・・』















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-13 20:57 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『日本の学者 地球の金がどこから生じたのかを語る』/ スプートニク
一応メモ。







日本の学者 地球の金がどこから生じたのかを語る
2016年10月10日

東京工業大学の学者たちは、地球のマントルに存在する貴金属がどこから生じたのかを突き止めることに成功したと発表し、地球形成の理論に疑問を呈した。

東京工業大学のブラッサー ・ラモン教授と井田茂教授は、地球、月、火星の形成が始まってから3億年にわたってプラチナと金のレベルがどのように変化したのかを分析した。教授らは、プラチナと金は地球のマントルに何百万年も蓄積されたものではないと指摘している。その数は別の天体との衝突によって劇的に増えた。それが起こったのは約45億年前。すなわち地球の地殻が形成される前だった。 教授たちは、入手したデータに基づき、地球は遠い昔、天体の攻撃に頻繁にさらされていたわけではないと主張している。そのため教授たちは、先に提唱された地球形成の理論を見直す必要があると考えている。














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-12 00:30 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『中国の宇宙ステーション制御不能で地球に落下』/ IRORIO
先日、
「第2の宇宙ステーション」の打ち上げ成功した中国ですが・・

2011年に打ち上げた宇宙ステーション「天宮1号」が
制御不能になり来年後半には地球に落下 とのことです。



以前、こんな事もありました。
『米国衛星「UARS」落下/日本直撃っ!?!』・
『落下する人工衛星のよけかた』








中国の宇宙ステーションが制御不能に…
来年中に地球に落下する可能性が
IRORIO


中国は、2011年に打ち上げた宇宙ステーション
(軌道上実験モジュール)「天宮1号」が
制御不能になったことを正式に発表した。



・来年後半には地球に落下
本来、「天宮1号」は軌道上をいつまでも回り続け、
機械に寿命が来た後は、地球からの遠隔操作によって
無人の海洋に落下させるか、
大気圏中で燃え尽きさせるはずだった。
ところが、制御不能となったため、
軌道上にとどまることさえ出来なくなってしまった。
中国政府は、
「来年の後半には天宮1号が地球に落下するだろう」
と発表した。



・落下地点の予測は立たず
制御不能となった天宮1号が、いつ落下し始めるか、
そしてどこに落下するかは誰にも分からない。
著名な宇宙物理学者であるハーバード大学の
ジョナサン・マクダウェル教授はこう言う。

「それ(天宮1号)がいつ大気圏に突入するかは、
数日前になっても予測できないだろう。
6〜7時間前になってやっと分かるのがいいところだ」

「また、大気圏突入がいつか分からないということは、
落下地点の予測もできない」

最悪の場合、空中で爆発し、
多くの残骸を地上に降らせるということにもなりかねない。




・「ほとんどが燃えて無くなる」と中国
中国当局の担当者は、「我々の調査と計算によれば、
天宮1号のほとんどの部分が、
大気中で燃えて無くなるはずだ」と言い、
地上に被害をもたらさないと強調している。

だが、前出のマクダウェル教授によれば、
天宮1号のエンジンは大きく、
大気圏で完全に燃え尽きることはないとのこと。
現在も中国は、天宮1号の制御回復に努めている。
成功を祈りたい。

出典元:China's Tiangong-1 space station to crash into Earth in 2017 - UPI(9.21)
出典元:China's space station is 'out of control' and will crash into Earth - but no one knows where the debris will land - MailOnline(9.21)





ーーーーーーー





中国「第2の宇宙ステーション」打ち上げ成功 今後10年間かけ規模拡大の意向
2016.9.18



b0003330_11541386.jpg














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-23 12:19 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析