ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
< >
                            
タグ:ビックリっ! ( 667 ) タグの人気記事
Top↑
南極の地中?にあるUFO だそうです?!? / 画像
北朝鮮関連がつづいていますので、
この辺で息抜き。

トンデモ系のエントリです。



この画像、
南極で発見されたUFO画像で拡散されておりますよネっ?!



b0003330_134650.jpg








でも、
良〜く観るとと何だかつじつまが合わないのですョ。


地表にいる人の影の方向が、ハテナ?なのです。







b0003330_1481776.jpg







b0003330_144360.jpg







NASA月面の宇宙飛行士の検証画像もどき です。






南極ではカメラの具合でこのような、
拡散した影が出来るんだろうなァ と思った私でした。











ちなみに、
画像をレベル修正した。



b0003330_204615.jpg







撮影に詳しい知人がいる方は、
この画像を見せて意見を聞いてみて下さい。










眠たいのでこの辺で失礼いたします、

悪しからず、







同じ場所の別アングルのUFOらしいのですが・・・




b0003330_217178.jpg







どう見てもUFOの角度が一致いたしません。



きっと氷が溶けたりした、後日の写真なのでしょう。








なっとく、納得 ?
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-04-19 02:10 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
画像:火星地表にある「飛行士の足跡」?! / Mars As Art
ネットで話題
になっているので貼付けます。











b0003330_121131100.jpg

Mars As Art






まぁ、こんなのカワイイ方ですから・・・



足跡 ねェ。






時間がありましたら、画像をチェックしてみたいと思います。






『『バズは火星に戻りたい』/アポロ飛行士ユージン・サーナン インタビュー 』







『人類は1979年、ひそかに火星に上陸していた』 / ロシアの声


















[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-30 12:12 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『日本の科学者らが月面に地下トンネルを発見』/ スプートニク
これまたメモ。

JAXA、辞めさせられなきゃ良いけど春山さん。

『春山純一のホームページ:自己紹介』Not Foundになってます )





「月にたくさんある不思議な地形を調べたい」
JAXA 春山順一

b0003330_1302825.jpg















日本の科学者らが月面に地下トンネルを発見
2017年03月28日


宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

日本人研究者らは長年にわたって月面の穴の研究を行っており、月のマリウス丘縦孔もすでに2009年の時点で見つけている。その際に研究者らは地下トンネルは冷えた溶岩によって形成されたものとの仮説をたてていた。2機目の月探査衛星「かぐや」のおかげでマリウス丘縦孔周辺にある同様の穴の調査は前進した。

ハルヤマ氏は現時点ではトンネルが溶岩によるものという確証は得られていないとの見方をしめしているが、仮説が裏付けられた場合、このトンネルは宇宙調査基地のための場所として用いられる可能性がある。







春山 純一 助教
Junichi HARUYAMA


春山 純一 助教
Junichi HARUYAMA
学位 理学博士(京都大学、1994年)
研究テーマ

SELENEデータによる月の謎の解明
  月の極~水は有るのか?~
  月の縦孔・溶岩チューブ ~様々な科学テーマを含む未知なる領域~
  クレータ年代学 ~月表面の形成時期を調べる物差し~
  月表面の渦巻き ~磁気異常とも関連する不思議な模様~
  等の解析・研究
国内外の月惑星探査ミッション参加
自己紹介

宇宙科学研究所で月惑星科学研究・月惑星探査プロジェクトに携わっています。また、JAXA月惑星探査グループ(JSPEC)の一員として、月惑星探査を企画・推進しています。
(詳細は、次のURLをご覧下さい:春山純一のホームページ:自己紹介 )

(学生の方々へ)
地球・月惑星科学は、日本の将来担う人々にとって、是非学んでもらいたい学問です。まず第一に、それ自体が面白い! 地球は言うに及ばず、今や多くの探査機が飛び実地でデータを取得し、サンプルまで持って帰られる時代です。こうした多くのデータを総合して解析し、より確からしい解を知りうる段階に来ているのです。一方で、データが集まれば集まるほど、解くべき課題が増え、かつ謎が深まっていっているのが地球・月惑星科学です。複雑極まりなく見える事象を、多くのデータを駆使し総合的に解釈し突きとめ、その解を得たときに得られる感動体験は(或いは、往々にして、結局答えが得られずに悔しく思う苦い体験)は、例え将来学問の道には進まず社会に出るとしても、社会の中で力強く生き、我が国の将来に明るい未来を見せることに先導的な立場になってもらえる人材になるために、大いに役立つと思っています。

更に、地球・月惑星科学の特質は、その対象が、我々人間がまさに立つ地球を理解しようとする学問であるということです。つまりそれは、先に述べた「純粋に面白い」という以外に、この学問分野で得られた知見は、我々人類の将来をよりよくすることにつながる可能性も大きい、ということです。地球・月惑星科学の知見でもって我が国の更なる繁栄、そして世界の繁栄につながることにもつながることが期待されるのです。資源の少ない日本が、その智恵で貢献できるとすると、この地球・月惑星科学の分野がその一つではないかと思います。

地球科学という学問は、古来、実地に即した学問でした。しかし、テクノロジーの急速な発達によって、人工衛星、或いは月惑星探査機という強力な武器が与えられることになりました。この武器によって、全球的な調査や、月惑星探査に基づく比較が可能となり、地球「月惑星」科学という学問に大きく広がったのです。こうした、人工衛星、或いは月惑星探査機を打上げられる技術を独自に持つ国は、実のところそう多くありません。宇宙探査技術の先進国である日本は、その意味で、宇宙科学を学ぶと言う点で非常に恵まれた国であり、その技術を発展させ、学問の発展において中心的な役割を担うことは、我が国の特権であり、使命でもあります。このことからも、我が国の将来を担う人たちに、是非とも地球・月惑星科学を学んでもらい、理解を深めてもらうとともに、この学問に興味を持ち、この道へと進んでくれる人たちがでてきてくれればと思っています。











『どうやら、南極大陸には大きな穴が空いているらしい?!/ 国立極地研究所・JAXA』
























.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-28 11:46 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
FBI機密ファイル:UFOは「異次元からの来訪者」/ FBI
ヒラリーさんの幻の選挙公約:UFO情報公開を待たずとも
FBIやCIAがUFO情報を公開してくれました。


今回のFBI内容で巷のトンデモ住人が騒いでいるのは、
『“エイリアン”は宇宙人でない』ってーこと。




これ伝説の雑誌?「トワイライトゾーン」の
最終号のマンガ(「エイリアンの正体」みたいな)と
合致するのですョ。



・・・ということで、
最先端?のUFO研究家の間では
知られてい、ということなのでしょう ネっ。








FBIファイル:UFO Part 1 of 16



b0003330_0293829.jpg




PC翻訳

1.ディスクの一部が乗組員を運び、他は遠隔操作している。

2. 彼らの使命は平和です。
 来場者はこの飛行機に定住することを考えている。

3.これらの訪問者は人間のようなものですが、
 はるかに大きなサイズです。

4.彼らは地球の人々を鍛錬するのではなく、
 彼ら自身の世界から来ます。

5.私たちが言葉を使用するとき、
 彼らは惑星から来るのではなく、私たち自身と貫入し、
 私たちには知覚できないエーテル性の惑星から来ます。

6.訪問者の身体と工芸品は、
 私たちの密な物質の振動速度を入力すると自動的に実現します。

7.ディスクには輻射エネルギーや光線があり、
 攻撃する船を容易に崩壊させます。
 彼らは自由意志でエーテルを再入力するので、
 私たちのビジョンからは痕跡がなくなります。

8.彼らが来る地域は「アストラル・フロンティア」ではなく、
 ロカスまたはタラスに相当します。
 難解な問題の学生はこれらの用語を理解するでしょう。

9.彼らはおそらくラジオで到達することはできませんが、
 おそらくレーダーで行くことができます。そ
 の装置のために信号システムを工夫することができれば。





1. Part of the disks carry crews, others are under remote control.

2. Their mission is peaceful. The visitors contemplate settling on this plane.

3. These visitors are human-like but much larger in size.

4. They are not excarnate Earth people but come from their own world.

5. They do NOT come from a planet as we use the word, but from an etheric planet which interpenetrates with our own and is not perceptible to us.

6. The bodies of the visitors, and the craft, automatically materialize on entering the vibratory rate of our dense matter.

7. The disks possess a type of radiant energy or a ray, which will easily disintegrate any attacking ship. They reenter the etheric at will, and so simply disappear from our vision, without a trace.

8. The region from which they come is not the “astral plane”, but corresponds to the Lokas or Talas. Students of esoteric matters will understand these terms.

9. They probably cannot be reached by radio, but probably can be by radar. if a signal system can be devised for that apparatus.

UFO Part 1 of 16







『ロカスまたはタラス』ですョ!

しかもアストラル(体)の場所では無いと
言い切ってます。






これ絶対、
ヒトラー/ナチスのシャンバラを意識していますネっ!!





今回の情報公開はとっても重要な
ワンピースだと思います、個人的に。






















.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-12 00:30 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
NASA『宇宙では老化プロセスが逆行する』/ スプートニク
スゴイっ!

メモ。

NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ、
両者の体を調べ宇宙が人体に及ぼす影響を調べた。

結果、
老化と関係している染色体のテロメアの長さが、
宇宙に滞在していると短くならず逆に、
長くなったとのことです。








NASAー宇宙では老化プロセスが逆行する
2017年02月05日


NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ両者の体を調べることで、宇宙空間が人体に及ぼす影響を調べた。

NASAのスコット・ケリー氏とマーク・ケリー氏は一卵性双生児。昨年3月、スコット氏はISSで520日間を過ごしたあと地球に帰還した。また、マーク氏の宇宙滞在時間はそれより短く、54日1時間2分。

スコットさんがISSで過ごした一年間、NASAは体内の生物的生理的変化を追った。宇宙での長期滞在は記憶作業の速度と正確さに悪影響を及ぼし、骨形成テンポが遅くなった。さらに、腸内マイクロバイオームの構成が変化し、脂肪とホルモンレベルが上がった。予期しなかった主要なことは、染色体の末端にあるテロメアの長さの調査結果だ。生きているうちにテロメアは短くなっていき、これは老化と関係している。しかし、スコット氏の体内ではテロメアは短くなるどころか、伸びたのだ。

とはいえ、上記のすべての影響は、地球に帰還した後になくなり元に戻った。専門家はデータの分析を続けている。









【追記です】
DNAは運動により再生可能
2017年02月07日

米国と英国の医学者からなる研究チームは、ヒトDNAの寿命の再構築を始める効果的な方法を述べた。

『Experimental Physiology』誌に掲載された研究によって、1回の持久力トレーニングは、DNAの損傷箇所の再生を司る遺伝子発現を開始するのに十分だと示された。

研究チームはマウスを使い一連の実験を行った。マウスがトレッドミルで走っている間、チームは心筋機能を司る遺伝子の発現を監視した。走行の後、マウスの発現レベルは、安静時よりも高かった。

ヒトの体内で遺伝子の調節が行われるのも、同様の仕組みだ。チームは持久力運動をできるだけ多く行うよう推奨している。



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-05 14:30 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『バチカンとマルタ騎士団が対立、法王の指示を拒否』/ ロイター
すんごいニュースが入って来ました。





我々は、
ローマ・カトリックの下部組織ではなく、
(本当に)カトリックを信仰する独立した組織(国)であると、
全世界に知らしめたのです。



つまり、(テンプル騎士団亡き後の)
マルタ国家のクーデター(バチカン市国相手の)ですっ?!



聖マラキの予言通りに『ローマ人ペトロ』が、
最後の教皇になるのかも知れません?!?

聖人フランシスコの本名はペトロ
ベルゴリオ家はイタリア系の移民








トランプさんしかりで、
「揺さぶり」が激しいですネっ。


良くも悪くも、
次なるステップの道程なのでしょう !?













バチカンとマルタ騎士団が対立、人事めぐる法王の指示を
2017年 01月 12日




























.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-01-13 00:46 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『君は「ビタミンCの音」を聴いたか?!』/ 動画
君は『ビタミンCの音』を聴いたか?!


こんなタイトルが似合いそうな動画です。



以前流行った、ソルフェジオ周波数
同類の感じがします・・・が、
営利目的が入っているのが 残念です、個人的に。










8:36~
AMAZING! Scientist translates chemistry into MUSIC! (ELEMONICS)











『君は432Hzを聴いたか? /「シークレット」のシークレット』













.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-01-05 17:18 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『アリゾナ:フェニックスの通りにデビルマン(巨大な悪魔)現れる』/ 動画
まゆつばモノですが、
ディスカバリーTVで紹介されていたので貼付けます。



リチャード・クリスチャンソンさんの
Facebook
で1月1日10時11分の投稿です。


天使?という人もいます です。




Was a Creature Just Spotted in Arizona?! Crazy Footage Surfaces of GIANT 'Demon' Walking the Streets

















【おまけ】
b0003330_8474067.jpg

http://myjitsu.jp/archives/3712
イリノイ州マクレーン郡の男性 撮影 2015年11月
幅が6mほどで、尻尾のようなものが垂れ下がっていた









映画の宣伝だったりして・・・????






















.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-01-05 14:11 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
これがUFPOや宇宙人の正体だァ!?!/「目に見えない生命体」
ぉおっ、
やっぱりコレだったのですねェ!



「米国現代物理学誌」に掲載された、
核物理学者のルジェロ・サンティリ博士の論文によりますと、

大気中には不可視の生命体が溢れているが、
人間の目の構造(凸レンズ)では見ることができない。
凹レンズ(サンティリ式望遠鏡)を用いることで
観測することができる。


特殊な望遠鏡によって地球の大気圏に生息する
「目に見えない生命体」を確認したと発表したそうです。








興味のある方はコチラのPDF ↓ をご覧下さい。


地球の大気圏に生息する「目に見えない生命体」

Apparent Detection via New Telescopes with
Concave Lenses of Otherwise Invisible Terrestrial Entities
(ITE)






b0003330_1793440.jpg


















『未確認生物(タコ型宇宙人?)』/ 動画・拡大画像


















[PR]
by tukasa-gumi | 2016-12-24 17:12 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
『こはくの中から毛の生えた恐竜の尾の一部発見』/ NHK ニュース 動画
スゴイっ!



定説になりつつある、
恐竜には『体毛』があったことが
本格的に証明し始めています。







b0003330_1583185.jpg





b0003330_1593056.jpg








「こはくの中から毛の生えた恐竜の尾の一部発見」
12月10日







ミャンマー北部で採掘されたこはくの中から毛の生えた恐竜の尾の一部が見つかったと、中国とカナダの研究者が科学誌に発表し、恐竜の姿や進化の過程を解明する重要な手がかりとして注目されます。

この研究結果は、中国とカナダの研究グループがアメリカの科学誌「カレント・バイオロジー」に発表しました。

木の樹脂が化石になったこはくは、中に太古の昆虫や動植物が原型のまま閉じ込められ、貴重な標本となることが知られていますが、研究グループによりますと、去年、ミャンマー北部のカチン州の宝石市場で取り引きされていたこはくの中から、およそ9900万年前の白亜紀中期のものと見られる長さ4センチ足らずの恐竜の尾の一部が見つかったということです。

発見された尾には骨や毛などがついていて、CTや顕微鏡で調べたところ、鳥類とは異なり、尾の中で小さな骨が連なっていたことから、恐竜のものだとわかったということです。

研究グループでは、毛で覆われ、二足歩行していた小型の獣脚類の恐竜、マニラプトルの仲間ではないかと見ています。

カナダ人の研究者は「毛や骨がついた尾が見つかったのは初めてで、非常に驚いた」と話しており、恐竜の姿や進化の過程を解明する重要な手がかりとして注目されます。

ミャンマー北部では、政府軍と少数民族の内戦の影響で学術調査が遅れていますが、今回の発見をきっかけに、こはくに残された標本の調査などが進むことが期待されています。















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-12-10 13:05 | ビックリっ! | Comments(2)
Top↑
アクセス解析