ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
タグ:バイオリン(外伝) ( 123 ) タグの人気記事
Top↑
裏拍会話はお手の物 / やっぱり西洋の音楽なんだなァ
あたくし、英会話の勉強を始めました。



私が教わる英会話は米語のネイティブさん直伝の日常的なモノ。


したがって会話の発音も砕けている。





英会話のレッスンを終え日に
バイオリンの練習をすると何故かとっても楽チン。

スコア全体が、
英会話の文賞と同じように見えてくるから
とっても不思議。



今まで頭で理解していたアウフタクト*なんざぁ、
何の違和感もなくスムーズに演奏できる。


どうやら、
身体と脳が欧米仕様になっているらしい。








アウフタクトを例にとると、
会話の最初の出だしにポイントを置かない
裏拍子的なイントネーションになるからです。

(会話の出だしの発音は畳み込まれている)

*拍子が第1拍以外からははじまる極のコト






日本の会話みたいに
単語ひとつ一つに『拍』がるような話し方じゃなく、
一つの文を一小節に畳み込むみたいな感じ。



太鼓をドンドン叩くのと、
弓で一気に弾いてしまうのとの違いみたい。

(↑ 分かるかしらん?)




アクセントやスラーはもちろん8分音符や16分音符等で
成り立っているのですから、平坦な日本語の発音・会話では
理解するのに時間がかかる。



スコア(楽譜)と発声が同じなのですから、
欧米人にとってはクラシックの演奏ぅて
さほど難しく無いんだなァ と痛感したしだいです。




そういえば、
映画「T2 トレインスポッティング」
ピアノに縁がない主人公に
「学校でコードを習っただろ!?」と言って
無理矢理ピアノの伴奏をさせる場面があります。


日本人の九九と同じで、
これらは代々引き継がれているんだろうなァ と
甚く感じだ次第です、





















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-06-22 01:38 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
初心者が『2週間でマスターできるビブラート』・後編
『2週間でマスターできるビブラート練習砲』の
後編(三回目)です。





先生にビブラードのお披露目をいたしました

『肘の入れ方』にチェックが入りましたので、
自宅で修正練習をして『理解』いたしました、
ナゼに肘をいれないといけないのかが。

(指やバイオリンが、
時として横にぶれることが気になる先生と私)



前エントリーにも記したのですが、


手首と腕を『固定し』同率に肘を入れることで、
問題は解決、指がぶれることなく
まっすぐに反復し力も抜けることが出来ました。




ことばで説明するのが大変なので、
イラストに起こしてみました。




b0003330_1525959.jpg







要は、
押さえている指の横揺れが
バイオリン本体をも(前後ではなく)
横揺れをまねいている ということです。



指が指板にそって前後の屈伸をするならば、
バイオリンは前後の振動のみなのであご当てで解消。


ところが、
横(斜め)の振動(ぶれ)は、あご当てをしていても、
完全に解消するのが困難だということです。




肘と指の押さえ方はレッスン当初に
教わったハズなのですが、知らず知らずの間に
自分の都合の良い角度になっていたのですネっ。

(先生も納得)









伝授することが難しいと言われているヴィブラート。



つかさメソッドでの練習方法・解説が
少しはヴィブラートの参考になれば・・と思います。






ぁっ、
先生からは3の指を伸ばすトリル方式の練習は
「しないで下さい」との御触れが出ました です。




ついでに、
私は短期間のビブラート集中練習で
指のスジが痛くなってしまいました。





もし、『つかさメソッド』で練習するならば、
以上のことを深〜く考慮した上で練習して下さいネっ。





私はこの練習方法が一番理解しやすく、
また早くビブラートが身に付いたと実感しております。









以上、
3回にわたってエントリーいたしまた。

初心者が『2週間でマスターできるビブラート』

でしたァ〜。

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-28 22:35 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
初心者が『2週間でマスターできるビブラート』・中編
初心者が『2週間でマスターできるビブラートの練習』・前編
のつづきです。
(前編・中編・後編と三つに分かれております)







考えついた練習方法は、
以下のような動作。




2の指の前後の練習でどうしても
カックン カックンとぎこちなくなるのは、
主に2の指に脳が命令をしているからだと考えました。


その為、
どうしても2の指が固くなり、力が入ってしまう。



これを払拭するには、
3の指がリードしてあげれば良いんじゃない?!









3の指がトリルみたいな感じで2のポジションを押さえたまま
2・3・2・3と繰り返し3の指を伸ばしてあげると





b0003330_0245297.jpg








あ〜ら 不思議、2の指が3の指につられて
ヴィブラートのように前後の運動をしてくれていることを発見っ!





しかも3の指に脳の指令が伝達されているので、
2の指には力が入らない。




この練習を2日ほど繰り返しました。






・・・んで慣れた時点で、
3の指のトリル無しねっ と弾いてみますと


あ”〜〜ら 不思議、
最初の2回くらいはビブラートっぽく聴こえる。

(スゴイっ!)



良いんじゃない!?!







前回同様にサードポジションで練習してみると、
3の指や4の指が前後に揺れて
まさにヴィブラ〜ト なのである。






b0003330_1715156.jpg












これは楽しいっ!!





調子に乗ってA線〜E線を、
1の指から4の指まで練習すると



イケルっ!







1の指から4の指まで、
ビブラート(らしき音)が出来てしまったのです。

(強いて言えば、1の指がチョとぎこちない)





さらに調子に乗って
現在練習中の「へンデル:ソナタ 第3番 へ長調 」の
四分音符を箇所ビブラートを入れて弾いてみる。








ぉおおーーーっ!!!!




スンバラシイっ!



とってもバイオリンっぽくなる。


「カッコイイ〜っ!!」










しかし、


問題ははたしてコレが本当のビブラートなのかどうか、
自己満足に浸って錯覚しているのではないか?


というギモンが脳裏をかすめました・・・。







「時間かかますよ」と言われたヴイブラート。



2週間もしない期間で1の指から4の指まで
出来てしまう私のビブラート、

もしかしたら「何か間違っているんじゃない?!」
と思うと、
この練習を続けて良いものかどうか不安になるのです。




もし間違っていたならば、
一からやり直し。



現在の「練習癖」が修正する際にジャマになるのでは?


練習で出来てしまった「癖」を直すの、
けっこう大変なんだよなァ と思うワタシがいる。











レッスン日は3日後、
ちょうど物理的にバイオリンの練習が出来ない状態がつづく。





先生の判断を仰ぎましょう という結論になったわけです。








後編へとづつく。
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-15 00:37 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
初心者が『2週間でマスターできるビブラート』・前編

初心者が『2週間でマスターできるビブラート』の
始まりです。

(前編・中編・後編と3回に分けてエントリーいたします)








私が一番最初に練習したのは
先生のお手本通りの2の指(E線・A線)を
伸ばしたり縮めたりの練習。





b0003330_15562118.jpg









この「後ろに伸ばす」のが一苦労。

さらにこれで
弓で弾けと言うのだから、ムリ 無理。



指を手前に引くのは簡単なんだけど、
後ろへ伸ばすのは「頭(発想)の切り替え」が必要。



やっぱり?西洋は外へ外へで
日本の内へ内への身体の表現とは
違っているんだなァ と実感したしだいです。






したがって左手だけで練習。




カックン カックンとなりながらも
何とか連続運動が出来るようになったので
右手に弓を持ち弾いてみる。




ぉぉっ、
最初の2回ほどはビブラートらしい音が出る!



良いんじゃナイっ?!?



これでいきましょう と練習し鏡を見ると
何か違う・・・ような気がする。



手首がカックン カックンとなる結果
指が連動してビブラートとなっている。






b0003330_16123517.jpg










「先生のとは違うョなァ〜」




壁にバイオリン先端のスクロールを当てて
練習するも上手く行かない。




試しにサードポジションで手の
「月丘(手相での名称)」をバイオリンのボディに
当ててビブラートをやってみる。







b0003330_1715156.jpg











「フム、悪く無い・・・」

「ソレっぽい感じの音が出る」

「それに手首が反り返って、手前に来ない」



「・・・きっとこの動作を
ファーストポジションでやっているんだなァ(と思う)」












ということでファーストポジションで
練習するんだけど・・・出来ない。








手の平を後ろに押す感じで指を助けてあげると
手首のカックンはやや収まるも完璧ではない。







b0003330_185145.jpg

















なぜ出来ないのか、イロイロ考えました。










結果、
(私の場合)2の指を(主に)動かそうと
思っているからなんだなァ きっと。



それに
サードトポジションの時って、
3の指なんかが2の指より
大きく揺れ動いていソレっぽいもんなァ。




そういえば2の指って
考えている以上に小幅な運動でも
ヴィブラートっぽく聴こえるなァ・・・






?!?



ってーことは、
チョッと意識を変えれば良いんじゃない?!?







と、
この考えに達するまでおよそ5日ほど。








頭のスイッチの切り替えをせんと、
編み出した?練習方法に切り替えました。












つづく



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-11 19:45 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
『3Dプリンターで製作のヴァイオリン、その音色』/ 動画
一応バイオリンプレーヤーとして、
貼って置かなきゃと想いまして・・・・





Rhett Price Debuts Formlabs' 3D-Printed Violin








こちらの方が音色が良くわかります
3D Printed Acoustic Violin - Hovalin V1.0










ガラス製のバリオリン、というシロモノもございます ですョ。
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-01 18:15 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
またもや『人の声』が聞こえる・・・
本日バイオリンの練習をしていた時のことでございます。

一人メトロノームにあわせてヴィバルディの
「バイオリン協奏曲ト短調」を奏でておりますと・・・


左やや後方からマイクを通したような女性の声が
一瞬聞こえました。

ドイツ語のようなフランス語のような・・・
つまり何語か判別できないような 言葉 らしき声が聞こえたのです。





もちろん部屋には私一人で他にはおりません。




さすがにビックリしたので弓を止め、
左後ろを振り向いて
「・・・ ぁのー、何か言いました?」と
壁に向かって一人呟いた私です。





左後方いあるのはスリープ状態のノートパソコンと
観葉植物・・・・そして壁。





「何か言ったよねェ?」と言いながらパソコンを開けると
スリープから目覚めるマック君。



しかーし、音量は『オフ』状態になっておりました。


「・・・ってーことはマック君ではない ってーことだよネっ!?」

「まさかノートPCを通して盗聴しているとは思えないし???」



ラップトップを閉め観葉植物に向かって

「あなたじゃないよネっ!?」





もちろん鉢のサンスベリアは、
ウンともスンとも云わず。





ゴニョゴニョという感じではなく、
機械的な物を通したような(はっきりした)女性の
声だったのでとっても不思議だったのです。


頭の中や、頭の後ろからの声なら経験があるので
(ある意味)問題ないのですが、

2メートルほど離れた距離からのそれだったので
とっても「何んざんしょ?」ということなのです。




それに、
以前とは異なる場所と方向でしたもので・・・。






ということで、メモ代わりにエントリーしたしだいです。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-05-02 23:19 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
眠れる巨人の予知夢??? / バイオリンレッスン外伝
先日、バイオリンレッスンで先生がホワイトボードに
このような図を描いて練習局の譜面の順番を示して下さいました。



こんな感じ・・・(この図の 上に見えない譜面 有り)
b0003330_817416.jpg




(メロディは知っているのですが曲名を知らない私です。
 バロックの曲だと思うのですけど・・・有名な曲でした)




でもってその順番通りに弾くとチャンとミスらずに
弾けるではあ〜りませんかァ。


思わず
「弾けたァ〜!」と言ってしましました。




(この時はなぜか先生の 顔 は無し)






それに引き続き、先日はロングバージョンの
バイオリンレッスンの夢を見ました。







レッスンに行くと舶来人の取材があるとのことで
1時間ほどレッスンを遅らせてほしいとの要望。


まぁ良いかァ と思い快諾。


途中、駅でおしゃべりしていたらレッスンが始まる時間間近。


急いでレッスン場に行ったのですが、
肝心のバイオリンを忘れたことに気づく。

(現実の生徒さんも登場しておりました)


先生(現在教わっている先生ではありませんでした)が
「まぁ良いじゃない。こんな日はお話しでもしましょう」と言って、
中庭に長椅子を持ち出し太陽を浴びる。


先生は毛足の長い濃紺のとってもルーズな半袖を着ている。


先生の名字は先代の先生の名前に似ていたような覚えがあるのですが、
容姿はまったくの別人(ショートカットで30代)。

でも先生とはタメ口を聞いているので、
どうやらレッスン期間は長きにわたっているらしい。








とまぁこんな感じ・・・・

どうやら夢の世界でもバイオリンを教わっているらしい、わたし。





だから最近進歩が著しいんだナ、わたし!?









休日なんかで一回起きてからしばらくしてまたベッドに
横たわると瞬時に今朝見た夢の記憶がフラッシュバックする時があります。

(起きている時は早朝の夢の内容は忘れちゃっているのですけど)



やっぱりピローには要注意ですネっ!!
『ハワイ滞在記 その9 / 枕 要注意・眠れる巨人の予知夢?』
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-04-22 01:26 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
クラシック演奏家って “芸術家” ? その6 / かいとう編
『クラシック演奏家って “芸術家” ?/ 否、芸術が無くなった』
のつづきです。





少し前の朝日新聞に「人生の贈り物」というシリーズに
バイオリニストの前橋汀子さんの「絵を見てバッハの陰影を考える」
というコラムが掲載されておりました。


その文の中にこのような記述がありました。



「旧ソ連のレングラード(現サンクトペテルブルグ音楽院)の
 レッスンは」との問いに前橋さん以下のように答えておりました。


  チャイコフスキーのバイオリン協奏曲の授業で、
  ミハイル・ワイマン先生に「チャイコフスキーの
  オペラは見ましたか」と問われました。
  「『エフゲニー・オネーギン』や『スペードの女王』と
  見ないと、彼のコンチェルトは弾けない」と話されました。
  (そして前橋さんは)チャイコフスキーのオペラやバレエを
  鑑賞し、原作者プーシキンの戯曲も読みました。
  ロシア語のレッスンでプーシキンの詩も暗唱。彼の命日には、
  その傷がもとで亡くなったとされる決闘の場所に、胸まで
  雪に埋まりながら行きました。エルミタージュ美術館では、
  レンブラントの絵からバッハの音楽にある陰影を考えさせ
  られました。バイオリン、オペラ、詩、絵とつながっていく
  経験でした。
  ・・・・・





あたしゃ〜これを読んで、
長年のギモンfが氷解いたしました です。






演奏家は作曲家のバックボーンを知らなければ
それらの曲を表現しえない・・・、


これは画家が基礎的なデッサンを勉強しなと、
画家にはなれないというという事は違うと思います。








何回もエントリーしていますので端折りますが、
やはり演奏家は作曲家の曲をなぞり、
それを租借して最良の音楽的表現・演奏をする
ということであり、
私の定義する『芸術家』 定義その2とは異なると考えます。




作曲家やその時代背景・文化を知ることによって
その作曲家の表現したかった調べには近づくのでしょうけど、
演奏家ははたして作曲家の創造を超えることができるのでしょうか?





私は疑問に思います。












ジャズはもしかして有り?!?

『バイオリン外伝#20 /クラシック演奏家って “芸術家” ????』・
コメント

[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-04-11 18:48 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
消費税アップでレッスン料もアップなんだけど・・・
昨日4月1日からから
消費税が5%から8%に変わりましたネっ。

(実質 値上げ ですね、消費者にとっては)






我がライバルの通うピアノ教室も諸経費(光熱費等)と称して
レッスン料とは別途に月々400円(内税)徴収しております。


この400円(内税)が4月分の月謝から460円(内税)になるとのこと。

?????



今まで5%の消費税込みで月/400円ということは
「税抜き料金」は四捨五入して381円。


この381円に8%の消費税をかけますと411円
になる計算なのですが・・・・

なぜか460円とピアノ教室からの
『消費税に伴うお知らせ』には明記されているのです。


この数字がいくら考えても分からないのです。

(400 X 1.15 =460  ?!?)






『・・・レッスン料はかわらず、消費税の部分が変わり
 合計で高くなります。・・・』

(したがって結果的にはレッスン料、実感としては値上げです)



さらに
『・・・3月徴収の4月分の月謝からお願いいたします。・・・』


となっておりました。


(『お知らせ』のどの部分にも
 『諸経費の値上げ』とは記されておりません。
 消費税の総額の結果と云っております。)






数字におおざっぱな日本人は
「よく分からないけど良いじゃない、たかだか60円でしょぅ」
となるわけですが、
数字にうるさい?舶来人は「おかしい?!」と感ずるハズです。

(もちろん私もです)



いくら前倒しの慣習がある日本でも、
消費税がアップしていない月にアップする月の
差額を前もって徴収するのは・・・理にかなっているのかしらん?





ともあれ次回消費税が10%にアップした時、
このピアノ教室の諸経費(税込み)がいくらになるのか、


とっても興味がわく私です。




課税売上高が1,000万円を超えない事業者は
事実上『消費税』はまるまる事業主のポケットへ行くのでは?!?





などと勘ぐってします私です。















消費税は「居住を目的とする物件の家賃」にはかかりませんので
お間違えなく、家主さん。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-04-02 01:29 | 音楽 | Comments(2)
Top↑
『台湾立法院(国会)を学生らが占拠 生中継』/ バッハ演奏中
今、台湾立法院(国会)を学生らが占拠 生中継
見ているのですが・・・・


学生が国会(立法院)でバッハを演奏しています。



ネットの力はすごいです。

そして「日本語」で演奏者の解説までしてくれてます。


b0003330_1949051.jpg







何だか台湾の学生 スンゴイっ!!!


何か感動してしまいましたっ!!!









*演奏曲はバッハの「シャコンヌ」です。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-03-25 19:43 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析