ASPアクセス解析
AX                
                            
< >
                            
<   2014年 11月 ( 47 )   > この月の画像一覧
Top↑
火星の表面にオバマ氏の頭部発見!?/ マーズローヴァー画像
火星探査車(マーズローバー)がオバマ大統領の
頭部そっくりの岩が発見された という動画です。


この動画シリーズ魚の干物?がいたり
小人の顔が岩陰に写っていたりするのですが・・・



そういえば、
青年時代のオバマ大統領はテレポーテーションで
火星に行っていた時期があったなぁ(?!?)

だとしたらコレも有りかァ????

何て想ってしまいました です。





        President Obama's Head Found On Mars


b0003330_11344744.jpg





b0003330_1465516.jpg






望遠・ワイドを修正いたしますと・・・





b0003330_11421422.jpg










コチラは他の人が動画です
ぉ”ーっ、たしかに小人らしきモノが写っております。




            3 Tiny Alien Beings On Mars?
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-30 11:35 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
「ブラック・フライデー」とウォールマート / そのマーケット戦略
最近おとなになってから大学生になった知人がやたら
「ブラック・フライデー」なる言葉を発しておりますので
チョコッと調べましたら・・・

やっぱりネ〜ぅの産物でした。

(セール当初はあったのでしょうか・・・利用されております)





私が知る限りこれに拍車をかけたのは
かのウォルマートの「返品オッケー システム」。

(青果物の「100%返金保証(100% money-back guarantee)」
 キャンペーンさえありました)



かくして
クリスマスプレゼントやライスボールが終わってからの
返品が増えたのです。

(彼の国は日本と違う「発想」を考えつく人々が少なくないのです)




『人』が悪いのか『ルール』が悪いのかは問いませんが、
未だに「ブラック・フライデー」を咀嚼せず教えている(らしい)
大学教育の水準の低さに驚いたしだいです。



・・・講義の内容をそのまま受け入れる
 大人の大学生 も問題なのですけどネっ。














観るほどではない【おまけ】です
        Black Friday - Movie Trailer



 【ブラック・フライデー(Black Friday)】
 ブラックフライデー (買い物)
  - アメリカ合衆国で、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日のこと。
 クリスマス・セールが始まり、小売店が大きく黒字になることから
 こう呼ばれる。
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-30 02:01 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機の作り方』 / 動画
『テスラ・ファウンデーション』をチェックしていたのですが

発見できず・・・




その代わり?にこんな動画を発見いたしました、

   
      ニコラ・テスラのフリーエネルギー発電機の作り方






ケッシュ財団もいまいちパッとしない状態だし・・・


どうなのでしょう?!?
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-30 01:49 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
BSEと国際原子力機関(IAEA)の関係 /『核の用語解説』に
原子力の平和的利用を促進するとともに、
原子力が平和的利用から軍事的利用に転用されることを
防止することを目的とするIAEAがFAO (国際連合食糧農業機関)と
協力関係にあるとは知りませんでした。




そして
I A E A のサイトの pdf に【BSE】の文字があることも・・・。



『キャトルミューティレーションの真相っ!』/ 動画
まんざらでもないような気がしてきます。


(この論理で行くと鶏インフルエンザもそうなのですが・・・
ローレン・モレさんも賛否両論であることも事実です)






まずは JAEAのサイトに飛びます。

ページ内に
Technical(技術)の欄にGeneral Information(一般情報)があります、

その中のNuclear Glossary[106 kb, pdf]
これが『核の用語解説 』です。




【FAO とは】
FAO (国際連合食糧農業機関)
経済・社会・文化・教育・保健等分野において
政府間協定によって設立された世界的専門機関のうち、
国連総会の承認を受け国連経済社会理事会
と連携関係協定を結んだ国連専門機関のひとつ。
本部: ローマ(イタリア)






NUCLEAR GLOSSARY(核の用語解説)
のPC訳です


【BSE】:
 一般的に発狂していて知られて、-雌牛病気が、
脳と脊髄での海綿状の退行を起こす牛の致命的で、
神経変性の病気である牛海綿状脳症(BSE)。
BSEの伝染性のエージェントは、
誤折りたたまれたプリオン蛋白質の具体的なタイプである。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-11-30 00:22 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『ヴォイニッチ手稿』 / 全ページ 画像
オカルト系人にはとっても有名な
エール大学所蔵のヴォイニッチ手稿ですが、
そのページすべての画像がアップされておりましたので
リンクを張って紹介いたします。




コチラ ↓
ヴォイニッチ手稿(全ページ)





絵をみる限り

「夏休みの宿題みたいな落書き」

というのが正しい気がいたします です。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-11-29 13:17 | ビックリっ! | Comments(0)
Top↑
「あなたは預言者の存在を信じるか」/『モゴール族探検記』
モゴール族探検記/梅棹 忠夫 (著)
から抜粋です。




僧侶「あなたは預言者の存在を信じるか」

教授「私の宗教には預言者は存在しない」

僧侶「それでは、どのようにして神の存在を知り、神の教えを受けたのか」

教授「祖先から教わった」



僧侶「あなたの遠い祖先は、如何にして神について知ることが出来たのか」。

「わたくしはあなたの宗教の欠陥を指摘しているのではない。
 あなたの論理における欠陥を突いているのである。
 あなたは神の存在を肯定し、預言者を否定した。
 預言者なしに、いかにして人は神を知りうるというのか」。






・・・あなたが『教授』の立場だったら
どのように返答していたでしょうか?

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-28 23:24 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
『自民党 テレビ局に圧力・ウォルフレン氏 変わらない日本』/ 読売
先日の『NHKのオレンジブック(報道規制ルール)』
以上の圧力ですネっ。

(『公平』といえば公平なのでしょうけど・・・政権側には)




記事が長いので要点だけピックアップいたします。

(詳しく知りたい方はリンク先もしくは
 下のピンク色の『記事全文』にをクリックしてください。
 コピペした全文を載せております)

ミクロネシアの小さな島・ヤップよりさんの記事が
とっても詳しいですョ。






 自民党による報道圧力があったというスクープについて、26日の「ニューズ・オプエド」にゲスト出演したジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、「選挙管理委員会から来るならまだしも、一つの政党から来るのは一党支配の政治が存在することの証明だ」と述べ、大いに問題があるとの認識を示した。
・・・・・
DAILY NOBORDER 11月27日(木)1




その安倍政権がメディアに対して
報道圧力をかけていた内容は以下のもの。


(「選挙時期における報道の公平中立ならびに
 公正の確保についてのお願い」と題しております)


1.出演者の発言回数や時間を公平にする
2.ゲスト出演者の選定についても中立公平を期すこと
3.テーマについても特定の出演者への意見が集中しないよう
  公正を期すこと
4.街角インタビューなどの映像で偏った意見にならないよう
  公正を期すこと

b0003330_2121549.jpg
2014年11月26日(水)【ノーボーダー編集部】








【追記】です



早々と影響が出ているようです。






「朝生」で評論家出演中止 「質問偏る」とテレビ朝日
2014年11月28日

 衆院選をテーマにしたテレビ朝日系の討論番組「朝まで生テレビ!」(29日未明放送)で、パネリストとして出演予定だった評論家の荻上チキさんが「質問が一つの党に偏り公平性を担保できなくなる恐れがある」などとしてテレ朝側から出演を取り消されていたことが28日、荻上さんへの取材で分かった。
 タレントの小島慶子さんの出演も取りやめになっており、パネリストは各党議員のみとなった。荻上さんは「議員だけでないと中立性を保てないというのでは、討論番組の幅を狭めてしまう」と疑問を呈している。
 テレビ朝日広報部は「放送に至る過程については、従来お話ししていません」としている。

        記事全文
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-27 21:28 | 図書 | Comments(0)
Top↑
「白いマグロ」に「白いズワイガニ」水揚げ  / 次は何?
先日の21日は
白いミナミマグロ(インドマグロ)がセリにかけられ
26日には白いズワイガニが水揚げされました。



次は白い鯛かウニでしょうか????



b0003330_0515674.jpg





カガリさんだったら
どんな解説をしてくれたかしらん?!

などと思った記事でした。



b0003330_053734.jpg







「白いカラス」は数年前に写真付きの新聞記事がありましたネっ、

そうそう、
ヤップさんのツバメ到来にも白いツバメが載っておりましたです。
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-27 01:06 | 図書 | Comments(5)
Top↑
『Mg燃料電池と太陽光励起レーザーによる還元ご紹介』/ 動画
動画のタイトルがいけませんネっ。


内容は海水から塩を作る際に出来る塩化マグネシウムを利用した
環境・経済的にも優しい新エネルギー電池を作りましたァ

という宣伝動画です。




日本(否 世界中)ではこのような技術が
日々生まれているのですが、
なぜか実用化されるケースはとても少ないです。

(潰れてしまう既存の企業が出て来ちゃうせいでしょうか?!)





      Mg燃料電池と太陽光励起レーザーによる還元ご紹介





グラミンという会社の動画です

              汚水を飲み水に





ブログ内記事でもこんな情報があります。


『金沢大学が原発汚染水を毎時1000トン浄化する粉末を開発  仏アレバ社の20倍に相当』/ 日経新聞




放射性セシウム『鉄バクテリアで除染実験 』/ NHKニュース





コチラは商品化されたモノです
『水と塩で発電するLEDランタン』/ 宣伝です















【動画内容】
本編、弊社株式会社エネルギー創成循環(略称EGC)のご紹介ビデオでは、弊社が事業­化を進めているマグネシウムを中核に据えた完全な再生可能エネルギー循環システムの中­から、モバイルからEV、更には電車迄、多彩な可能性を秘めたマグネシウム燃料電池と­、マグネシウムを太陽光励起レーザーで還元するシステムをご紹介しております。これら­の技術要素の全ては、東京工業大学矢部孝教授が発明されて特許を取られております。

また、マグネシウムの安全な収納法等について、
お答えするビデオを作成中だそうです。
[PR]
by tukasa-gumi | 2014-11-26 20:17 | 宣伝 | Comments(0)
Top↑
戦後70年に向けて:「40年はしゃべるな」/ 毎日新聞連載
リンクを貼ってもダメらしいので
コピペいたします。


『陰謀本』として、内容は知っていたのですが
まさしくトンデモ本の内容そのままです。


とっても暗い気持ちです。


このレールで行くと、

山本五十六さん

天皇陛下

を経過したり行き着いたりしちゃうのですけど・・・。








戦後70年に向けて:原子の森、深く
 第1部・広島の謎/22 40年はしゃべるな
毎日新聞 2014年10月24日
http://mainichi.jp/shimen/news/20141024ddm002010184000c.html



戦後70年に向けて:原子の森、深く 
第1部・広島の謎/22 40年はしゃべるな

 原爆を免れた水田泰次さん(88)の戦後はどんなふうだったのか。京大から中央公論社に進んだ森一久さんより1年遅く、1949年春に卒業するとバレーボールの選手として東洋工業(現マツダ)に入った。「そやけど、すぐに上司とけんかをして辞めて、今度は西村(秀雄)先生の紹介で北陸の日本ステンレス(現新日鉄住金)に受かり、これも3カ月で辞めてもうた」

 戦後の虚脱感。「どうかな。とにかく仕事が全然ないんや。終戦の財閥解体やからな。3カ月、サバ焼いて食って、面白くないから広島に帰ったら、西村先生に怒られたよ。『わしが推薦して、こういうことじゃ困る』と。それで、今度は広島市で中学の先生しとったんよ。親のいる廿日市から通ってな。それで宿直室でマージャンしとったら、火事が起きてなあ。そのころ『学校の先生、3年もやったら、人に頭下げんようになり、威張って人間がだめになるからやめえ』とおやじに言われてな」

 水田さんは何事も笑い話にする癖が身についており、どんな話でも陽気に話す。

 「それで京都に寄った時、西村先生にあいさつしたら、『お前小さい会社に行かんか』と言われてな」。西村教授は本当に面倒見がいい。「なんでかねえ。僕は縁が深かったね。小さい会社、今の大阪合金や。もう社長になってから50年になるんやな。今は会長やけど」

 戦後、西村教授に「ありがとう」と言った後、あの日の話はもう出なかったのか。「それぎり」。「言いにくかったというのでもないよ。先生は言わんかったけど、30年、40年はしゃべるなっていうことを暗に感じとった。もしもしゃべったら、わしだけ生きて、まわり全部殺したことになるからね」

 「殺した」とは考え過ぎだろう。「そんな感じや。わし、死んでもいいから、助けよう思えば助けられんことないんよ、30万人の市民を。『疎開せえ』とみんなに言えば……。それ、言われへんかった……」

 水田さんの顔がかすかに引き締まり、目がうっすら光っていた。やはり戦後、いろいろと考えたはずだ。「考えたなあ、いろいろ。でも言われへん。言えない……、言えない」

 沈黙が訪れた。妻ら家族に原爆回避の話をしてきたのだろうか。「いや、しゃべってない」「息子さんたちには?」「しゃべってない……手柄話でもないもの」
<文と写真・藤原章生>
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-11-26 01:50 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析