ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
< >
                            
<   2014年 09月 ( 62 )   > この月の画像一覧
Top↑
『北澤宏一さん劇症肝炎で死去・71歳』/ 動画
あまりネットに上がらないので・・・・



福島原発事故の民間事故調委員長だった
北澤宏一(きたざわ・こういち)さんが26日、
急性肝不全で死去、71歳だったそうです。






昨年の9月に東京都市大学学長に就任したばかり・・・
早すぎる死といえるでしょう。

(東京大学名誉教授でもあるそうです)





ーーーーーーーーー リンク先で動画を観てください

・・・東京都市大学によりますと、
北澤さんは先月・8月下旬に体調を崩し、
都内の病院で治療を続けていましたが、
今月26日午後1時24分に急性肝不全のため
亡くなったということです。
通夜や葬儀は家族だけで執り行うということです。
民間事故調 北澤宏一さん死去
9月29日 18時44分


ーーーーーーーーー





           民間事故調 北澤宏一さん死去









急性肝不全って劇症肝炎のことですよネっ?




もしかしたら、書きかけ・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-30 13:47 | 図書 | Comments(0)
Top↑
『トルコのギレスンで黒海がオーバーフロー』/ 動画
『津波のような「高潮」が黒海から振る異常は、
 トルコの海岸を襲いました』

というニュースが入って来ました。


動画を見ると高潮どころではなく、ツナミです。

(嵐の影響らしいのですが・・・)





b0003330_12543913.jpg



ソースはコチラ ↓
Freak Tsunami-Like “Storm Surge” Waves
From The Black Sea Hit The Coast Of Turkey
SEP 29, 2014







Turkey Tsunami Caught On Camera | "Tsunami Hits Turkey" | VIDEO
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-30 12:50 | 図書 | Comments(0)
Top↑
世界は BRICS 経済へ!? / そうじゃなくって・・
アメリカの没落(倒産)が目立って来るごとに
BRICSとくに中国の台頭を肯定的にとらえる
記事をみかける回数が増えております。

(日本って地政的に米国と中国しかないらしいです。
 ユーロ圏は遠い国々なのでしょう・・・)





そりゃぁ確かに アメリカ一国世界独裁政府 も問題ですが、
なぜにここまで中国をもてはやすのかとっても疑問です。

(私が記憶するかぎり、北京オリンピック前夜からです
 いっきに中国経由の記事が増えたのは)







日本にも馴染みの深い?中国領土の
あの香港が
8万人が参加し、74人が逮捕されているのです。






b0003330_1285886.jpg









みんな社中国という国が
 社会システムが日本や欧米とは異なる という事を
キレイさっぱり忘れて発言しているのではないでしょうか?!

(もちろん資本主義にも大きな問題があります)




何かとってもギモンです。










そろそろ本当にほんとうに、
経済や武力の強いさが モノをいう時代 を終わらせましょうョ。








今宵もふけて睡魔が襲っております。


相変わらず尻切れとんぼでありますが
タイプを止めたいと思います。





開高 健の言葉を最後に、

『大人と子どものちがいは、
 持ってる玩具の 値段のちがいだけである』
 









『「自分の国は自分が助ける!」/ 台湾学生のスローガン 』

香港も市民の協力があると良いんだけど・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-30 01:53 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
なぜに会話中の『スマホのチェック』は許されるのか?!?
いつの頃からでしょうか・・・


携帯電話やスマートフォンをチェックしながら、
会話をするようになったのは?


この現象は知人・友人はもとより、
仕事の同僚・相手でもヘーぜんと行われる場合が
多々ありすぎなのですョ。




そんなスマフォ片手の相手は


・会話での意味不明単語を調べたり

・受信メールをチェックしたり


と、
とっても便利なツール(あら、恥ずかしいっ)として
使用しているらしいのですが、それはお門違い、



一対一の面と向かっての会話で
自分のデバイス(これまた恥ずかしい)を
操作することがルール違反といことを
知らないのでしょうか!?!


(まぁ知らないから行っているのでしょう)








対面している相手は『メールや検索 以下』という
サインを相手に自発的に出している事を
なぜに想像できないのでしょうか?






同僚いわく、
「会議中に知らない単語をチェックして何が悪いのですか?

 知ったかぶりをして通す方がもっと失礼だと思います」



と持論を述べます。







あのねーっ、
わたしが問題としているのはそうゆう話ではなく、
会話中はお互いに相手の顔や目をみて話すのが
マナーじゃない? ってーことを言っているのです。



あなたがスマホをタップしている間、
相手はあなたのチェックが終わるまで
お互いの会話が途切れるのです、
あなたのツールのために。


これが仕事での検索等ならまだ理解できますが、
(お互いに 利益がある検索 とかネっ)


自分の無知を補うために相手の時間や行動を
中断させてしまうような仕草はお話しになりません、

と感じている私です。






・・・とは言え、
今の時代はスマホ無しでは会話が成り立たない人種が
いるらしいですから、問題視するのは
私のよう古い人間だけなのかもしれません。



(そう、私の周囲でそのようなスマホの仕草をしたら
 そっこく『社会人間失格』の烙印を押されてしまいます)





「まぁ、そんなささいな事で」とお思いの貴方。



ならばソレを貫き通して下さい、
会話中の相手が婚約者の親御さんや
会社の社長の前であろうとも。






あたくし電話でさえ、
臨機応変に 出る出ない を使い分けております。

私のまわりでは当前の話しなのですけどネっ。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-30 01:05 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『霊』と『魂』 #4 / 『魂』の舞い降り 解説編
つづきです




ある意味地球の次元に縛られる『霊』と
そうでない(と思っている)『魂』について
もう少し記します。







『魂』はある意味とっても自由、
他の惑星や次元(パラレルワールド等)に
時としては臨機応変?に自由自在?に
アチラコチラと存在できるようです。

・・・というか、魂の(存在する)次元ですとそれは
当たり前の環境でありいたって普通の行いらしいです。


唯一、
魂の次元を下げてその環境を形成している『器』に入る意外は。

(まぁ、唯一 ってー訳はないと思いますが)







一方『霊』は地球の次元・環境下に幾度も肉体を借りて
経験を積み重ねている場合が多いので(地球でいう)過去の
自縛や束縛が甚だしくおおいのですが、
なぜか不思議なことにソレに慣れ地球のルールを熟知し
不憫な生き様に活路を見いだしているようです。

(慢性的な『安堵と経験』がその理由らしいです)







・・・でもって、
一番の問題はこの両者がなにゆえか『約束・契約』から
肉体を共有しお互いコントロールし『経験』を積み重ねるという
目的のためも『共存経験』をしているのです。





お互いに『目的』がチョッとずれているので、
生身の人間はこの両者の『思惑』に翻弄されるのですョ。







たしかにその終着点や目指すところは同じなのでしょうが、
いかんせん思考(の次元)が違いすぎるので
「サンデル先生の正義」は成り立たないのです。












繰り返します、
一人の生身の人間の(貴重な)3次元の肉体を
『霊』と『魂』が共有・コントロールしているのですから
ハッチャカメッチャカを通り過ぎて、何でも有りの
やりたい放題なのでしょう、この人間領域の地球は。

(これを『陽』ととるか『陰』ととるか、
 はたまた「両方アリでしょ!?」でこれまた大違いっ)






こんな感じだから、何でも在り・オッケーの
私たち人間下における地球環境 ということらしいです。



(いわゆるスピ系で
 「神界が決めて地上に「現れる」って、
 オカシイでしょっ!?!

 だったら地表の人間って、何の意味も持たないでしょ!?!)













プラトンが説くイデア有りきの人間社会、




これって有りなのかしらん?????








かくして、アセンションする地球 です。

(ある意味、独立・自立 ですね人類の)




何て言う人間に都合のいいエクスキューズは、
言いっこ無し。






地球や次元じゃやなくって、
『自分』で天と地にに両手両足をつけて
コントローラーから『自走』しましょう。





じゃなきゃ、
この地球というところに
来た
意味がありませんっ!









今宵も意味不明の乱文になってしまいました。



お許しアレっ。







不定期にづづく。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-29 00:49 | インナートーク | Comments(4)
Top↑
コンサートを視聴する / コンマスタは今宵も王様気分?!
モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」.
チャイコフスキー/交響曲 第6番 ロ短調 作品74「悲愴」
ヘルベルト・ブロムシュテットを聴きにでかけたのですが・・・・



コンサートマスターの
太ったペンギンがのけ反り反って
足を時折すべらすしぐさに
ついつい視線をとられてしまいました。


(なにしろ指揮者より目立つのですから・・・)






きっと彼は教えるのが大好きなのでしょう。










ホールのせいか、
心に響く音は2回、3回あっただろうか?
という音の包まれ方でした、あたくし。




しかし
隣の席の女性は時おり船をこいでいたので、
やはり良い音を奏でていたのでしょう、きっと。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-28 21:37 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
ディズニー映画『マレフィセント』/ ?! へんな?広告   その26
へんな?広告というより、
これはとても分かりやすク親切な広告です。






日本ならではの 許される表現 でしょう。




まさに
「ディズニー禁断の秘密がついに暴かれる」 です。





b0003330_0515770.jpg










拡大してみました。

b0003330_0595028.jpg








すみません、
ディズニーに関してはウォッチャーさん達が
多数いらっしゃいますのでこれ以上の
指摘はできません、悪しからず。









ヤギはなぜ 怖い ?!









           『マレフィセント』予告編
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-28 00:53 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『法人税35%を払っている企業数を主税局に問うたら』 / 山本太郎さん
まぁ『働く大人の常識』なのですが・・・・





『企業で法人税35%を払っている数を
 教えてほしいと主税局に言ったら












 それは存在しないと言われた』







動画リンク
2014年9月24日山本太郎議員 全国キャラバン(ヨドバシ梅田前)








あの『自民党本部の家賃未払い』はその後
どうなったのでしょうか?!
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-27 19:50 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
眠れる巨人の夢??? / 石に刻むことばを選ぶ
ソフトボールくらいのでこぼこした乳白色の
荒削りの石を手渡され「10文字丁度の言葉を刻むように」と
言われる。



“ Be Here Now" と入れようと
瞬時に言葉は浮かんだのだけれど・・・

10文字ではない、足りない・・・。





「あ〜ら、どうしましょう?」などと思っている内に
薄ら目がさめてしまう。


うつらうつらしうながらも
「Be Here Now, I 何てダメかなァ?」
などと考えながら起床。








どなたか夢判断してくれませんこと?!











“ Be Here Now."も
“ ."や“!"を入れたら10文字になるので
良いんじゃない?! などと思い直しております。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-27 01:43 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
『霊』と『魂』 #3 / 『魂』の舞い降り
つづきです


ここでもっとも大きな違いが『地球の霊』と『魂』が
同じ次元・環境下にはないということです。



ハッキリいって『地球の魂』でないかぎり『霊』と『魂』は
違う次元・領域から「入魂」されているのです。

(何だかややこしくてスミマセン、後ほど説明したいと思います)











かくして『霊』と『魂』の(ある意味の)せめぎ合い・葛藤が
おこるのです。


(極端に言うと。地球でのルールと地球以外のルールの対立です)




 
これを更にややこしくしているのは、
3次元の地球上においての『霊』の役割です。

(「祖先の『霊』とか守護霊とかです)



つまり、『魂』と相反する考えや役割をしたりと、
(これは言い過ぎかな?)

地球の自分の次元でのルール(輪廻とか)を基本にしているので
外からの『魂』のちょっかい(「約束」「取引」とも言う)を
素直に受け入れられないのです。
(このことが良いか悪いかは別問題です)


かくして、地球上での価値観に束縛されない
「未熟で経験が少ない『魂【アバター】』」は
 地球での転生の経験が圧倒的に少ない。
地球上の状況そして理解が追いつかなく(記憶が無いので)
とても生きる上で苦境にあうはめになってしまうのです。







・・・とまぁ、ここまではスピ系でよくあるお話し。




問題は、(だとするならば)
何故にそんな窮屈な地球に「入魂」したのか?



そして「地球の霊・身体」は
どうしてそのようなことを受け入れたのか?



それは「誰が想い・考え」「実行」しているのか?


さらにそのようなことは許されるのか?





という果てしもない疑問を生み出すことになるのです。









不定期につづく・・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2014-09-26 01:24 | インナートーク | Comments(0)
Top↑
アクセス解析