ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
< >
                            
<   2006年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
Top↑
バイオリンレッスン #58 / 遥かなる「メヌエット2番」
行ってまいりました。

「メヌエット2番」を練習しなかった つけ が
バレバレのレッスンでありました。
(一応先生には自己申告したのですけど・・・)

苦手の2の指(中指)と1の指(人さし指)が
離れてしまうのを先生から再度指摘される。

さらに3の指(薬指)で弦を押さえようとするとそれにつられて
他の指ばかりか手首・肘までいっしょに動いてしまう・・・。

まぁ 苦手な動作を他の仕草で補っていた つけ が
どっさり露呈してきたわけです。

もちろん前回先生にしてきされた右の肘を動かさない、
などを意識する暇はありませんでした・・・。




あきらめ顔の先生はしかたなく
「メヌエット3番」を弾いてくれる・・・

う 美しいっ!

 iorinxさんがコメントに書いてくださったように

『譜面に強弱もなくて、見た感じ全然つまらない譜面なのですが、
演奏家は曲を解釈して、曲想つけて演奏してます』

先生も同じことを云っておられました。

そこで早速自分でクレッシェンド・だんだん強く(大きく)
(こんなマークです → < )

をエンピツで楽譜に書き込む。
(実際は 自分で勝手に譜面に だんだん大きく のマークの
つもりで → を書いたらクレッシェンドを書きましょう と
先生に注意されたしだいです・・・)


ああっ それにしても 遥かなる「メヌエット2番」であります・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-31 11:40 | 音楽 | Comments(2)
Top↑
バイオリン外伝#23 「メヌエット3番」 / 奮闘記 その2
驚異的進歩っ! に自分自身驚愕した私は恐る恐る音符をなぞる。

おお”っ 馴染んだメロディー(?)が聞こえてくるっ!

うれしいではありませんかっ。

好きな曲なので なんとか指板を押さえる左指と弓を持つ右手を

頭の中のメロディに近付けて弾こうと努力をする・・・
(ここで今までの数々の失敗が活かされる)

・・・なんとか それらしく(メロディ)聞こえる・・・

なら もうチョッと進んでみましょう・・・

おお”っ これもなんとか 弾けるっ!!???

更なる欲が出て、もうチョッと進む・・・・

この繰り返し・・・

なんと最後まで到達っ! 
すんなりとは行きませんでしたが、かろうじて最後まで暗譜で弾ける。


すはらしい〜っ やるねーっ 私っ!

それ以上に 
この曲が弾けたら私のバイオリン人生 半分 終わっても良いとまで
思っていた「メヌエット3番」、
(残りの半分は ビブラ〜ト が出来ること)

これを かろうじてでも弾けることが とってうれしい!!!



後は練習あるのみ!


??・・・でもこれって
 長めのバージョン と異なるんだよなーっ・・・・たしか。


良いのかしらん??
勝ってに突っ走って?? 


自爆しそうな感じも無きにしもあらず・・・


まぁ 楽しいのが一番っ。
良しとしましょう。


・・・かくして「メヌエット2番」の練習は
しなかった1週間でありました・・・。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-31 11:15 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
『出口のない海』
観て参りました。

「亡国のイージス」に続く松竹の戦争映画です。

横山 秀夫 氏の書いた「出口のない海 」が原作らしいですが・・・

本当に映画のような 話 なのでしょうか??・・・そうとう疑問です。
(原作がそうなら そうとう筆者に ぎ も ん です)

ストーリーは人間魚雷の話なのですが・・・

私が書籍で知っている 戦争・人間魚雷・海軍・時世 とは
まるで異なった世界が画かれておりました・・・この映画。


戦争を知らない世代が観てこれが 当時の実情 と思ったしまったら
(私も戦争を知りませんが)
再び日本は戦争に参加してしまうでしょう。

いくらストーリーのなかで
現在の生活模様とシンクロさせるようなことをしても
それは 盲目の羊 を檻の中へ誘導しているようにしか思えない私です。

そして主人公のように死に行く のは 自分自身 であり、
自分の子供にそれを黙殺する 自分 を察して映画を観てください。
(そういう意味での 反戦映画 かもしれましんが・・・)



脚本が、山田洋次と『うなぎ』の冨川元文とのこと・・もう信じられません。

さらに、主題歌は竹内まりや夫婦です。








最後に 拍手 がありましたが
これは主演の 海老蔵ファン の拍手と思いたいです。



b0003330_1453762.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-31 01:45 | 映画/観劇 | Comments(2)
Top↑
ジャム ではなく コンフィチュール なんですって!?
ガ〜ん 知りませんでした。

巷でジャムが流行っているのは知っていたのですが・・・

最近はジャムといわず コンフィチュール と云うそうな・・・


これが一瓶(200g)なんと1200円以上もするのですっ。
(なかには3,000円以上する ヤツ もある・・)

ビン越しに中身を見てみると
寸止めらしいです、ジャムになる前の・・・
(こりゃあ〜 家で作るのとかわらない・・・????)


でもって調べると・・・


コンフィチュールとはフランス語でジャムを表す言葉です。
(なんだやっぱりジャムじゃないかっ!!)

長期保存するには糖度が60%以上必要だそうで、
フランスでは糖度60%以上をコンフィチュール、
50〜60%をミ・コンフィ、それ以下のものをコンポートと呼ぶそうな。

現在ブームは
フランスのクリスティーヌフェルベールさんが
作ったコンフィチュールからだそうです。

新鮮さが売り物だそうです。



ふ〜ん

そういえば 
わざわざジャムを食べにモーニングを食べに行ったとか
誰か話していたなーっ
(なんでもそのお店のパンにジャムがつけ放題だそうな・・)


海外じゃ肉料理に合わせて食べる 一品 もありあしたねーっ。


やっぱり甘い物 がブームになるのですねーっ。

夏場はチョコレートが売れないし・・・???


だれか お裾分けしてくれないかしらん???

実際食べてみないと 分かりませんから。



b0003330_126474.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-29 12:07 | 食べ物さん | Comments(0)
Top↑
初恋の女性の名前を 自分の娘につける 男性の心理
お客さんとの会話です。

お客さん
「男の人って自分の子供に
初恋の彼女の名前をつける ヤツ 多いよねーっ」


「エーそうなんですかーっ?
・・・そういえば聞いたことありますねーっ その話」

お客さん
「私の知り合いも 聡美 っー名前つけたもんねーっ 初恋の人なんだって、
だからその手の名前に弱いんだって」


「どういうことですかー??」

お客さん
「ちょっとした会話の中で さとみ っー名前が出てくると
 ドキッ とするんだって」


「エーっ本当ですかーっ??? その人だけじゃないんですかー?」

お客さん
「うんん 大学の友達なんかもそうだもん、
後ろから近付いてそっと耳もとで初恋の彼女の名前を言うと
 持っていたペンよく落としてしたもの。
よくみんなで遊んだよ、他のヤツらもにたようなもんだったなーっ」


「それって 女性 で聞いたことありませんよね、男性だけですよねー」

お客さん
「きっと世界共通だと思うよ」


「自分の子供に 彼女 の名前つけて・・・どうなんでしょう???」

お客さん
「私の友達はだんなを問いつめて 白状 させたって言ってたなーっ、
いやにその名前に固守したんだって」


「そりゃバレますよねーっ、へんなのーっ」

お客さん
「女じゃぜったい ない ネっ!!」


お客さん
「自分の名前の一文字をとって子供につける親とかいるじゃない、
あれって 運命を・・・・・」




・・・以上のような会話がしばし続きました。




はたして実情はいかに???

最近の男性だけに多いのでしょうか?
それとも
太古の昔からそうだったのでありましょうか???

身近な情報をお待ちしております。


b0003330_1155667.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-29 10:58 | へえ〜〜っ ? | Comments(6)
Top↑
スピリチュアル会場 探訪記
先日 都内大田区で開催された
 スピリチュアル関係の出展 会場へ足尾運びました。

招待券をもらっての会場入場でした。

正直 笑いをこらえるのに苦労いたしました。

なにしろ ここはコスプレ会場か?? と思ってしまう
(私個人的な感想であります)

怪しげな衣装?に身を包んだ人たちがおります。

もしくはちょっと きているなーっ(電波系??等)

固有総称名詞を出すと 失礼 なので書けませんが 
相当ーな人々が一同に集まっております。
(出展者も客もです)

出展内容は 
チャネリング・リーディング・レイキ・マッサージ・香り物・
オーラ写真・パワーストーン等など

その出展数およそ130のブースがありました。

あっ 無料セミナーや無料ワークショップもありました。


サイト・ブログでそこそこ有名?な方も出展しておりチョッとビックリっ。

無料セミナーに途中参加、席が一番前の席しかなかったので一番前へ。

講師の話をことある度に うなずく 傍聴者多し。(不思議な感じ)
話の内容は特に新しいものはなし、一番前だったので途中退場しづらく
1時間半もウトウトしながら聞いてしまう・・・。


セミナーが終わり、興味のあるブースへ行って話を聞くと・・・
ネーミングは同じでも ビミョ〜に本家とは異なるらしい・・・
どれもこれも。
(残念・・・)



会場は交通の便が不便?な場所
そしてこの会場に入るだけでも1,000円〜2,000円かかるはず。
(前売りとかで値段がことなる)

招待券でなければ 冷やかし半分 では来れません。


そして20分くらいの 人生相談? をして
やはり2,000〜3,000円取られるのです。
(約2400人の入場者数だったとか・・・)

その相談者の表情を見ていると真剣そのもの・・・当たり前かっ。

涙を流さんばかりの表情が最後には晴れ晴れとした笑顔になり
手を合わせて感謝している・・・これだったら安いのかなーっ本人は。

・・・しかしそういう人にかぎって 
また他の出展ブースに行きお金を払っている。
(アレコレ試してみたいのでしょう・・・??)

私は 美味しいランチ を食べに行った方が良いなーっ。

えっ どうしてそんなに観察出来たかって??
(知り合いのブースで時折店番をしておりました、私)

そんな会場風景を見て
これだったら次回私も 出展 できるなーっ と思ったしだいです。
(プロの方々 失礼っ)
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-28 11:13 | へえ〜〜っ ? | Comments(0)
Top↑
バイオリン外伝#22「メヌエット3番」 / 奮闘記 その1
一昨日は学長に 
バイオリンはステータス という話を聞きなっとく
(だからわざと難しくしているんですねーっ 楽器を??)

本日さっそく自主練習・・・(もちろん「メヌエット3番」)

オぉっ 楽譜が読めるではありませんかっ
(もちろん出だしの音符の上に
1・2・3とか指の番号がふってありますけど・・
確かに楽譜も「メヌエット2番」に似ている・・・)


それでも 読める のは私にとって 驚異的進歩っ!

知っている曲なのでチョッと間違ってもなんとか弓で音程?をひろえる・・
(うれしい・・・)

あこがれの曲が自分でそこそこ奏でられる・・・うれしいものです。

楽譜をよく見ると スラー がよく出て来ている・・・
しかも、同じようなところで・・・さすが教本だけあります。
(「メヌエット2番」がとってもよく活かされております、脱帽・・)

ともあれ あこがれの曲を弾くことで嬉し・楽しくしょうがありません。

「メヌエット2番」に円熟を重ねたかいがありました。


明日の練習しよーっと
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-25 21:24 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
外伝#21 バイオリン発表会 / 曲目選考にいたる路
つづきです。

PCで検索いたしました。

キーワードは バイオリン・曲・ファーストポジション・初心者 です。


しかしこれがなかなかヒットしない。
曲のタイトルがヒットしても 聞かない と分かりません。

でもって 音声 で検索して聞くのだけど・・・あまりパッとせず。


つづいて図書館へ(本屋さんへ行く気はありませんでした)

とりあえず関係ありそうなタイトルの本はリクエストしたのだけど・・・
これといった 本 はなさそう、みんなテクニック的な本ばかり。

「新しいバイオリン教本 2・3巻」というCDを借りて聞きました。
(これ 教本 というタイトルのくせして 教本 がついていないっ!
教本は別売りでしかも図書館に蔵書はナシっ!)

聞いてみるとやっぱり初心者用の曲ってパッとしないんだなーっコレガ。

「きよしこの夜」は良いのだけど・・・
シーズン終了 発表会は2月です・・。


そんなんでレッスン当日CDと弾けそうな曲目をメモした紙を持参。
(これがガボットやらメヌエットやらばかりで
作曲家の名前がCDのタイトルに記されていない)


先生が CDをチョッと聞いて
CDに続いてバイオリンで奏でてくれる・・・

なんだかそれだけでけっこう感動っ、
やっぱり 生 の音はうっとりいたします。


「パッヘルベルのカノン」これ好きなんだけど・・・
先生がさわりを弾いてくれて直ぐに分かりました、

私にはむずかしい・・・。



結論

先生いわく、
バッハの「メヌエット3番」は今の教本(1巻目)にも出てくるが
3 巻目にも長めのバージョン?があるとのこと。

とりあえず 長めのバージョン を練習し、実行できそうにない時は
1巻目の短めバージョン で実行・・・とのことと相成りました。



ということで 
しばらくは「メヌエット3番」奮闘記が続く予定です、

悪しからず。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-25 00:02 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
バイオリンレッスン #57 / 尽きることのない円熟を求めて・・
行ってまいりました。

今回ももちろん メヌエット2番 です。

1の指と2の指のポジションが分かるように
指板にテープを張っているのですが・・・

大幅に移動しておりました・・・
(チョッとは気が付いていたのですけど・・・ここまでとは)

弦を押さえる時に真上からではなく斜め上から押さえるためが原因とのこと。


移弦の時に手首が数字の3を縦に描くように弾きましょう。

つまり弓をもつ右手のひじを中心に(動かさない)手首のやわらかさで
移弦を行うと必然的に手首の軌道が数字の3を描くということです。
(この説明で分かっていただけましたでしょうか?)

ボーイングの正確さを要求されるわけであります・・・が、
たしかに最初の頃先生に教わった気が・・・。

最近は弾くので精いっぱい?ボーイングのことなど忘れておりました。
(どの部位を使ってどうやって弾くかは練習しているのですけど・・・)

たしかに先生の見本を見るとピタっとひじが止まり、
弦とひじは動かず手首が数字の3ををクルクルと描いております。
(さすが プロ です見とれてしまうほどです)

しかし、言われてすぐに直せるほど 上手くはありません、私。

右手に気が行けば左手がなおざり、もちろんその逆も当然あります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
学院の掲示板に 
” 来年の2月の発表会 ” の告知を発見したのは前回のレッスンでした。

学長じきじきの 私の優美な姿 を再び見たい とのリクエストもあり
http://tukasagumi.exblog.jp/3144276/
先生から次回のレッスンまでに決めてきて下さいとの指示。

私の好きな(弾きたい)曲を優先すると言われても、
好きな曲と演奏できる曲はまったく 別もの。

それにどの程度の曲が弾けるのかは自分でも判断できかねる・・・。

「主よ人の喜びと悲しみを」と「アベ マリア」は一蹴で学長に却下・・・。

バッハの「メヌエット3番」はこれが弾けたら
” 私のバイオリン人生の半分は終わって良い ”というくらい好きな曲。

・・・でもこの曲次回のレッスン曲。

この曲だけ発表会までの半年間やるのは・・・チョッと 辛い。


・・・・というわけで取りあえず
 PC検索と図書館で 調べましょうと思ったしだいです。


・・・・つづく。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-24 21:44 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
『ブラック・サンデー』
観てまいりました。

1977・米 原作は『羊たちの沈黙』のトマス・ハリスの処女作。
ジョン・フランケンハイマー監督作品です。
(これで内容が想像できますよねっ)

日本では劇場にテロ予告があったため
公開中止になったいわくつきの作品だそうです。

「黒い9月」というのは組織が映画に登場します、
この名前は1972年のミュンヘン五輪の時にテロ事件を引き起こした
テロ組織と同じ組織名をそのまま登場させているのですから、
やはり問題だったのでしょう。


約30年前の作品とは思えないほど良くできております。
(チョッと長いけど・・)

また 音楽 が時代を感じさせます。

ストーリーも丁寧すぎるほど画かれておりその発想・
アクションシーンも良くできております。


昔ながらの分厚いステーキを食べたような 映画 でした。
(びみょ〜な表現ですなー 我ながら・・・)


b0003330_2230724.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-08-23 22:35 | 映画/観劇 | Comments(2)
Top↑
アクセス解析