ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32
>ぴよぴ さん お初..
by Tukasa-gumi at 23:51
合歓木の花のように見えま..
by ぴよぴ at 03:59








無料アクセス解析











                            
< >
                            
<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Top↑
世の中捨てたもんじゃナイっ! / サイトの管理人さんに感謝
先日、
鉄道関係仕事の依頼がありサイトで調べたのですが今ひとつ分からず、
失礼とは思いつつ鉄道関係のサイトの管理人さんへ質問メールをだしました。


・・・
そうしましたら本日質問に対しての返信メールがきました。

見ず知らずのぶしつけな質問に時間をさいて返信メールを書く・・・
もう感謝、感謝ですっ。


なんかウェッブ関係って思っていた以上に あったかい く嬉しいです。
(この手の質問って関係のところに電話で問うても足げにされることって
少なくないですから・・・)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感謝すべきサイトの名は「路面電車と鉄道の写真館」です。


b0003330_22171452.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-30 22:17 | 宣伝 | Comments(0)
Top↑
あわや大惨事っ!/ 昨日の教訓『常に備えよ!』
昨日の早朝のことでした。

消防車のサイレンの音で目が覚めました(目はとじているんだけど・・)

「・・・どこで火事なんだろ・・??・・・」

ウトウト(うたた寝)

「?・・・それにしてもうるさい・・・」
「??・・・何台目の消防車・・??・・よっぽど大きな火事なんだな〜・・・」

再びウトウト(うたた寝)


その日は快晴。
洗濯物を干し終え、いざ仕事へ。

家から主な幹線道路へ出たところ アメリカ映画みたいに
歩道にテープが張られ通行不能。

「??」

歩道を見ると
自動車事故のあとみたいにガラスがこまかく割れて散らばっている。

「?・・事故??」

警察官もいる。
後ろを振り向くと 消防車っ!!

天をあおげば道路に面したマンションの最上階の部屋の窓が割れ、
室内がみえる・・・ススで天井が黒くなっている。

「ここが火事だったのかーっ。どうりでうるさかったはずだーっ。
しかも家から直線で100メートルくらい(!)

警察官に問うと幸いにも死傷者はいないらしい・・・が

う”〜っ 
睡魔は恐ろしい・・・
へたをしたら私の家に火がまわり、逃げ遅れ 焼け死ぬところだった・・・(?)


アブナイ アブナイ・・・。


昨日の教訓
『常に備えよ!』

皆さん
いつ何がおこるか分かりません、自分には関係ないと思わず
サイレンの音には敏感になりましょう。


b0003330_1632953.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-29 16:32 | へえ〜〜っ ? | Comments(4)
Top↑
『甲斐京子の夢劇場−ダンス・ソング・ドラマ5』
元松竹歌劇団(SKD)の女優、甲斐京子さんらの
「甲斐京子の夢劇場−ダンス・ソング・ドラマ5」を
観て聴いてまいりました。
(劇とレビューネっ)

客層は8:2で断然女性多し
(年齢層も 若くはない・・・場所は文京区)

内容は「落語の話を下敷きにした劇とレビューの二部構成で
入れ替わり立ち代わりでの衣装・踊り・歌とで、世界一周旅行(?)です。

チラシ(フライ)を見て ??チョッと・・・?? と思ったのですが
・・・たのしめましたっ。
(なにしろ一番前の席っ!)


リラックスして観劇でき
スパークリングでも飲みながら観たらもっと楽しめたでしょうね。

出演者の方々 歌・踊り・ステージ大好きなんですねっ。
伝わってきます。

出演者達の ありがとう という声と甲斐さんの客席とのエネルギーの
やり取りがみえました。

なんか小屋が小さくてかわいそう(200席ほど)
せめてこの倍のキャパだったら
もっと客の反応がよかったでしょうに・・残念です。


*ピンクパンサーを見にいく予定だったのですが
こちらを観て正解でした。


b0003330_1124498.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-28 01:13 | 映画/観劇 | Comments(2)
Top↑
バイオリンレッスン #48 / 想定外の進み方・・
行ってまいりました。

本日は 習作 の変奏、最後に メヌエット第1番。


習作 の変奏*に関してはやはりミュートでの練習の影響?か
けっこう弾けているつもりがやっぱり違っているわけですよ・・・
(*同じ音程を2度繰り返して弾く・・・ドレミ→ドド レレ ミミ)

いわく
弓のアップとダウンで弓圧(?)がことなりそれが音にでる。
(アップが軽く滑った音になっております)

1と2の指(人さし指・中指)の間隔がひらき音程が 異なる。

4 の指(小指)も、しかりです・・・。
(音で分かりますよね??)

楽譜のチャンと読みましょう。
(どこを弾いているのか分かってます??)

・・・つまり 今までクリアしていない箇所がやはり
問題の対象になっておるわけです・・・。

コレ反復練習あるのみ。


メヌエット1番 に関しては発表会で練習したので

スラー(音をつなげて引く)にスタッカート(音をはっきり切る)が
付いていてももう少し滑らかに弾きましょう。

以上 本日と今までの練習に対しての課題でした。



ゴールデンィ—ク中の課題としてメヌエットの第2番が出されました。
(・・・ということは 秀作とメヌエット第1番は、 お わ り ??
想定外の早さでレッスン進行中です。)

はて?? 
どんな曲でしょう?? なんか楽譜が今までとちがって長いような・・・


*かっこ内のセリフは先生の言葉ではけっしてありません。
  私への戒めです。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-28 00:28 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
発見! ピィツァ / 汚さないで出来る生地のこね方
本日はピィツァ。
ドライイーストを使うようになってから
グンと美味しさが増してきた一品ですが・・・

この 粉もの を取り扱うときにいつも気になるのが

調理後の 粉 の軌跡(?)

ラップをひいたり、袋でこねたりしていたのですが
粉を足したり(目分量でやっているもので・・・)していると
どうしても あっちこっち に
粉がまき散らされていることになっておりました。

そこで ふと思ったのがフライパン(テフロン加工の)の中でこねたら?

と思いやったら大正解っ!
粉も飛び散らかさず、テフロン加工なので
粉がくっつかず残すことなくすべての粉をこねることができました。


考えてみれば・・コレ、蕎麦打ちと同じ要領。

なっとく、納得。


気付かなかったの私だけ?でしょうか??

みなさんもフライパンでお試しアレっ!
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-25 21:10 | 食べ物さん | Comments(2)
Top↑
『ヒットラーでも死刑にしないの?』 / 中山千夏 著
最近の殺人事件とその死刑についての
自問自答した個人的な所感を書きます。

通常の場合当事者でない私は、
殺人事件の加害者が逮捕され
死刑の判決が裁判所がら出たと報道されると

(その事件が凶暴・凶悪・
 そして加害者に反省が見受けられない場合はさらに)

被害者の気持ちを想い

「犯人を殺してもおさまらない、
 それは遺族として当然の気持ちだろう」

「死刑は普通の殺人とはちがい、世の中になるための殺人だ」

との思いと

「殺人はいけないのに、どうして合法で殺人が許されるの?」
と思うわたしがいます。

死刑というのはその人の 存在事態 を許さない行為ですから。

そして
「あなたの家族が殺されても加害者の死刑に反対しますか?」
の問いにも

ひねくれ者の私は
「死刑」を思う考えは被害者らの思いやりではなく、
悪人がこらしめられるのを見てスカッとしたい(気がはれる)、
という欲求からではないか・・・?・・・と思う自分がおります。

幸いに被害にあったことがないのではっきり言って分かりませんし、
これ以上 憶測 できません。

(逃げてるつもりはありませんが・・・)

しかし被害者が私だったら、一番に願うことは
被害者の信の願いは死刑ではなく、時間をもどすことでしょう。

魔法使いが現れて被害者らを生き返らすから、
加害者を許し無罪放免にするか? 
と問われたら「もちろん」と答えるでしょう・・・。

それれが叶わぬなら

自分で加害者を殺したい、
それが無理なら社会的な制裁を(死刑)を与えたい・・・
という心情でしょう・・・。

そして加害者であるならば、
「殺されたくないよーっ」
という気持ちでしょう・・・たぶん。

生きるということは 存在 をあらわす行為だと思います。


残された遺族に殺されるなら
・・・自業自得と思うかも・・・しれません。


しかし
国には殺されたくないような気がいたします。

またのこされた遺族は
加害者を殺してもらいたいと思うのでしょうか・・・?

・・・分かりません・・・。



話題は変わりますが残された遺族に対して
マスコミの取材・報道にも改善の余地があり、
社会はもっと実効のある「おもいやり」を
しても良いような気がいたします。



現実には残された遺族を
なぐさめることにはなっておりません。

まぁマスコミは
なぐざめる 意志は、はなからないのでしょう
 報道 ですから。



たしかイギリスやアメリカでは
加害者・被害者(遺族)のカウンセリングが
あると聞いていますが日本はどうなのでしょう??

答えがでない今日の 自問自答 でした。





b0003330_9283548.jpg





文化放送「死刑執行」と「ヒットラーでも死刑にしないの?」






          ===============


追記です。

「どうか、加害者にはならないで」
殺された側の声を聞く
2010.10.1



ここ数か月の間に、多くのメディアが死刑制度について報じた。
死刑廃止の立場をとる新聞社や「人権派」といわれる弁護士、
学者、ジャーナリストたちが盛んに死刑廃止を求める言論を展開した。

わたしは、それらを見聞きして疑問を感じた。
ある弁護士の話が印象的だった。
「平和な時代に、人を殺す設備(=死刑場)があることを知ると
、多くの国民はおののく」。
確かにあの死刑場を見ると、目をそむけたくなる。

しかし、その死刑囚がどのような犯罪を
行ったのかといったことについて彼らは口にしない。
そこには、被害者やその家族、遺族の声がないのだ。
これではおよそ公平とはいえない。
そこで今回の時事日想は「全国犯罪被害者の会 あすの会」の
副代表幹事の松村恒夫氏(68歳)に取材を試みた。


月日が経っても、忘れることはない

松村氏は、千葉景子前法務大臣が推し進めた死刑場の公開について、
落ち着いた口調で切り出した。
「国民が死刑場の様子を知り、死刑がどのように行われている
のかを知ることはいいことかもしれない。しかし一連の報道を見ると、
“はじめに死刑廃止ありき”といった考えで進めたようにしか思えない。
そもそも、殺された側のわたしたちの言い分にすら耳を傾けようとしなかった」

そして、こう続ける。
「殺された人たちの中には、殴られて顔をくだかれたり、
通り魔などにいきなり刃物で刺された人もいる。
さぞかし無念だったはず。
一方で、殺した側の死刑囚には十分な時間が与えられ、
死を受け入れる準備ができる。
これでも『死刑囚がかわいそう』などと言えるのだろうか」

松村氏自身も犯罪被害者である。
1999年11月、当時2歳8カ月の孫娘を、知り合いの主婦に殺された。
「月日が流れれば、忘れるなんてことはありえない。
わたしの孫は病気や事故でなく、殺されたのだ。思い起こすと、
いつも怒りと憎しみがこみあげてくる。
この口惜しさは経験した者にしか、分からないだろう」。
孫の命日などには「生きていたら、いまごろ中学生になっていたな」
などと家族と話し合うことがあるという。

「孫はまだ小さかったから、人を疑うことを知らない。
その主婦を信じてついていったのだろう。それで事件に巻き込まれた。
“無念”といった想念みたいなものは幼いながらも、きっと感じただろう」


殺された側の命はどうなるのか

わたしは15年前に、62歳で死んだ父のことを思い起こした。
胃がんであったが、息を引き取る3時間前から苦しんでいた。

あのときの表情を思い浮かべた。人は楽には死んでいけないのである。
“生きたい”という思いで必死にもがき、苦しむものなのだ。たとえ、
2歳の子であってもその瞬間は何がしらの抵抗をしたはずだ。
声を出したり、手を動かしたりと。

その“生きたい”という意思を一切否定する行為が殺人なのである。
これは重大な人権侵害であり、ゆるしがたい行為である。
死刑廃止の立場に立つ弁護士、学者、ジャーナリストたちは
「人権が大切」と言うならば、殺された側の人たちと直接会い、
耳を傾けるべきだろう。松村氏によると、こういった人たちは
会を訪れることもなければ、遺族とも接点をもたないという。

松村氏の孫を殺した主婦は逮捕され、懲役15年を言い渡された。
現在は、服役中である。そのことについては、きっぱりと言う。

「服役を終えたところで許すことはできない。
本人が反省したところで、孫は帰ってこない。
自らの命でしか、人を殺した罪を償うことはできない。
当然、死刑にするべきとわたしは思っていた。
死刑廃止の考えの人たちは『殺した人にも人権があり、命は大切』と言う。
では、聞きたい。殺された側の命はどうなるのか……。
被害者の家族に
『死刑執行のボタンを押させてほしい』と言う人は多い」

昨年、刑務所から弁護士のもとに手紙が届いたという。
差出人は殺した本人だった。
松村氏は、弁護士から手紙を受け取っていない。
「遺族に反省しているフリをし、
仮釈放をしてもらうことを願っているのだろう。
弁護士の入れ知恵のパフォーマンスとしか思えない。
だが、わたしたちの考えは変わらない」

会に所属する遺族たちは
「加害者に反省してほしい」とは願っていないという。
殺された側の無念や怒りは、
「反省」といった言葉でごまかせるものではないそうだ。
「少なくとも殺人事件については、遺族は身内を殺された以上、
加害者には自らの命で償うことしか、求めていない」


どうか、加害者にはならないでほしい

松村氏はこうも言う。
「死刑になっても、わたしたちの心は癒やされない。
殺されるということが、遺族の心をどのくらいむしばむのかを知ってほしい。
わたしは、孫を殺した人とこの空の下、同じ空気を吸いたくない。
家族は生涯、こうして苦しんでいく。
同じ命でありながら、罪なき被害者が死んでいく。
一方で、加害者は生き残っている」

こういう重い現実を突きつけられると、
冒頭で述べたような弁護士の発言、
つまり「平和な時代に、人を殺す設備(=死刑場)があることを知ると、
国民はおののく」がいかに被害者の感情を逆なでするものであるかが分かる。

千葉前法務大臣らが進めた死刑場公開の試みも、
公平という考えが希薄であったと言わざるを得ない。

松村氏は、メディアのあり方にも疑問を呈した。
事件が起きた後、多くのメディアが松村氏ら遺族のことを報じた。
それらの多くが誤報であったという。
「取材を受けていないのに、記事が次々と掲載された。
挙げ句の果てに、被害者であるわたしたちの側にもそれなりの
問題があったといった意味合いのことを書かれた」

しかし事件から数カ月間は、
メディアに抗議をするような気力がなかったという。
「家族が殺されれば、しばらくは普通の精神状態で生活はできない。
誹謗(ひぼう)中傷を受けても、結局は泣き寝入りをするしかない」
と当時を振り返る。

松村氏によると、犯罪の被害者やその家族、遺族の中には、
メディアの報道により一段と精神的に苦しむ状況に追いやられた
人が少なくないという。
「新聞、雑誌、テレビなどが誤った伝え方をするから、
世間の人たちの見方が偏見になる。いちばん多いのが、
加害者にこれだけのことをされたのだから、
被害者にも落ち度があったというもの。
これには被害者やその家族、遺族がつくづく困り果てている」

「全国犯罪被害者の会 あすの会」が本格的に活動を始めたことで、
犯罪の被害に遭った人が相談をしてくるケースが増えてきたそうだ。
この中には、殺人や婦女暴行、幼女暴行といった
凶悪犯罪の被害者やその家族、遺族もいる。
東京都知事の石原慎太郎氏は、
このように泣き寝入りをしない被害者たちや会のことを
「歴史的なこと」として称えた。

松村氏は、こう締めくくった。
「これまで多くの被害者や家族、遺族は声を出さなかった。
それが積み重なり、加害者の人権は守られるが、
被害者の人権や名誉は守られないという事態になった。
それを正していきたい。そして犯罪に巻き込まれると、
生活に大きな支障をきたす。
例えば葬式を行ったり、病院に通院したり、
ときには後遺症で家を改築したりせざるを得ない。
こういう経済的な補償も国や地方自治体に求めていきたい」

読者へのメッセージを求めると、たった一言、こう答えた。
「どうか、加害者にはならないでほしい」――。
[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-23 17:30 | へえ〜〜っ ? | Comments(7)
Top↑
竹の子 / 短縮調理法
今日はいただき物の竹の子をゆがきました。
(お昼に届いた物です)

竹の子は「掘っている間にお湯を沸かせ」とい
われるくらい鮮度が大切。

頂いたはいいが、米ぬかが無い・・・

急きょ お米をとぎその研ぎ汁と獅子唐でゆでることにしました。
(ここで数年来使わなかったズンドウが活躍する日がきました)

・・・なおかつ数年前の失敗を繰り返さないために
(えぐみが残ってタイヘンでした・・・)

タケノコの皮すべてむき、半身にして湯がくことにいたしました。
(頂き物だからできる芸当)

これ結果大正解っ!

調理の時間がおおはばに短縮できました。
(皮も水気を吸っていないのでゴミも少ない)


冷まして味見をすると味も グーっ!


今は水を張ったズンドウの中で静かに眠っております。

明日はタケノコグラタンか竹の子ごはん・・・
どちらにいたしましょう??

b0003330_235045.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-22 23:50 | 食べ物さん | Comments(0)
Top↑
新じゃが のえぐみ / ヨーロッパでは(?)
再び 新じゃが のえぐみについてですが。

じゃがいもは、日光(紫外線?)にあたると色が緑色になり
アルカロイドが生成してそれがえぐみのもとになるそうな・・・。

ヨーロッパでは光を遮るために黒色のビニールに入れられて
じゃがいもが売られているそうです・・・。
(さすが歴史が古い)


・・・でもこれって中身見えないから買えないですよねーっ。

自分で選んだジャガイモを黒色のビニールにいれて

レジに持って行くのかしらん??

ナゾです。

・・・だから土をつけたままで時折売っているのかしらん??

日本では。

土は日光避け??


どなたか教えてください。


b0003330_2139172.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-20 21:32 | 食べ物さん | Comments(0)
Top↑
「小さき勇者たち 〜ガメラ〜」/  大人の 映画(?)
観て参りました。
思った以上に 大人の 映画でした。

ストーリーも約30年前の布石から始まり。
子供を中心に作られておりE.T.のガメラ版という感じでしょうか(?

これが明石散人さんの ゴジラ のシナリオ(???)くらいのでき
であったならば(近いとろろまで行っているのですが)と思うしだです。

怪獣の決闘シーンも今まで知っている怪獣映画の中ではダントツ(??)の
臨場感があり、好感がもてました。

敵対する怪獣はゴジラ(ハリウッド版)そのもの(?)
対するガメラ(トト)はE.T. という容姿です。

試写会にもかかわらず(?)客席割合は8(大人):2(子供)で
最後には拍手する人まで・・・。

タイトルが示すように、
怪獣映画なんだけど怪獣物ではない、子供と大人に向けての映画でした。


続編が期待される映画でもありました。
(実際そんな終わり方なんだけど・・・)




*ちなみに23日(日)にこの ↓ トレーラーが東京を走行するらしい。
う〜っ 見てみたいっ!!
b0003330_1245935.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-20 12:45 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
バイオリンレッスン #47 / ムカデの指
バイオレインレッスン行ってまいりました。

今回(2回目)も「習作」です。


普通の弾き方(何て表現すれば良いのでしょう??)はなんとかクリアっ。
(練習しましたもの・・・)

今回の指摘・問題点

曲(?)の最後の方のG線(一番太い弦)で弾くところは弦が太いのでそれに
負けないくらいに弓圧(っていうのかな?)を高くしなければいけない。

・・・が、ミュート(消音機)を付けての練習はどうしても
弦を強く弾けない(近隣の事情により)ので上辺の練習になってしまいす。

ためらって練習していたのが本番でも出てしまいます。
(分かっているなら直せるでしょ・・・と
天の声が聞こえてまいります・・・)

でもってこれを調整するには

D線(二番目に太い線)とG線(一番太い弦)を押さえる時は
押さえる指が移弦(他の弦からの移動)するので指だけ動かしても
真横には移動しにくいので平行移動するためには
ひじも一緒に内側(指は外側:つまり形をくずさずに)に入れましょう。
(言葉にすると、大変です。
しかもこれ遥か昔に先生から教わっておりました)

こうすると指に力が伝わりやすく移弦も楽です。


つづいて
「習作」の変奏(音符を1回ではなく2回づつ弾く)

先生から 弓 を使った上下の弓渡り(?)と左右の移動を教わる。
・・・つまり 弓をかまえる手の形で弓自体を上下・左右に動かす
(手首の位置はそのまま)
↑こんな説明で分かるかしらん???

この動作が 変奏 をスムーズに奏でる 技 に通づるらしい・・・。
(いわく弓の中心(中弓)5センチの範囲内で弾きましょう・・とのこと)

たしかに先生の所作を観ているとムカデのように指がスムーズに動き

上下・左右に移動する。

左右はまだしも(?)上下は至難の技である・・・。

2(中指)と3(薬指)の指を離さない*ように弦を押さえる
だけでも大変なのにまたまた新しい課題である・・・。


*最近コツが分かりかけてきました。
親指にどうしても力が入るのですが、これを緩めるとけっこう
2と3の指の自由がききます。
ついでにその押さえる指を横ではなく指先が自分の方に向くように押さえると
押さえやすく音もきれいで、力もいらなく楽であります・・・私は。

次回のレッスンにつづく。


*先生の指摘がありバイオリンレッスン #45 / 続・メンテナンスの時期

 のネック(さお)は指板(四番:黒い板の部分)の誤りでした・・・失礼っ。



b0003330_1274100.jpg

[PR]
by Tukasa-gumi | 2006-04-20 12:09 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析