ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
< >
                            
カテゴリ:火星・宇宙( 21 )
Top↑
画像:火星地表にある「飛行士の足跡」?! / Mars As Art
ネットで話題
になっているので貼付けます。











b0003330_121131100.jpg

Mars As Art






まぁ、こんなのカワイイ方ですから・・・



足跡 ねェ。






時間がありましたら、画像をチェックしてみたいと思います。






『『バズは火星に戻りたい』/アポロ飛行士ユージン・サーナン インタビュー 』







『人類は1979年、ひそかに火星に上陸していた』 / ロシアの声


















[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-30 12:12 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『日本の科学者らが月面に地下トンネルを発見』/ スプートニク
これまたメモ。

JAXA、辞めさせられなきゃ良いけど春山さん。

『春山純一のホームページ:自己紹介』Not Foundになってます )





「月にたくさんある不思議な地形を調べたい」
JAXA 春山順一

b0003330_1302825.jpg















日本の科学者らが月面に地下トンネルを発見
2017年03月28日


宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月面に以前から見とめられていた穴を調べた結果、これは地下トンネルに通じる入り口であることがわかった。JAXAのハルヤマ・ジュンイチ氏は米国で行われた第48回Lunar and Planetary Science学会でこれを明らかにした。

日本人研究者らは長年にわたって月面の穴の研究を行っており、月のマリウス丘縦孔もすでに2009年の時点で見つけている。その際に研究者らは地下トンネルは冷えた溶岩によって形成されたものとの仮説をたてていた。2機目の月探査衛星「かぐや」のおかげでマリウス丘縦孔周辺にある同様の穴の調査は前進した。

ハルヤマ氏は現時点ではトンネルが溶岩によるものという確証は得られていないとの見方をしめしているが、仮説が裏付けられた場合、このトンネルは宇宙調査基地のための場所として用いられる可能性がある。







春山 純一 助教
Junichi HARUYAMA


春山 純一 助教
Junichi HARUYAMA
学位 理学博士(京都大学、1994年)
研究テーマ

SELENEデータによる月の謎の解明
  月の極~水は有るのか?~
  月の縦孔・溶岩チューブ ~様々な科学テーマを含む未知なる領域~
  クレータ年代学 ~月表面の形成時期を調べる物差し~
  月表面の渦巻き ~磁気異常とも関連する不思議な模様~
  等の解析・研究
国内外の月惑星探査ミッション参加
自己紹介

宇宙科学研究所で月惑星科学研究・月惑星探査プロジェクトに携わっています。また、JAXA月惑星探査グループ(JSPEC)の一員として、月惑星探査を企画・推進しています。
(詳細は、次のURLをご覧下さい:春山純一のホームページ:自己紹介 )

(学生の方々へ)
地球・月惑星科学は、日本の将来担う人々にとって、是非学んでもらいたい学問です。まず第一に、それ自体が面白い! 地球は言うに及ばず、今や多くの探査機が飛び実地でデータを取得し、サンプルまで持って帰られる時代です。こうした多くのデータを総合して解析し、より確からしい解を知りうる段階に来ているのです。一方で、データが集まれば集まるほど、解くべき課題が増え、かつ謎が深まっていっているのが地球・月惑星科学です。複雑極まりなく見える事象を、多くのデータを駆使し総合的に解釈し突きとめ、その解を得たときに得られる感動体験は(或いは、往々にして、結局答えが得られずに悔しく思う苦い体験)は、例え将来学問の道には進まず社会に出るとしても、社会の中で力強く生き、我が国の将来に明るい未来を見せることに先導的な立場になってもらえる人材になるために、大いに役立つと思っています。

更に、地球・月惑星科学の特質は、その対象が、我々人間がまさに立つ地球を理解しようとする学問であるということです。つまりそれは、先に述べた「純粋に面白い」という以外に、この学問分野で得られた知見は、我々人類の将来をよりよくすることにつながる可能性も大きい、ということです。地球・月惑星科学の知見でもって我が国の更なる繁栄、そして世界の繁栄につながることにもつながることが期待されるのです。資源の少ない日本が、その智恵で貢献できるとすると、この地球・月惑星科学の分野がその一つではないかと思います。

地球科学という学問は、古来、実地に即した学問でした。しかし、テクノロジーの急速な発達によって、人工衛星、或いは月惑星探査機という強力な武器が与えられることになりました。この武器によって、全球的な調査や、月惑星探査に基づく比較が可能となり、地球「月惑星」科学という学問に大きく広がったのです。こうした、人工衛星、或いは月惑星探査機を打上げられる技術を独自に持つ国は、実のところそう多くありません。宇宙探査技術の先進国である日本は、その意味で、宇宙科学を学ぶと言う点で非常に恵まれた国であり、その技術を発展させ、学問の発展において中心的な役割を担うことは、我が国の特権であり、使命でもあります。このことからも、我が国の将来を担う人たちに、是非とも地球・月惑星科学を学んでもらい、理解を深めてもらうとともに、この学問に興味を持ち、この道へと進んでくれる人たちがでてきてくれればと思っています。











『どうやら、南極大陸には大きな穴が空いているらしい?!/ 国立極地研究所・JAXA』
























.

More
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-28 11:46 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
NASA『宇宙では老化プロセスが逆行する』/ スプートニク
スゴイっ!

メモ。

NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ、
両者の体を調べ宇宙が人体に及ぼす影響を調べた。

結果、
老化と関係している染色体のテロメアの長さが、
宇宙に滞在していると短くならず逆に、
長くなったとのことです。








NASAー宇宙では老化プロセスが逆行する
2017年02月05日


NASAは、双子の1人を宇宙に滞在させ両者の体を調べることで、宇宙空間が人体に及ぼす影響を調べた。

NASAのスコット・ケリー氏とマーク・ケリー氏は一卵性双生児。昨年3月、スコット氏はISSで520日間を過ごしたあと地球に帰還した。また、マーク氏の宇宙滞在時間はそれより短く、54日1時間2分。

スコットさんがISSで過ごした一年間、NASAは体内の生物的生理的変化を追った。宇宙での長期滞在は記憶作業の速度と正確さに悪影響を及ぼし、骨形成テンポが遅くなった。さらに、腸内マイクロバイオームの構成が変化し、脂肪とホルモンレベルが上がった。予期しなかった主要なことは、染色体の末端にあるテロメアの長さの調査結果だ。生きているうちにテロメアは短くなっていき、これは老化と関係している。しかし、スコット氏の体内ではテロメアは短くなるどころか、伸びたのだ。

とはいえ、上記のすべての影響は、地球に帰還した後になくなり元に戻った。専門家はデータの分析を続けている。









【追記です】
DNAは運動により再生可能
2017年02月07日

米国と英国の医学者からなる研究チームは、ヒトDNAの寿命の再構築を始める効果的な方法を述べた。

『Experimental Physiology』誌に掲載された研究によって、1回の持久力トレーニングは、DNAの損傷箇所の再生を司る遺伝子発現を開始するのに十分だと示された。

研究チームはマウスを使い一連の実験を行った。マウスがトレッドミルで走っている間、チームは心筋機能を司る遺伝子の発現を監視した。走行の後、マウスの発現レベルは、安静時よりも高かった。

ヒトの体内で遺伝子の調節が行われるのも、同様の仕組みだ。チームは持久力運動をできるだけ多く行うよう推奨している。



















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-05 14:30 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
金星と火星が並んでいます
18時現在、
西のやや低めの位置に大きく輝く金星と
その下に赤くて小さな火星がピッタし並んでいます。





とってもキレイです。













,
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-01-16 18:03 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『中国人宇宙飛行士 宇宙で聞いた「ノックする音」』/ スプートニク
アポロ10号 NASAとの交信が切れいるにも関わらず
 ハウリングのような音が流れ始めた


とか

飛行士が船外活動を終えて船内に戻ってきたとき、
宇宙服から独特の甘い匂いを感じる


などの話がありますので、
ノックの音も有って然りかと?!




中国人宇宙飛行士 宇宙で聞いた「ノックする音」について語る
2016年12月02日

世界のマスコミは、中国人初の宇宙飛行士、楊利偉(よう・りい)氏が、2003年に宇宙船に乗っていた時に奇妙な音を聞いたという話を議論している。
楊氏は、2003年10月15日に打ち上げロケット「長征」によって地球周辺軌道に投入された宇宙船「神舟5号」で宇宙を飛行した。 楊氏は、「私が宇宙で遭遇した珍しい状況は音にあった。その音は時々聞こえた」と語った。 楊氏は、国営テレビの番組で、音はどこからともなく聞こえたと述べ、「宇宙船の外からでも内側からでもなく音がした。誰かが宇宙船の船体をノックしているかのような、木製のハンマーで鉄のバケツを叩いているような音だった」と語った。 また楊氏は、この音が飛行中にイライラさせた為、なぜ音がするのかを確認するために窓に近づいたが、特に何も見つからなかったという。 楊氏は地球に帰還した後、この奇妙な音について飛行指導部に語った。









出て参りしまたァ『中国 月園着陸捏造説』/ 検証動画




















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-12-02 01:04 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
NASA画像検証 / アポロ12号の月面探査画像
暇だったのでコチラの月面画像をレベル修正してみました。




こちらが元画像
b0003330_123197.jpg





レベル修正してみました
b0003330_1244898.jpg
















ついでに似た画像を貼付けます
b0003330_1292379.jpg








レベル修正してみました
b0003330_1255357.jpg










多くはこんな感じ
b0003330_13112265.jpg








元画像です
b0003330_1312226.jpg















画像修正ソフトをお持ちの方は、ご自分でお確かめください。

(たまに画像をレベル修正した痕跡のグラフ波形があったりします ョ)






もしかしたら、
中国のこのような月面画像を発見できるかもしれません!?!


『おかしな(何かある?)『中国、40年ぶりの月面写真』/
嫦娥3号・玉兎号』
b0003330_20552075.jpg










NASAの画像はコチラ ↓ からお借りしました
https://www.nasa.gov/multimedia/imagegallery/image_feature_232.html
Apollo 12: Lunar Module Intrepid On the Moon

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-21 13:14 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
{「観測可能な」宇宙にある銀河従来説の20倍』/ AFP
何しろ『銀河』の数ですからネっ。



メモ メモ。







「観測可能な」宇宙にある銀河は2兆個か、従来説の20倍
3 時間前

宇宙には2兆個という、気が遠くなるような数の銀河が存在するとの研究結果が13日、発表された。これまで考えられていたよりも最大で20倍多く存在することになるという。

 米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナル(Astronomical Journal)に掲載された研究論文によると、この驚くべき発見はハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)で20年にわたり収集された画像データで構築した3次元モデルに基づくものだという。

 米天文学者エドウィン・ハッブル(Edwin Hubble)が1924年、太陽系がある天の川銀河(Milky Way)に隣接するアンドロメダ(Andromeda)銀河が、天の川銀河の一部ではないことを証明して以来、宇宙にはどれくらいの数の銀河が存在するのかという問題に、科学者らは頭を悩ませてきた。

 だが、現代天文学の時代においても、銀河の数を正確に集計するのは困難であることが判明していた。

 そもそも、遠方の天体から放たれた光が地球に届くまでの時間を考えると、その到達範囲は有限であり、宇宙全体の一部でしかないからだ。残りは事実上、「手の届かない」ところにある。

 また、今回の最新の研究成果によると、この「観測可能な宇宙」の範囲内でさえも、現在の技術では、そこに存在するもののわずか10%しか見ることができないという。

 研究を率いた英ノッティンガム大学(University of Nottingham)のクリストファー・コンセーリチェ(Christopher Conselice)氏は「宇宙に存在する銀河の90%以上がまだ未調査だとは、気が遠くなるような話だ」とコメントしている。「次世代の望遠鏡を用いてこれらの銀河を観測すれば、興味深い性質を発見できるかもしれない」と、コンセーリチェ氏は声明で述べている。

 宇宙の歴史の異なる時期の銀河の数を調べるため、コンセーリチェ氏と研究チームは、ハッブル望遠鏡で収集された深宇宙の画像データを用いて、それらを丹念に3次元に変換した。

 今回の研究では、宇宙の起源と考えられている大爆発「ビッグバン(Big Bang)」が起きて間もない130億年以上前まで時間をさかのぼる分析を行った。

 研究チームは最新の数理モデルを使用して、望遠鏡の観測範囲を超える「不可視の」銀河の数を推計した結果、その大半があまりに光が弱くて遠く離れているために見えていないという驚くべき認識に到達した。

 宇宙が誕生してからまだ数十億年しかたっていない時期には、一定の空間体積内に存在する銀河の数が現在の10倍だったことを、今回の結果は示唆している。

 これは「銀河同士の大規模な合体現象を通じて、その数を減少させるための重大な進化が起きたに違いない」ことを示唆している。












.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-14 12:31 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
JAXA「かぐや」の全データ公開 / やっぱり不自然?!
「かぐや」搭載ハイビジョンカメラ(HDTV)のデータ公開
2016年9月26日

というので動画を中心に観ていたのですが・・・


やっぱ、
地球と月面の色に違和感を感じてしまう私です。




Lunar South Pole Earthset Viewed by Kaguya Spacecraft






『宇宙から見た地球の色は?/ 知らせてはいけない・・』















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-13 20:57 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
『中国の宇宙ステーション制御不能で地球に落下』/ IRORIO
先日、
「第2の宇宙ステーション」の打ち上げ成功した中国ですが・・

2011年に打ち上げた宇宙ステーション「天宮1号」が
制御不能になり来年後半には地球に落下 とのことです。



以前、こんな事もありました。
『米国衛星「UARS」落下/日本直撃っ!?!』・
『落下する人工衛星のよけかた』








中国の宇宙ステーションが制御不能に…
来年中に地球に落下する可能性が
IRORIO


中国は、2011年に打ち上げた宇宙ステーション
(軌道上実験モジュール)「天宮1号」が
制御不能になったことを正式に発表した。



・来年後半には地球に落下
本来、「天宮1号」は軌道上をいつまでも回り続け、
機械に寿命が来た後は、地球からの遠隔操作によって
無人の海洋に落下させるか、
大気圏中で燃え尽きさせるはずだった。
ところが、制御不能となったため、
軌道上にとどまることさえ出来なくなってしまった。
中国政府は、
「来年の後半には天宮1号が地球に落下するだろう」
と発表した。



・落下地点の予測は立たず
制御不能となった天宮1号が、いつ落下し始めるか、
そしてどこに落下するかは誰にも分からない。
著名な宇宙物理学者であるハーバード大学の
ジョナサン・マクダウェル教授はこう言う。

「それ(天宮1号)がいつ大気圏に突入するかは、
数日前になっても予測できないだろう。
6〜7時間前になってやっと分かるのがいいところだ」

「また、大気圏突入がいつか分からないということは、
落下地点の予測もできない」

最悪の場合、空中で爆発し、
多くの残骸を地上に降らせるということにもなりかねない。




・「ほとんどが燃えて無くなる」と中国
中国当局の担当者は、「我々の調査と計算によれば、
天宮1号のほとんどの部分が、
大気中で燃えて無くなるはずだ」と言い、
地上に被害をもたらさないと強調している。

だが、前出のマクダウェル教授によれば、
天宮1号のエンジンは大きく、
大気圏で完全に燃え尽きることはないとのこと。
現在も中国は、天宮1号の制御回復に努めている。
成功を祈りたい。

出典元:China's Tiangong-1 space station to crash into Earth in 2017 - UPI(9.21)
出典元:China's space station is 'out of control' and will crash into Earth - but no one knows where the debris will land - MailOnline(9.21)





ーーーーーーー





中国「第2の宇宙ステーション」打ち上げ成功 今後10年間かけ規模拡大の意向
2016.9.18



b0003330_11541386.jpg














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-23 12:19 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
NASA『私達は一人ではないかもしれない』/ TED動画
一応メモ。





James Green:
3 Moons and A planet That Could Have Alien Life








【PC訳です】

0時11分
私達の太陽系の地球を過ぎてライフがありますか?
0時16分
ワーオもの 強力な問題 。 あなたは知り、科学者-- 惑星の科学者--として、 私達は 最近までそれを非常にひどく本当は取るわけではありませんでした。
0時27分
カール・セーガンは
、いつも、「それは 、並みはずれた主張 の並みはずれた証拠を取ります。」、および地球を越えるライフを最終的である必要があらせている主張を言いました、それらは騒々しくある必要があり、それらは、どこでも、それを信じることができるように私達のためにである必要があります。

0時49分
どのように 私達がこの旅をする行ない 従って? 私達が、すると決めたものは、 最初、 ライフのためにそれらの成分のためにであり、見ます。 ライフの成分は下記です: 液状の水-- 私達は溶媒を持っている必要があり 氷であるはずがない 、液状である必要があります。 私達はエネルギーを持っている必要があります。 私達は有機物を持っている必要があります-- 私達を作る物 けれどもまた、 物 that 私達は消費する必要があります。
1時18分
従って
、私達は、私達が自信があり そのライフ ことができるように、時間の長い期間の間環境にこれらの要素を持っている必要があります、それが始まる時のその瞬間に、火花を出し、それから、成長し、発展するかもしれません。

1時34分
さて
、私は 、あなた t hat 早く 私達がそれらの3つの要素、私 didn を見た時の私のキャリア に話す必要があります' tは、それらが時間の、およびどのような本当の量のためのどのような長さの地球を越えてあったと信じます。

1時47分
なぜ?私達は内側の惑星を見ます。 金星は非常に熱く方法です--それは水を全然得ませんでした。 火星--乾燥と不毛です。 それは水を全然得ませんでした。 そして、火星を越えて、 太陽系の水 すべてが凍結されます。
2時02分
しかし、最近の観察により すべてのそれが変更されました。
私達が取ることは 現在私達の 注意を正しい場所に変えていますより深い注視、および私達のライフ質問に答える本当の開始。

2時17分
従って、私達が太陽系に注意する時は、 どこで可能性ですか? 私達は私達の注意を 4つの位置に集中しています。 惑星火星 と、そして外の惑星の3つの月: タイタン、エウロペ、および小さいエンケラドス。
2時37分
従って、火星のまわりのもの? 証拠を通り抜けましょう。 よさ、私達が考えた火星を問わず 最初、月似でした: クレーターの全部 不毛であることおよび死んだ世界 。
2時51分
そして、約15年前、 私達は、 火星に行き、 その過去に火星で水が存在するかどうかをわかるために、一連の任務を始めました 変更された その地質学 それ 。 私達はそれに気づくことができるはずです。 そして、実に、私達は すぐに驚き始めました。 私達のより高い解像度イメージは 、 そこに過去にあったデルタと川谷とgulleysを示します。 そして、実のところ、--
約3年の間現在表面で徘徊している--好奇心は、 私達に、それが、 水が急速に流れた古代の川ベッドに座っていると本当に知らせました。 そして not しばらく および たぶん 数億年 。 そして、もし 有機顔料を含み、 たぶん、すべてがそこにあったならば、生物は出発しました。

3時42分
好奇心はまた 、その赤色土において穴を開けて、 他の素材を出しました。 そして、 私達がそれを見た時には、私達は本当に興奮しました。 それが赤い火星ではなかったので、 それは灰色の素材であり、 それは灰色の火星です。 私達はそれを流浪者に至らせて、 私達はそれ、および 推測 もの を味わいましたか? 私達は、有機顔料-- 炭素、水素、酸素、 窒素、リン、硫黄--を味わいました それら そこにすべてあった 。
4時08分
そう
、その過去〈たくさんの水、たぶん多く の時間〉に傷つけます ライフを持っていたかもしれない 、そのスパークを持っていたかもしれません 成長したかもしれない 。 そして、そのライフはそこでまだですか? 私達はそれを知りません。

4時23分
しかし、数年前 、私達は多くのクレーターを見始めました。 夏の間に、 暗いラインは これらのクレーターの側の下に出現します。 私達がより多く見ると より多く 私達が見たこと、 これらの機能のより多くのクレーター 。 私達は現在それらの1ダースより多くを知っています。
4時41分
数ヶ月前、おとぎ話は実現しました。 私達は、世界に、 私達が、これらのすじが何であるかを知っているのを発表しました。 それは液状の水です。 これらのクレーターは 夏の間に泣いています。 液状の水は これらのクレーターの下に流れています。 従って、現在するために行き、私達は何ですか-- 私達が水を見るので? さて、火星が ライフに必要なすべての成分を持っていることは、私達に話します。 その過去に それ たぶん催される その北の半球のうちの2/3 -- 海洋がありました。 それは、ちょうど今、泣いている水を飲みます。 その表面の液状の水。 それは有機顔料を持っています。 それはすべての右の条件を持っています。
5時23分
従って、私達は何で次にしようとしていますか? 私達は、 火星のライフのためにその検索を開始するために、一連の任務をスタートしようとしています。 そして、今や、それは、 これまでアピールしている多くです。
5時34分
私達が太陽系に転出するので、 ここには小さい月 エンケラドス があります。 これは、いわゆる 伝統的住むことができゾーン、 太陽のまわりのこのエリアにありません。 これは外でずっと遠い。 このオブジェクトは 珪酸塩コアの上の氷であるはずです。
5時53分
しかし、私達は何を見つけましたか?
それがエンケラドスによって飛び、 私達をすべて驚かせた後に、カッシニはそこにいました 2006年以来、およびカップル年が振り返った 。 エンケラドスは 太陽系に外の枚の水を爆破し、 月の上に後ろに下に跳ね返しています。 もの すばらしい環境 。 ほんの数ヶ月前のカッシニは、 また、羽を通って飛び、 それは珪酸塩粒子を測定しました。 珪素はどこから来ますか? それは海洋フロアから来なければなりません。 潮のエネルギーはサターンのため発生し、 この月を引き、圧搾します-- 海洋を作成してその氷を溶かしています。 しかし、それはコアにそれもしています。

6時39分
今や、私達が それで考えることができる唯一の事は、地球で 類似としてここのそれをします… 熱水の穴です。 私達の海洋で深い熱水の穴は、 1977年に発見されました。 海洋学者は完全に驚きました。 そして、今や、 海洋の下にこれらのうちの数千があります。
7時02分
私達は何を見つけますか? 海洋学者 それらが行き 、これらの熱水の穴を見る時には、
水が酸性 か、またはアルカリ性であるかどうかを問わずそれらはライフでいっぱいです-- 重要ではないでください。 熱水の穴は ここのライフのためのすばらしい住居も地球でそうです。

7時19分
従って、エンケラドスのまわりのもの? さて
、それが水を飲み、時間の重要な期間の間それを持っているので、私達は信じています、そして、私達は、たぶん 右の有機物 、それが熱水の穴 と を持っていると信じます、それは、ライフが存在できた場所です。 そして、まさに微生物ではありません-- たぶん、 発展することに時間があったことによるよりコンプレックス。

7時46分
別の月は、非常に同様に エウロペです。 ガリレオは1996 年に木星のシステムを訪問し、エウロペのすばらしい観察をしました。 エウロペ〈また私達が知っている〉は、 下the-氷外皮海洋を持っています。 ガリレオ任務はそれを私達に話した けれども、私達は決してどのような羽でも見ませんでした。 しかし、私達はそれらを捜しませんでした。
8時12分
ハッブル〈 単に数年前のカップル〉 観察エウロペ、
南半球のクラックから霧を吹いている水ののこぎり羽、 正確に正しいことは、エンケラドスが好きです。

8時28分
いわゆる 伝統的住むことができ ゾーンにないこれらの月、それは太陽系に出ています 液状の水を飲む 。 そして、もしそこに有機顔料があるならば、 ライフがあるでしょう。
8時42分
これは発見物のすばらしいセットです。 なぜなら、これらの月は 数十億年の間それのようにこの環境にあるからです。 地球、私達においてここで起こされたライフは、 後 最初の5億 、および 私達がどこにあるかの注視信じています。 これらの月はすばらしい月です。
9時03分
私達が見ている別の月は タイタンです。 タイタンはサターンの莫大な月です。 それはたぶん、 惑星水星よりずっと大きい。 それは広い大気を持っています。--
および、たいてい、それが、 わずかなメタンとエタンを持つ窒素である--ので、 あなたが レーダーでそれを通って凝視する必要があることはそんなに広い。

9時24分
そして、表面では、 カッシニは液体を見つけました。 私達は湖を見ます… 実際大部分 いくつかの場所の私達の黒海のサイズ 。 そして、このエリアは液状の水ではありません; それはメタンです。 もし 水の代用品が 別の溶媒であり、-- および、それがメタンであるかもしれず--ライフが私達に似ない太陽系に何かの場所があるならば、 それはタイタンであるかもしれません。
9時53分
さて、 太陽系の地球を過ぎてライフがありますか? 私達はまだ知らない けれども、私達は追跡で熱い。 私達が受け取るデータは、 私達を本当に興奮させて、話します-- これについて 新しいおよびエキサイティングな方法で考えることを私達に強制します。 私は、私達が正しい道筋にあると信じます。 次の10年、 私達においてその質問に答えます。 そして 私達がそれに答える および それがポジティブである そして、ライフはどこでも 、太陽系にあります。 ただ、それについて考えてください。 私達は一人ではないかもしれません。
10時29分
ありがとう。
10時30分
(喝采)

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-09-04 10:38 | 火星・宇宙 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析