ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49
怪しいなぁ~。 クワバ..
by levin-ae-111 at 21:38
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 13:17
コメントした時点で、被害..
by levin-ae-111 at 05:43
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 18:24
お早うございます。 カ..
by levin-ae-111 at 08:32








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2017年 08月 31日 ( 4 )
Top↑
ロンドン車椅子旅行記 #9 /  お買い物編
つづきです。



今回は車椅子の運転手という任務があるため、
写真はもちろんのこと、
買い物もする隙がありませんでした。


街はバーゲンも終りで、
立ち寄ったBoots/ブーツも品揃えはパッとせず、
唯一目指したジョン・ルイス(オックスフォード・st.)で
Modalu /モダルーのバッグのセール品を買いました。



b0003330_12172856.jpg

(なにしろココはロンドンですからネっ)


価格は日本の半額・・という感じです。



20%のVAT(付加価値税)の手続きも
上の階でいたしました。

(17ポンド位もどって来る予定です)






品の良いインド系の小父さんが申告書を作ってくれ、

「空港でチェックイン前に申告をして下さい」
とのことでしたので、その通りに。





ヒースローでのVAT申告カウンターの列は
それはそれは、長いものでした。


しかーし、
ここでも『ファストパス』が効いたのです。


列の途中にいる係の小母さんが、
「私がで続きしてポストに投函しますよ」

と申し出てくれたのです。


「ありがとうございます、
でもスタンプを押してもらわないといけないので・・・」

「だいじょうよ、スタンプも押すから」
との返答。



もう、
車椅子 様々ですっ!

(・・・英国の対応がスバラシイとも言える)







話しはもどり、
スーパーではジェル状のコンソメの元、
定番の紅茶・ワイン・クッキーなどをゲット。



そうそうウィンブルドン記念のシャンパーニュが
グッと値引きされておりました。






液モノを持ち帰るのは大変、
機内手荷物にはできないし、
ラゲージを重量制限の23キロ以内におさめなきゃいけない。




車イスを押さなきゃいけないので、
ラゲージを2つにする訳にはいかないのです。



ヒースローから金浦までは何とかクリアしそうなのですが、
問題は金浦から仁川まで。


前回金浦で苦労した覚えがあるので、
何が何でも荷物は最小限にしたいのです。




金浦さえ無かったら・・・と
つくづく思った次第です。






『Bellaのダイアナ特集』買いましたデスっ。
b0003330_19321660.jpg













つづく
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-31 12:28 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ロンドン車椅子旅行記 #8 / フリーメイソン グランドロッジ見学
つづきです。


今回の旅行の一番の目的それは、
前回参加できなかったグランドロッジのツアー見学。


車椅子の親族の賛同を得て、平日に参加して来ました。




集合時間までの間はグッズの買い物。


前回買ったマグカップが割れてしまったので、
新しいモノをゲット。

もちろん300周年記念のホルダーも買い求めましたァ。







時間が近づいたので指定された場所に集合。


そこには先ほど私が
「どこに集まったらいいのですか?」と
問いかけた青年が疎らに集まった参加者に
おもむろにスピーチを始めたのです。



要約すると、
「・・・最近はダン・ブラウンの著書でフリーメーソンが
有名になってしまいました」

「・・・書かれているような怪しい団体ではなく、
ある意味慈善団体でう」

「・・・私も時々、『メーソンって実際どうなの?』って
聞かれることがあります」


etc.



まぁ、差し障りのない話しがつづき

「それでは少し移動しましょう」という声で
ふだん入室できないロビーや部屋に案内されたのです。


そして、
「この扉は特別な部屋への入り口です」ってな感じで、
一人にドアをノックさせ

「皆さん 中を見てみたいですか? 入りたいですか?」

ともったいぶって?


「それでは、中に入ってみましょう」

という声と共に入室っ。





ぉおっ、
そこは夢に見た?カーペットがある部屋だったのです。



しかも体験ゲームをするかのように、
一般席に座っていた客から一人の『キング』を選び
玉座に座らせたのです。(たぶん東)

そして残りの席にも客を座らせるという、
これでもかァ というサービスを行なってくれました。


もちろん写真撮影オッケー。


サービス満点です。




最後に質問を受けつけておりました。

そこは多少メーソンに興味のある人達ですから、

「ロッジの方角」とかを質問していたのですが、
案内のお兄さん、やんわり答えをはぐらかしておりました。


「詳しく知りたい人はギャラリーにある本を読んで下さい」
とのことでした。


でも『シンボル』のことを
それとなく話してくれました です。






部屋を退室しミュージアムで解散。



独りになったところを見計らって、
「フリーメーソンのロゴ、変わったのですか?」

と問うたのですが、これまたやんわりトボケられました。




私はお土産屋さん?で「300周年」の袋をもらい、
気分上々。



夜のプロムスのコンサートの為、
宿泊先へと急いだのでありました。









つづく





10月31日に
ロイヤル・アルバートホールで式典がもようされますョ。














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-31 12:09 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
ロンドン車椅子旅行記 #7 / 観劇三昧っ!
続きです。



車椅子にもかかわらず?
今回もシアターに通いました。




観賞したのは、

・「マンマ・ミーア!/ Mamma Mia!」

・「オペラ座の怪人」

・「オペラ ジェット・パーカー ヤング・アーティスト」

・「BBCプロムス」 これは2回聴きに行きました



以下感想です。



『マンマ・ミーア!』
チケットボックスでチケットに変えようと
手荷物検査の人に声をかけると係の人を呼んでくれ、
別の入り口から劇場に入る。


入場には手荷物検査がある。

(なぜかどこの手荷物検査も体格の良いアフリカ系の男性)



女性率90%の客層で
おばさん率200パーセントの客席。


ボックスオフィス(チケット窓口)で
バウチャーを提示した時点から
至れり尽くせりの待遇。


車椅子用のドアから入場し
(チケットは3階なのだけど)
車椅子客専用の2階席へ案内される。

(健常の私もです)




下ネタもオバさん達に大受け!

もう舞台と観客が一体になって、
自分を投影しているのが分る。

エンディグでは大勢の観客が総立ちで踊りだす、
スタッフの人が注意をうながすくらいである。



Mamma Mia! - London West End 2016 trailer


正直、
「オペラ座の怪人」より10倍良かったです。













『オペラ座の怪人』
「ハー・マジェスティーズ・シアター/ Her Majesty’s Theatre」
の2階席一番前で観賞。

この席なら、一階席より良いと思いました。

前回はアメリカ人指数が高かったのですが、
今回はアジア女性指数がダントツ。




備え付けの1ポンドのオペラグラス、
新しいコインを入れたにもかかわらず
外せないのでソレを伝えに行くと、
「旧1ポンドを入れたんだろう」対応で
渋々席まで来てくれる、

結局新たに1ポンドを投入してグラスを借りるハメに、
手にしたグラスが臭いのでウェットティッシュできれいに拭く。

常備していて良かったです。






ヒロインのクリスチーヌ役の女性が声が高いせいか、
他の配役の声も高めの気がする。


キンキンした声を含め、
手直しされた演出は私にはとっても不満。


怪人は指を頻繁に動かして
心情を表しているらしいのですが、
全て裏目裏目。

仮面を剥がされた怪人の出番が長すぎて
その衝撃的なシーンもだらだら過ぎて行く。


結局、
何の盛り上がりもなくエンディング。



演出が変わると、
こうも違う内容になるんだなァ 

という良い見本でした。





幕間に、
後ろの中国人カップルの
五月蝿い会話(観劇中)にたまり兼ねて、
隣の欧米人が睨みをきかせて
長々と注意をして下さりました。

(私も中国人カップルの顔を速攻で振り返って拝みました)





The Phantom of the Opera ft Ben Forster (Her Majesty's Theatre) Trailer 2016 | London Musicals





この中国人カップル(特に若い女性)、
黒人のスタッフを見て『禁止ワード』を
連発しておりました。


アメリカだったら、半殺しですナ。


『「黒い悪魔」と呼んだ中国人をアフリカ系男性が殴る』/ 動画















ロイヤル・オペラハウスで『学生のオペラ』
最近のオペラは演出が現代風なのが多いで
私的には当たり外れが多い。


今回もその一つで、
隣のアメリカ人カップルは一幕目で帰っちゃいました。















『The BBC Proms』
場内は前回同様に暑く、席は狭い



客はお年寄りばかり、
しかも杖をつきながら急な階段を上り下りするのは
大変だと思う。


プロムスって不思議なことに
必ず隣の席の人が話しかけて来るんだな


(今回はとっても感じの良い小母さんと、
インテリ風の男性でした)




何なんだろ?


一緒に雰囲気を楽しみたいのかしらん?


その割には、船を漕いでいる小母さん達
沢山いましたです。






そうそう、
全ての会場で手荷物チェックがありましたョ。







つづく










,
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-31 01:12 | イヤシロ地 | Comments(0)
Top↑
『「火星12型」発射写真を公開』/  金正恩氏のサイン
ロンドンエントリは一時休止。


誰も?伝えていないので手短かに記事にします。


29日の『ミサイル発射に満面の笑みを浮かべる金正恩』
というキャプションの写真があります。


b0003330_0121272.jpg




問題?は電源コードないスタンドではなく、
彼の両手の仕草です。



b0003330_0231183.jpg








同時に彼はこの写真も公開しております。

b0003330_0392938.jpg







つまり、
判る人には判る写真を世界に提供しているのです。




だって彼は『会員』ですから !?!








.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-31 00:48 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析