ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2017年 03月 14日 ( 3 )
Top↑
『金正男の身元判明、中国より提供された指紋データ』/ スプートニク
またまた続報です。



金正男の身元判明、中国より提供された指紋データ2017年03月14日


北朝鮮指導者の異母兄とされる北朝鮮国籍パスポートの男性がクアラルンプール市で暗殺され、マレーシア当局が遺体の身元確認を進めていたところ、中国から指紋データを提供を受け、金正男と確定した。The Strait Times新聞は関係筋のから情報を元にして報じた。

スプートニク日本

以前、マレーシア向けに日本から金正男の指紋のデータや写真が送られたと報じられた

今回の提供された指紋データは金正男氏の家族が定住していたマカオ行政区政府で保存されていたものという。





『そっかァ 2021年に向けての『今』なんだァ!?!』














正男氏暗殺、5人目の北朝鮮国籍の男性容疑者
2017年03月15日


金正男氏が殺害された事件で、マレーシアが北朝鮮に引き渡しを求めている北朝鮮国籍の容疑者4人と一緒に行動した男性が別に1人いたと、北朝鮮関係筋が明らかにした。

4人のうちの1人と全く同じ日付と航空ルートで平壌とクアラルンプールを往復していた。複数の関係国が事件との関連について注視している。
この男性は30代前半で、チャン・ナムウンと名乗る北朝鮮国籍の男性。韓国政府が秘密警察の国家保衛省所属としたオ・ジョンギル容疑者(54)と同じ航空機で平壌を出発。ウラジオストク、モスクワ、バンコク、プノンペンと乗り継ぎ、2月7日にクアラルンプールに入った。朝日新聞が報じた。
















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-14 22:34 | 図書 | Comments(0)
Top↑
そっかァ 2021年に向けての『今』なんだァ!?!
今回の正男さん関連は、
来る2021年のプレリュードなのですネっ。




いやーっ、スッキリいたしました、




そのスケープゴードが韓国なのでしょう。






大国はどこで手を打って(妥協)しているのでしょう?









・・・ともあれ、
日本が一枚加わっているの明白。






気づくの遅かったぁ〜・・・。





だから、
中国は韓国のTHAAD配備に文句はいうけど、
肝心のアメリカには言わない って?!









以上、
妄想です。













.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-14 01:25 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
『カイロの貧困地域でラムセス2世の像が見つかる』/ スプートニク
メモっ。



カイロの貧困地域でラムセス2世の像が見つかる
2017年03月14日


b0003330_154770.jpg



カイロの貧困区域で建設作業員らが修理作業中にファラオ「ラムセス2世」の像を発見した。

像は約3000年前のものとみられており、高さは8メートル、重さは4トン。

現在、発掘されたのは巨大な頭部のみで、考古学者らが作業を続けている。これは近年で最も重要な発見の一つだという。

エジプトのハワス元考古相は見つかった像について、実際にラムセス2世の像だと伝えた。像はラムセス2世の神殿の近くで見つかった。ハワス氏によると、像を引き上げる際に損傷はなかった。

専門家らは、この像は「ラムセス2世の巨像」だと考えている。「ラムセス2世の巨像」は高さ8メートル、重さ4トンという記録破りの大きさで、第18王朝と第19王朝のファラオが建設したヘリオポリスの神殿群を飾っていたと思われる。











.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-14 01:06 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析