ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>鍵コメさま 昨日聞い..
by Tukasa-gumi at 13:23
>鍵コメ様 コメントあ..
by Tukasa-gumi at 23:48
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 22:35
こんばんは。 この木は..
by levin-ae-111 at 21:05
>たかゆき さん >過..
by Tukasa-gumi at 21:46
私もみました! 過去の..
by たかゆき at 10:50
>> levin-ae-..
by tukasa-gumi at 22:37
存じております。しかし、..
by levin-ae-111 at 20:30
移民> levin-ae..
by Tukasa-gumi at 22:21
文化>levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:16








無料アクセス解析











                            
< >
                            
2013年 10月 18日 ( 1 )
Top↑
『7年ごとの記録 イギリス 56歳になりました』/ 離婚は・・
この連休中に録画しておいた映画や番組を
観る機会がありました。


別に選んで見たわけではないのですが、
見るモノほとんどが「離婚」という
ワードが出てきます。

(「ガッテン」を除く と書きたかったのですが・・
 「ガッテン」もそうでした )





その中で特に興味深かったのはNHKが放送した
「7年ごとの記録  イギリス 56歳になりました/前編」
という英国グラナダTVの番組です。




b0003330_11372249.jpg








内容はといいますと  ーーーーーーーーーーーーーー

1964年に7歳だった子供たち4人を7年ごとに取材する
7年ごとにインタビュー取材したドキュメンタリー番組で、
取材される彼等は階級や肌も色等はさまざまです。

今回、56歳になってインタビューを受けております。

           ーーーーーーーーーーーーーー





以下所感です。



・イギリスの階級社会とそこからの脱皮は
  難しい ということ。


・7歳でのインタビューでの答えが
  ほぼその後の人生を言い当てている 


・一番ビックリしたのは離婚・再婚をした人が多い
  ということです。






ぁあーーっ 時代を映し出しているんだなァ と思ったのですが、
良〜〜く考えるとそうじゃ無いんだな、
とドンデモ好きな私は感じましたです。



イギリスは離婚率が高いので有名だそうですが、
(ほら、
 何しろ国王が『離婚』したいが為に『宗教』を変える国ですから)

ここまで離婚率が高いとどうなんだろう??? と思ってしましした。
(検索すると色々ヒットいたします)



社会性は置いといて、
経済的な生産率はぜったいプラスには
(自身も国も)ならないでしょうに。





それにインタビューを聞くかぎり、
「親の離婚」は子供にとってマイナス要因です。


つまり離婚した両親を知っているので、
自身が結婚しても(しなくとも)結婚に対して
幸せなイメージが湧かないようです。



これって致命的なトラウマですよネっ!?!







幸せの見本が身近に無いのですから、
幸せを想像し創造するのは難しいでしょう。


(何しろ7歳の時から、
 そのようにインタビューで答えてますから)



幸せな未来を描けなければ、
自身にも「幸せ」は描きづらいし、
その市民が国家を形成しているならば
「幸せな国家/社会」を作るのは大変でしょう。



離婚に対して経済的な支援と
精神的なサポートがないがぎり
子供にとってはやはりマイナスな要因だと感じました。

(でも上記のこれらが補完すると結婚の意味も
 フランスやアナスタシアみたいに薄れるような気がいたします・・)



とにもかくにも、
子供には充分な愛情にはぐくまれて育って欲しいと
思いましたねーっ。






"Give me a child until he is seven and I will give you the man"










あっ、ホントウに一番驚いたのはこの番組が
DVD化され販売されている ってーことでしたァ!!

   「アナスタシア』 抜粋
[PR]
by Tukasa-gumi | 2013-10-18 20:10 | 映画/観劇 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析