ASPアクセス解析
AX                
                            
<< ガッテン・『医学で解明!顔若返... < > 驚愕の日本の宿 / そのネーミ... >>
                            
アメリカはいまだ牛の脳や脊髄食べさせている/本日の新聞より
先日、
吉野家の輸入肉に「危険部位」が見つかった
事件ありましたねーっ。

その関連のニュースとして
25日の朝日新聞にこんな記事がありました。


以下抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-米、BSE感染防止へ飼料規制強化 09年4月から-


米食品医薬品局(FDA)は23日、
牛海綿状脳症(BSE)の防止策を強化するため、
新たな飼料規制を来年4月から導入すると発表した。

BSEの原因物質が蓄積しやすい
「特定危険部位」が含まれる飼料の使用を、
すべての動物向けで禁じる。

ペットフードも使用禁止対象に含める。
動物に食べさせる飼料に使うのを禁止するのは、
生後30カ月以上の牛の脳や脊髄(せきずい)などの特定危険部位。

FDAが05年10月に原案を発表し、
業界団体などの意見を踏まえて最終案を検討していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





ねーっ 分かったでしょっ。

つまり 現段階でアメリカは 牛の脳や脊髄(せきずい)を
飼料にしており、その部位はペットフードに混入されている

ということです。


BSE (狂牛病の死因)/
 「子牛にミルクの代わりに雌牛の血を飲ます」のを禁止


*へたり牛は 狂牛病?? はたまた B S E ?? / 本日の新聞より

本日の新聞より / 書評『おいしいハンバーガーのこわい話』

牛肉トレーサビリティー法って どうなの??


BSE (狂牛病の死因)

食べ物に関心がある方々は
これらの情報は知っていてもソンはないですよねっ。





「牛肉の中の成長とセックスホルモンが
 少年の性器異常、および少女での
 思春期の早めの開始を引き起こす
 場合が あるという証拠に関する
 新たな心配があります。」

[PR]
by Tukasa-gumi | 2008-04-27 09:36 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< ガッテン・『医学で解明!顔若返... 驚愕の日本の宿 / そのネーミ... >>