ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 印『最下層カースト出身のコビン... < > 『海のゴミを集めてくれるスグレ... >>
                            
朝日新聞「寂聴 寂聴残された日々」/ 岸恵子さん
私の敬愛する女優のひとりに岸恵子さんがいる。

その彼女のトピックスが



朝日新聞のコラム
「寂聴残された日々」に紹介?されていました。




8月10日
の掲載の一部を抜粋いたします。



・・・
私は恵子さんが松竹の撮影所でたくさんの記者たちに囲まれていた女優になりたての時に、初めて会っている。その透明な美しさと愛らしさは、私の生涯にまたとは見なかった。この世にこんな美しい魅力的な人がいるだろうかと、口を開けて茫然と見惚れていた。
その後、結婚したフランスの映画監督イブ・シャンピさんと離婚した直後、京都の宿で、ブランデーを1瓶空けて、夜通しパリでの暮らしの辛かったことを聴いた。若いフランス人の左翼の美男弁護士を連れて寂庵に見えたこともあった。当時の恋人だったのだろうか。まめまめしく彼に尽くす恵子さんは、高名な女優とゆうより、可憐な年上の愛人だった。
・・・・





寂照さん、
「愛人」ではなく「最愛の人」とか「愛する人」という
表現にしなかったのはナゼなのでしょう?

そこにエロスを感じ取ったのでしょうか。

しかも「年上」という表現まで・・・、



『恋愛』のモンサシは、
人それぞれに違うということを
改めて感じましたです。


いちファンとして、
ちょっと夢を砕かれた感じです。









岸恵子、意外な悩みを告白「いい年寄りになれない」
 美の秘訣は「見栄とハッタリ」
2017年8月9日




b0003330_034233.jpg










.



11日 寂聴 残された日々

2017/08/11

朝日新聞2017年8月10日27面:26最晩年の虹の輝き ものを書くだけで食べてきて、65年が過ぎている。今、95歳にもなって、まだ書く仕事だけを生き甲斐にしている。そんな所業を未練がましくみっともないと思われているだろうと、たまには後ろめたい気もしないでもないが、人がどう思おうと勝手に思え、死期の近い私には、もうこれしか愉しみはないのだからと、開き直っている。
さすがに筆が遅くなって、はっきり言えば頭の回転が鈍ってきたらしく、3,4枚の原稿に終日費やすばかりか、12,13枚もの原稿となれば、つい、徹夜してしまう。徹夜そのものは辛くはないが、その後の疲労のひどさは、80代には想像もできなかったものだ。90歳になってから病気がちになり、入退院を繰り返して以来、どっと全身が弱ってしまい、まだ土の上を1人では歩けない。
「ああ、つまらない。しんどう。なぜさっさと死なないんだろう」つい、愚痴が出るのを聞くや否や、66歳も若い秘書が言う。「死ぬもんですか。そんなに食べて、呑んで、よく眠って!」「前のように眠れないよ。昨夜だって夜中ずっと目が冴えて本を読んでたもの」「週刊誌3冊ですね。ベッドの横に落ちていましたよ」「横になってばかりだから週刊誌が軽くて都合がいいのよ。よく食べてなんかいない。私はずっと2食だもの」「毎朝、ベッドのサイドテーブルに、お酒の瓶が並んでるのはどうして? おつまみのお皿も空でしたよ」
また昼寝しようと、ベッドに横になったら、枕の横に、開いたままの週刊誌が1冊残っている。週刊朝日の林真理子さんの「ゲストコレクション」の人気連載ページ。ゲストは岸恵子さん。恵子さんの笑顔は華やかな若々しさに、昨夜以上に改めて驚嘆する。1932年生まれと紹介されているから、今年85歳、私と10歳しか違わない。信じられない若さだ。50代にしか見えない。
小説家の夢 なしとげた名女優 私は恵子さんが松竹の撮影所でたくさんの記者たちに囲まれていた女優になりたての時に、初めて会っている。その透明な美しさと愛らしさは、私の生涯にまたとは見なかった。この世にこんな美しい魅力的な人がいるだろうかと、口を開けて茫然と見惚れていた。
その後、結婚したフランスの映画監督イブ・シャンピさんと離婚した直後、京都の宿で、ブランデーを1瓶空けて、夜通しパリでの暮らしの辛かったことを聴いた。若いフランス人の左翼の美男弁護士を連れて寂庵に見えたこともあった。当時の恋人だったのだろうか。まめまめしく彼に尽くす恵子さんは、高名な女優とゆうより、可憐な年上の愛人だった。
突然、小説『わりなき恋』(2013年)が発表され、たちまちベストセラーになった。私は直木賞をとられるのではないかと思ったが、何の賞も得られなかった。70近い女の恋とセックスが書かれた衝撃的な小説だった。素人の気配は全くなかった。少女の時から小説家になるつもりだった夢を、恵子さんはなしとげたのだった。次作の小説を近く発表するという。
何度見直しても若く美しくなった恵子さんの写真に、彼女の言う「人生の最晩年の虹の輝き」をしみじみ見ていた。











.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-08-12 00:44 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 印『最下層カースト出身のコビン... 『海のゴミを集めてくれるスグレ... >>