ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 21:21
>鍵コメさん スンゴク..
by Tukasa-gumi at 21:15
しかしながら、やはりデビ..
by levin-ae-111 at 20:53
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:33
こんにちは(^^♪ ま..
by levin-ae-111 at 09:29
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 00:32
私も時々は、夢であったり..
by levin-ae-111 at 19:38
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 20:52
これまた・・・・|д゚)..
by levin-ae-111 at 20:10
> levin-ae-1..
by Tukasa-gumi at 21:49








無料アクセス解析











                            
<< 『ブラッド・ピットさんハリウッ... < > 動画『SWEATSHOP』/ ... >>
                            
トルコ 『ペットショップでの動物販売が禁止に』/ TRT
ある意味、至極まっとうな話しだと思います。


何時の頃からでしょう、ペットをお金で売買し
犬や猫にその時代の流行の種が広まったのは?




自覚してないんだろうなァ、
命にランクを付ける手助けをしているってーことを。


ぉっと、動物の話しをしておりましたネっ。


人間様の話しをした覚えはないのですけれど・・・?1









森林・水務省のヴェイセル・エロール大臣が
ペットショップでの動物販売が禁止になるという画期的な発表をした。
27.06.2017


・・・
ペットショップにはカタログ販売の機会を提供する。
・・・・
ヨーロッパは「文明」などと言っているが、これは動物には何の重要性ももたらさない。自分の家で飼っている動物は大切にするが、外にいる動物は認めずに「眠らせる」。彼らは殺すことを「眠らせる」と言っているのだ。
・・・












.




ペットショップから動物が消える! ペットショップでの動物販売禁止へ
森林・水務省のヴェイセル・エロール大臣がペットショップでの動物販売が禁止になるという画期的な発表をした。
27.06.2017 ~ 27.06.2017



森林・水務省のヴェイセル・エロール大臣は、ペットショップでの動物販売が禁止になると発表した。





ペットショップでの動物販売が禁止に



エロール大臣は6月23日に訪問および起工式出席のために訪れたエディルネ県で、エディルネ県のギュナイ・オズデミル知事を訪問した。

エロール大臣は、オズデミル知事を訪問した後に行った記者会見である質問を受け、ペットショップに関する規制について触れた。



エロール大臣は、ペットショップに動物が並べられているのを快く思わないとし、「ペットショップでの動物販売が禁止になる。なぜなら、非常に劣悪な環境で動物たちが虐待を受けているからである。ペットショップにはカタログ販売の機会を提供する。販売代理店のような形、つまり飼育場などで生まれたものをカタログで提示したり、その場で見せたりすることになる。ペットショップに動物が並べられているのを快く思わない。」と述べた。





人々に動物を愛する気持ちを根付かせなければならない



ある新聞記者が「動物を虐待した者に懲役刑が与えられるか?」と質問すると、エロール大臣は、これについては必要な法律があると答えた。

大切なのは罰ではなく、人々に愛情を育てることであると力説したエロール大臣は、次のように述べた。

「これに関する必要な法律はある。懲役刑はないかもしれないし、死刑もない。ここにはこのような状況がある。ここで大切なのは人々に愛情を根付かせなければならないということだ。我々の文化にはある。我々の文化を維持させるなら、すべてを法律で行うのではなく、人々に意識を芽生えさせること、動物にも生きる権利があることを説明しなければならない。すべての生き物を愛するべきである。この意識を根付かせることができれば、もはや誰も虐待などしなくなる。」



しかし、その一方で、「しかし、虐待した者は捕まえている。今名前はださないが、自治体にまで罰金を科した。新しい法律には、さらに厳しい措置がある。法律は現在委員会で審議待ちである。」とも述べ、動物虐待を許さない姿勢を示した。

















エロール大臣、動物への愛を語る



ラマザン・バイラム(断食明けの祝日。2017年は6月25日から27日まで。)の直前に森林・水務省のエロール大臣から発表された、動物にさらに幅広い権利が認められる法的規制が再び提案されたという朗報は、特に動物愛護者たちへのラマザン・バイラムの贈りものとなった。



動物にさらに幅広い権利を認めているものの、一向に実現にたどり着くことができなかった規制が再び議題に取り上げられることになったことを明らかにしたエロール大臣は、ヒュリエット紙のインタビューに応じた。









動物を殺したり虐待したりしたら懲役刑に



エロール大臣は、新たに議題として取り上げられることになった法律について、次のように述べた。





すべての動物愛護者や動物愛護団体と話をして、法律のための準備をした。こう言うことができる。ヨーロッパは「文明」などと言っているが、これは動物には何の重要性ももたらさない。自分の家で飼っている動物は大切にするが、外にいる動物は認めずに「眠らせる」。彼らは殺すことを「眠らせる」と言っているのだ。

トルコでこれは断じて禁止である。さらに殺したり虐待した者全員に対し必要な措置が講じられている。現在、罰金がある。新しい法律が出ると懲役刑が科せられるようになる。

ペットショップを監督し、問題のある状況があれば警告している。しかし、法律がないので罰金を科すことができない。

法律が出たら、ペットショップから魚や一部の鳥以外の動物はいなくなる。

猫や犬などの動物は生まれた場所で、良い環境のもとで飼われ、販売はカタログ上で行われる。

法律が出るまでは、ペットショップにいる動物の快適な環境は我々の肩にかかっている。


http://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2017/06/27/petutosiyotupukaradong-wu-gaxiao-eru-petutosiyotupudenodong-wu-fan-mai-jin-zhi-he-759862













.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-06-28 00:26 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 『ブラッド・ピットさんハリウッ... 動画『SWEATSHOP』/ ... >>