ASPアクセス解析
AX                
                            
<< JCBカードやJRの予約が利用... < > 2017年4月14日現在・世界... >>
                            
北朝鮮とアメリカ軍の『緊張感』はいったい何所へ?
さてさて、ここ数日
北朝鮮関連のエントリーが続いている私です。



本日15日は金主席生誕記念日だそうで、
朝からNHKの記者さんが現地から実況しておりました。





アレっ?!?




北朝鮮とアメリカ軍の『緊張感』はいったい何所へ
行ったのでしょうか?!



聞けば、
諸外国の特派員等を招き入れ取材させているとのこと。


その期間は今月の22日までだそうな。






本日、
元自衛隊員の方に話しを聞きに行ったのですが、
現時点で『北朝鮮関連』何ら問題にしておりませんでした。



問題視していたのはシリアで使用された、
「すべての爆弾の母(大規模爆風爆弾)」のこと。


「・・使っちゃダメでしょ」と言ってました。






何やかんや、話しを聞いて帰って来たワケです。


そしてPCに向かいネットで目にした記事は、

「ダーイシュ」(イスラム国、IS)は、
米国がアフガニスタンで用いた通常兵器最強級の爆弾では、
戦闘員は被害を受けなかったと発表。AP通信


というモノ。







たしかに元自衛官さんは、
「だったら劣化ウラン弾やナパーム弾でしょ」
とも言ってました。

(ぁっ、一応どちらも戦争で禁止・規制されております)




そして、
「作戦」も狙うところが違う とも。









ぃゃ〜、
戦争に対する大人の諸事情を知ってしまった
本日でありました とさ。






またしても成功」アフガン爆撃でトランプ米大統領

















.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-04-15 21:50 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< JCBカードやJRの予約が利用... 2017年4月14日現在・世界... >>