ASPアクセス解析
AX                

とんでみました
大成功!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31




無料カウンター

無料



最新のコメント
>> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 22:28
手足を使って操縦するより..
by levin-ae-111 at 20:07
> levin-ae-..
by Tukasa-gumi at 00:01
私も考えるだけで宇宙船を..
by levin-ae-111 at 22:32
>たか さん 何か炊き..
by Tukasa-gumi at 19:11
みて観ます やはりそう..
by たか at 15:54
>an さん ..
by Tukasa-gumi at 12:20
事の真偽はさておき公共放..
by an at 11:30
>たか さん ここ最近..
by Tukasa-gumi at 20:44
少しづつこういったことが..
by たか at 14:11








無料アクセス解析











                            
<< 「うちの大統領は馬鹿なことなん... < > 「水道法改正案」を閣議決定 /... >>
                            
『キム・ハンソル「父が殺害された」 』/ 動画
取り急ぎ貼付けます。


ソース ↓
북조선 사람들에게

Cheollima民間防衛は、先月抽出と保護のためのキム・ジョンナムのファミリーの生存者によって緊急事態要求に反応しました。3人のファミリーメンバーは迅速に出迎えられて、安全に再配置されました。私達は、アドレスされた過去に、保護のための他の至急のニーズを持っています。これはこの特定の問題のあらゆる点からステートメントであり、このファミリーの現在の所在はアドレスされません。

私達は、無名であり続けるためにオランダ王国、中華人民共和国、アメリカ合衆国、および4番目の政府の政府によってこのファミリーを保護する時に私達にもたらされた緊急事態人道主義者補助のための私達の感謝を公然と表現します。私達は、北またはそのような個人を取り出す時に危険な補助を提供するそのシステムにとどまる私達の同僚も認めています。

特に私達は、補助のための私達の突然の要求への彼の適時で、強い反応のための大使A.J.A. Embrechts〈大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国へのオランダ王国の担当者〉を認めています。大使Embrechtsは、オランダの人々へのクレジット、および人権および人道主義のノルマのためのそれらの長く、主義を持ったスタンスです。

私達は、この特定の政治に無関係で、人道主義の緊急事態においていくつかの国家がこのファミリーに補助を断ったことを後悔します。私達、および私達が援助するそれらは、感謝によって、私達と歴史の右側に立っているすべてで認めています。









キム・ハンソル「父が殺害された」



動画掲載した団体「最初で最後の声明」

・・・
「キム氏の家族が保護を求めてきたため、3人に会って、安全な場所に移動させた。これが、この件に関する最初で最後の声明であり、家族の居場所については公開しない」と説明しています。

そのうえで、今回、人道的な緊急支援を行ってくれた国として、オランダ、中国、アメリカ、それに名前を明かされることを望んでいないもう1か国の、合わせて4か国に対し、感謝の意を示しています。

中でも、韓国と北朝鮮、双方に駐在しているオランダ大使の名前を挙げ、「迅速で強力な対応をしてくれた」とたたえています。
・・・・・
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902681000.html









『金正男氏 日本の政治家と接触を図った矢先に殺害』/ スプートニク


















.



ジョンナム氏息子か「父親殺害された」と話す動画がネットに

3月8日 10時19分

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が殺害された事件をめぐり、キム・ジョンナム氏の息子を名乗る男性が「父親が殺害された」と話す動画が、インターネット上に掲載され、韓国政府が確認を進めています。

この動画は、長さが40秒ほどで、脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」のホームページに掲載されました。

この中で、男性が「私は、北朝鮮のキム・ハンソルです。キム一族の一員です。私の父は、数日前に殺されました。私はいま、母と妹と一緒にいます。状況がよくなることを願っています」と英語で話しています。

途中、自分のパスポートをカメラに向かって見せていますが、この部分は黒く塗りつぶされています。また、誰かに感謝する言葉も述べていますが、感謝している相手の部分は音声が消されています。

この動画が、いつ、どこで、どのように撮影されたかは明らかになっていませんが、韓国政府はNHKの取材に対し、この男性がキム・ジョンナム氏の息子のハンソル氏なのかどうか、確認を進めているとしています。

男性が、キム・ハンソル氏と確認されれば、キム・ジョンナム氏が殺害されたことを、家族が初めて、認めたことになります。
動画掲載した団体「最初で最後の声明」

動画を掲載した脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」はホームページで、キム・ジョンナム氏が殺害された事件に関して、「キム氏の家族が保護を求めてきたため、3人に会って、安全な場所に移動させた。これが、この件に関する最初で最後の声明であり、家族の居場所については公開しない」と説明しています。

そのうえで、今回、人道的な緊急支援を行ってくれた国として、オランダ、中国、アメリカ、それに名前を明かされることを望んでいないもう1か国の、合わせて4か国に対し、感謝の意を示しています。

中でも、韓国と北朝鮮、双方に駐在しているオランダ大使の名前を挙げ、「迅速で強力な対応をしてくれた」とたたえています。

一方で、いくつかの国には支援を断られたとして、遺憾の意を表明しています。

この団体について、詳しいことは分かっていませんが、ホームページには「北朝鮮の人々へ」と題したメッセージが掲載されていて、この中で、「脱出したかったり、情報がほしかったりする方は私たちが守ります。どの国でも行きたい場所へ送り届けます。すでに何人かを助けた私たちはどんな見返りも期待しません」と呼びかけ、連絡先のメールアドレスも載せています。
韓国統一省「もう少し確認必要」

インターネット上に掲載されたキム・ジョンナム氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性の動画について、韓国統一省のチョン・ジュンヒ(鄭俊煕)報道官は8日の記者会見で、「キム・ハンソル氏に似ているということは誰でも考えることだが、もう少し確認が必要だ」と述べ、慎重に確認を進めていることを明らかにしました。

また、動画を掲載した、脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」については、「韓国統一省として把握していない団体だ」と述べるにとどめました。

さらにチョン報道官はキム・ハンソル氏の動向に関して、「機密事項のため、私からは言えない」として、確認を避けました。
キム・ハンソル氏の生い立ち

キム・ジョンナム氏の息子のキム・ハンソル氏は、1995年生まれで現在、21歳と見られます。

ピョンヤン(平壌)で生まれ、幼いころにマカオに移り住みました。ハンソル氏は2011年に、旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナにあるインターナショナルスクールに留学しました。留学中の2012年には、フィンランドのテレビ局のインタビューに流ちょうな英語で応じ、父親について、「政治に関心がない」と述べました。

また、祖父のキム・ジョンイル(金正日)総書記や、おじのキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長については「会ったことがない」としたうえで、キム委員長が「どのように独裁者になったかは知らない」と述べました。

さらにキム・ハンソル氏は「父は私に『自分の人生を生きなさい』と話していた。飢えに苦しむ人々のことを考え、自分の恵まれた環境に感謝しなさいと教えてくれた」と述べ、将来は人道支援の活動に取り組みたいという考えを示していました。

その後、キム・ハンソル氏は2013年からフランスのエリート校、パリ政治学院で政治学を学びました。イギリスの大衆紙、「メール・オン・サンデー」は先月の紙面で、キム・ハンソル氏が去年9月からイギリスのオックスフォード大学の大学院に進学する予定だったものの、中国の当局者から、「北朝鮮がキム・ジョンナム氏とハンソル氏の2人に対する暗殺を企てている」と警告を受け、進学を諦めたと伝えました。

韓国の情報機関はキム・ハンソル氏について、現在、マカオで家族とともに暮らし、中国当局の保護を受けているという見方を示しましたが、その姿は確認されず、身の安全を懸念する声も出ていました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902681000.html






動画の男性は“ジョンナム氏の息子本人” 韓国情報機関

3月8日 12時59分

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の兄、キム・ジョンナム(金正男)氏が殺害された事件をめぐり、キム・ジョンナム氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性が「父親が殺害された」と話す動画がインターネット上に掲載されました。これについて、韓国の情報機関、国家情報院の関係者はNHKの取材に対し、キム・ハンソル氏本人だという見方を示しました。

この動画は長さが40秒ほどで、脱北者の支援団体を名乗る「チョルリマ民間防衛」のホームページに掲載されました。

この中で、男性が「私は北朝鮮のキム・ハンソルです。キム一族の一員です。私の父は、数日前に殺されました。私は今、母と妹と一緒にいます。状況がよくなることを願っています」と英語で話しています。

途中、自分のパスポートをカメラに向かって見せていますが、この部分は黒く塗りつぶされています。また、誰かに感謝する言葉も述べていますが、感謝している相手の部分は、口元が黒く塗りつぶされ、音声も消されています。

この動画が、いつ、どこで、どのように撮影されたかは明らかになっていませんが、韓国の情報機関、国家情報院の関係者はNHKの取材に対し、この男性はキム・ハンソル氏本人だという見方を示しました。キム・ジョンナム氏が殺害されたことを、家族が認めるのは初めてになります。

この事件で、北朝鮮は遺体の引き渡しを求めていますが、マレーシア政府は身元を最終的に確認したうえで、家族に対して優先的に引き渡すとして、ハンソル氏の今後の動向に関心が集まっています。

動画を掲載した「チョルリマ民間防衛」はホームページで、「キム・ジョンナム氏の家族が保護を求めてきたため、3人に会って、安全な場所に移動させた」と説明しています。

そのうえで、今回支援してくれた国として、オランダ、中国、アメリカ、それに名前を明かされることを望んでいない、もう1か国の合わせて4か国に対し、感謝の意を示しています。

中でも、北朝鮮も担当している韓国駐在のオランダ大使の名前を挙げ、「迅速で強力な対応をしてくれた」とたたえています。

一方で、いくつかの国には支援を断られたとして、遺憾の意を表明していますが、この団体について詳しいことは、わかっていません。
マレーシア警察 DNA提供求める方針

殺害されたキム・ジョンナム氏の息子、ハンソル氏を名乗る男性の動画について、マレーシアの警察は、「本人かどうかの確認はできない」としており、遺体の身元の最終確認のため、親族からのDNAサンプルの提供を引き続き、求めていく方針です。

キム・ハンソル氏を名乗る男性の動画がインターネット上に掲載されたことについて、マレーシア警察のハリド長官は8日、NHKの取材に対し、「本人かどうかの確認はできない」と答えました。

マレーシア警察は、殺害されたキム・ジョンナム氏の遺体の身元の最終確認を行うため、親族のDNAサンプルが必要だとしていますが、これまでのところ、親族からの協力は得られていないとしています。

ハリド長官は7日の記者会見で、DNAサンプルの入手を諦めない考えを示しており、親族からのDNAサンプルの提供を引き続き求めていく方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170308/k10010902991000.html












.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-03-08 12:10 | 図書 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 「うちの大統領は馬鹿なことなん... 「水道法改正案」を閣議決定 /... >>