ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 映画「ミス・ペレグリンと奇妙な... < > リー・ハーヴィー・オズワルドさ... >>
                            
ゼーカーとエバンス『西暦2525年』/ これぞ予言の曲?!
ビリー・ジョエルさんの「マイアミ2017年」という曲が
話題になっているようです が、

私としては「西暦2525年」この曲ですネっ!





Zager And Evans - In The Year 2525 (1969)








個人的にはこの「メトロポリス」の映像の方が好きです






【和訳】
西暦2525年
もし男がまだ生きているなら
もし女が生き長らえるなら わかるだろう
西暦3535年
真実を話す必要はなくなるし 嘘も話すこともない
考えていること すること 言うことすべてが
今日飲む錠剤の中に入っている

西暦4545年
歯などある必要もなく 目も必要がなくなる
噛まなくてはいけないものはなくなるし
誰も 君なんか見やしない

西暦5555年
腕は 動かず横に垂れたまま
脚は 何もすることがなくなる
機械が代わってやってくれる

西暦6565年
夫など必要としないし 妻も必要としない
息子は拾ってくればいい 娘も拾ってくればいい
長いガラス管の底から

西暦7510年
もし神が来られたら まだ間に合うはずだ
たぶん周りをご覧になり おっしゃるだろう
最後の審判の日が来たのではないかと

西暦8510年
神は知恵に満ちた かぶりをお振りになり
「人類が行きついたところに満足している」とおっしゃるか
それを引き裂き またやり直すか

西暦9595年
どうだろうか まだ人類は生きているだろうか
人類はすべてこの地球の与える物を自分の物にして
何も返してはいない

今1万年が経ち
人類は10億の涙を流した
決して わかりはしなかったことのために
今 人類の統治は終わる

しかし永久の夜の闇を抜けたところに
瞬く星の光がある
ずっとずっと遠いところに
たぶんそれはほんの昨日のことだろう

西暦2525年
もし男がまだ生きているなら
もし女が生き長らえるなら わかるだろう

西暦3535年
真実を話す必要はなくなる.







マトリックス版もどうぞ





西暦2525年には女性しかいなくなるようですから、
こんな感じ ↓ なのでしょう?!





獰猛なメスのサメがオスなしで出産

© Fotolia/ Marc Henauer サイエンス 2017年01月18日
獰猛なサメのメスが長期にわたるオスとの交尾もなしに健康な子ザメを産んだ。DNA分析で子孫をもうけるために高齢の母ザメは交尾による生殖ではなく、交尾なしの出産に切り替えたことがわかった。

母ザメの名はレオニ。豪州タウンスヴィッラの水族館で12年にわたってオスザメと暮らしていた。この間に2匹は24頭の子ザメをもうけた。ところが2013年、オスザメは別の水槽に移されたため、レオニは1匹だけで遺された。夫から離され数年を暮らしたレオニは2016年、突然3匹もの健康な子ザメを出産した。

DNA鑑定の結果、子ザメからは母親の遺伝子のみが検出されたことから、母ザメは交尾を行なわずに出産したことが判明した。 サメの数種、七面鳥、コドモオオトカゲ、ヘビ、エイのなかには通常は交尾で子どもを産む種類でも交尾なしで子孫をもうける能力をもつものも見られる。










.














.
[PR]
by tukasa-gumi | 2017-02-04 00:28 | 音楽 | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 映画「ミス・ペレグリンと奇妙な... リー・ハーヴィー・オズワルドさ... >>