ASPアクセス解析
AX                
                            
<< 昭和天皇とは14歳違いの三笠宮... < > 愛しのローズマリー君はナチュラ... >>
                            
『大気から指針の7倍の水銀、豊洲専門家会議で怒号飛ぶ 』
ない 無いっ。


見つからない。





「大気から指針の7倍の水銀、豊洲専門家会議で怒号飛ぶ 」





b0003330_22564713.jpg







News i - TBSの動画ニュースサイトはもちろん、
記事さえヒットいたしません。










「該当の記事は存在しません。」



「お探しのページが見つかりません。
該当する記事は削除された可能性がございます。」









どこに行ったのォ〜?!?
















やっと、発見っ。


国の指針7倍の水銀 専門家「直ちに人体影響ない」動画ニュース
(2016/10/16 00:18)


豊洲市場の建物の下にある地下空間の空気から国の指針の7倍の水銀が検出されたことについて、専門家会議は、検出された水銀はごく微量で直ちに人体に影響はないとの見方を示しました。

 豊洲市場の建物の下に盛り土がなかったことが判明したことを受け、再び招集された専門家会議の初会合が15日、築地市場で開催されました。会議では、先月末と今月初めの空気測定で、青果棟と水産卸売場棟の地下ピットから最大で国の指針の7倍の水銀が検出されたことが報告されました。専門家会議は、検出された水銀はごく微量で直ちに人体に影響しないとする見方を示しました。そのうえで、原因が判明するまではピット内を現状のまま維持するよう都側に求めました。会議は公開で行われ、築地市場の関係者ら約100人が出席しました。









2016年10月16日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/10/16/kiji/K20161016013544270.html


豊洲市場「専門家会議」初会合 大紛糾5時間 怒号飛び交う
水銀「原因考えにくい」 専門家会議で質問する業者
豊洲市場の安全性を検証する専門家会議で質問する築地市場の業者
Photo By 共同 

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策を検討する有識者の「専門家会議」が15日、再設置後に初めての会合を築地市場内で開いた。

 午後0時半に始まった会議を築地市場の卸売業者など約100人が傍聴。専門家や都の担当者による意見交換や確認作業を終えてから業者の質問を受け付ける予定だったが、開始約10分で業者が次々と手を挙げるなど会議進行中に度々怒りや不安の声をぶつけた。

 中でも、盛り土問題で信用を失った都に対しては「東京都はどんなことがあっても信用しない」「移転話はずっと選挙の道具にされてきた」などと批判が噴出。都の担当者が膨大な資料を説明する姿に「経過報告はもういいよ」「早くやれ」などとやじが飛び、座長を務める放送大和歌山学習センターの平田健正所長=写真=が「これをやらないと手続きとして前に進めない。少し我慢してください」といさめる場面も。午後3時の予定終了時刻を2時間20分も大幅に超過するなど紛糾した。

 15日付で就任した村松明典中央卸売市場長は「食の安全安心への不安を抱かせ、都政全体への信頼を損ねたことを心よりおわびしたい」と話した。

 一方、都は新たに豊洲市場の地下空間の大気から最大で国の指針の7倍に当たる水銀が検出されたことを発表。都によると、9月下旬と今月上旬に市場の空気を測定した結果、青果棟の地下空間で指針値の5~7倍となる1立方メートル当たり0・20~0・28マイクログラムの水銀を検出。専門家会議の委員からは「考えられない現象」との意見が上がり、地下空間にたまった水に含まれるごく微量の水銀の揮発や工事の過程で発生した可能性が指摘された。









地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策を検討する有識者の「専門家会議」が15日、再設置後に初めての会合を築地市場内で開いた。

午後0時半に始まった会議を築地市場の卸売業者など約100人が傍聴。専門家や都の担当者による意見交換や確認作業を終えてから業者の質問を受け付ける予定だったが、開始約10分で業者が次々と手を挙げるなど会議進行中に度々怒りや不安の声をぶつけた。

中でも、盛り土問題で信用を失った都に対しては「東京都はどんなことがあっても信用しない」「移転話はずっと選挙の道具にされてきた」などと批判が噴出。都の担当者が膨大な資料を説明する姿に「経過報告はもういいよ」「早くやれ」などとやじが飛び、座長を務める放送大和歌山学習センターの平田健正所長=写真=が「これをやらないと手続きとして前に進めない。少し我慢してください」といさめる場面も。午後3時の予定終了時刻を2時間20分も大幅に超過するなど紛糾した。

15日付で就任した村松明典中央卸売市場長は「食の安全安心への不安を抱かせ、都政全体への信頼を損ねたことを心よりおわびしたい」と話した。

一方、都は新たに豊洲市場の地下空間の大気から最大で国の指針の7倍に当たる水銀が検出されたことを発表。都によると、9月下旬と今月上旬に市場の空気を測定した結果、青果棟の地下空間で指針値の5~7倍となる1立方メートル当たり0・20~0・28マイクログラムの水銀を検出。専門家会議の委員からは「考えられない現象」との意見が上がり、地下空間にたまった水に含まれるごく微量の水銀の揮発や工事の過程で発生した可能性が指摘された。































.
[PR]
by tukasa-gumi | 2016-10-27 22:47 | あれ〜〜っ? | Comments(0)
Top↑
アクセス解析
<< 昭和天皇とは14歳違いの三笠宮... 愛しのローズマリー君はナチュラ... >>